地域医療支援病院

最終更新日:2017年03月03日


地域の医療機関との「機能の分化」と「連携の強化」

 患者さんが住み慣れた地域で安心して医療を受けることができるよう、医療機関における「機能の分化」と「連携の強化」を進めています。
 

地域の医療機関との「機能の分化」

 当院は主に救急の医療を必要とする患者さん、手術や検査など高度な医療を必要とする患者さんの診療を担っています。
 より多くの患者さんが救急の医療や高度な医療を受けることができるよう、症状が安定した患者さんは、専門的なリハビリが可能な回復期の医療機関や長期の療養が可能な慢性期の医療機関等に紹介し、その後の診療をお願いしています。
 勿論、回復期や慢性期の医療機関での療養中に、緊急の医療等が必要になった場合は、当院での診療を再開することが可能です。
 救急や高度医療等を行う「急性期医療」、専門的なリハビリ等を行う「回復期医療」、長期療養を行う「慢性期医療」、医療機関がそれぞれの特徴を生かし機能を分化することで、患者さんにより良い医療を提供しています。
 

地域の医療機関との「連携の強化」

 当院は「機能の分化」とともに地域の医療機関との「連携の強化」に取り組んでいます。
 当院医師が地域の先生方とともに行う症例検討会、当院医師或いは当院地域医療連携室職員が行う地域医療機関訪問などを通じて、地域の医療機関との「顔の見える関係づくり」を強化しています。

 「機能の分化」と「連携の強化」により、地域全体で患者さんの診療にあたる体制を築いていきます。

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.