看護部のご紹介

最終更新日:2020年01月24日


クロストーク

7階東病棟 新人 × プリセプター(2年目)

7階東病棟新人とプリセプターの写真1

小田原市立病院を選んだ理由や働いてみて市立病院の魅力を教えてください!

新人

新人
私の親族が市立病院で働いていて、「この病院はいいよ」という話を聞いていましたし、母の友人もこの病院で働いていて、その人は他の色々な病院の勤務経験もあったのですが、その人からも「市立病院は働きやすいしみんな優しい」という話を聞いていたので、私も市立病院で働きたいと思うようになりました。それで、実際に働いてみてもそのとおりでした。

プリセプター
実習はこの病院でやったのかな。


プリセプター

新人
実習は小児しかやったことがなかったんです。ほとんどが関連病院しか行っていなかった。2年生の時に市立病院で働こう!と決めて、奨学金試験を受けて、奨学金をもらうことになりました。でも、他病院の話などを聞いて、本当にここで働くことになってよかったと思っています。

プリセプター
私も、この病院で働くことができてよかったと思っている。


新人
大学病院と市立病院で全然雰囲気も違いますし、それにこの病院は急性期病院で、この病棟も循環器内科で忙しいですが、早めに新人の内から慣れることができるので、とてもよかったです!

プリセプター
私も実習は慢性期の病院ばかり行っていたので、実際に急性期はこの病院が初めてで、この病棟に配属されて実習との違いに戸惑ったけど、最初にここにきてよかったと思ってるよ。

新人
私は内科希望で希望を出したんですけど、循環器内科になってびっくりしました!

プリセプター
私もそうだった!心臓分からないよって!(笑)

この1年間で印象に残っているエピソードを教えてください!

リハビリ

新人
患者さんのご家族の対応が本当に大事だなと思ったことがありました。この病棟は慢性期や終末期にかけてという患者さんが多い中で、ずっと毎日来て支えてくれているご家族がいて、患者さんのケアをこちらが頑張ればご家族も喜んでくれるし、患者さんのご家族と話をすることも、ご家族から「安心できるよ」とか「ありがとう」という言葉を言われて、ご家族と看護師で色々と話をすることは大事なんだなと思いました。
患者さんを保清できれいにしたりすることも、ご家族の喜びにつながるんだなと思って、保清の大切さも学ぶことができました。

プリセプター
いいですね。その日の日中の患者さんの様子を、ご家族に伝えるだけでもご家族の安心につながりますからね。


準備

新人
この病院は、患者さんやご家族とか皆さんから「あったかいね!」と言われます。
先輩たちも新人の私たちにも親身に教えてくれてやさしいし、先輩たちの患者さんへの対応を見ていると、この病院で働くことを選んでよかったと心から思えます。

プリセプター
そう思えてもらえてよかったです。

新人
私も、先輩たちみたいになれるように日々努力したいです。


今後の目標を教えてください!

ワゴン移動

新人
先輩たちのように頼れる先輩になれるのか、正直不安はあります。心臓のことや薬のことなど、まだまだ分からないことも多いです。
でも、1年目は職場に慣れて業務を覚えることと、患者さんに親身に接することができることが一番でしたが、今後はさらに患者さんとの関わりを大事にしていきたいと思っています。慣れてきて業務が忙しくなってくると、バタバタしてその分患者さんとの関わりが薄れてきてしまうこともあると思いますので、今後もしっかり患者さんとの関わりを大事にして、次の新人を迎えるにあたって、しっかりと仕事もできるようになっていきたいと思っています。


引継ぎ

プリセプター
次の新人がくるまで、あと少ししかないからね。3月には、印象に残った看護場面のレポート提出もあるよ。2年目にケースレポート、4年目には看護研究もあるから。新人が入ってきてペアを組むようになれば、新人が付けている名札の新人シールも外れるね。

新人
そうなんですよ。まだシールはがしたくないです!(笑)
でも、これから怖いけど頑張っていきます。


学生さんへのメッセージをください!

食堂の風景

新人
他の病院で働いたことがないので比べることはできませんが、患者さんから話を聞くと、「こんなにあったかくて看護師さんの笑顔をみるだけで気が休まる病院はないんだよ」って言われます。
患者さんからの話を聞いていると、本当に市立病院は自分が思っていたとおり、アットホームで患者さんが安心できる病院なんだなと、患者さんの話を聞いて本当に実感しました!


リーダーからの引継ぎ

プリセプター
市立病院は急性期の病院なので、大変ですが色々と勉強になります。勉強をしたい学生さんには、本当におすすめできる病院です。

新人
先輩たちもやさしくて、皆さん親身に教えてくれるので、勉強をするのにもうってつけです。学生の皆さんもぜひ市立病院に来て、私たちと一緒に働きましょう!



小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.