小田原市

おだわら・文化バックナンバーのカバー画像
[先頭]  <<    1   2   [3]   4   5   >>   [最後]
2017年02月14日(火)

2/7号メルマガ@おだわら・文化(就労継続支援B型事業所 アール・ド・ヴィーヴル オープンアトリエ・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★2月9日~12日開催 就労継続支援B型事業所 アール・ド・ヴィーヴル オープンアトリエ(予約不要)★

昨年4月に障がいのある人たちの表現活動を仕事にする福祉事業所を開所したNPO法人アール・ド・ヴィーヴルのアトリエ(仕事場)が公開されます。オープンアトリエでは、作品や普段の仕事の様子が紹介されるほか、グッズ販売もあるそうです。ぜひこの機会にアトリエまで出かけてみてはいかがでしょうか。

日程: 2月9日(木)~12日(日) 10時~16時
※13日(月)~15日(水)も見学可能です。この日程をご希望の方は、ご相談ください。
場所: NPO法人アール・ド・ヴィーヴル(小田原市久野906アネシスヒルズ102)
【バス】小田原駅西口2番のりば 久野 兎河原循環[柿木田]下車徒歩4分
小田原駅東口2番のりば 諏訪ノ原フラワーガーデン行き[中宿]下車徒歩2分

【関連事業】
★2月11日開催 アートワークショップ・ミニトーク(申込制)★

アール・ド・ヴィーヴルの利用を検討されている方や事業所にご興味のある方向けのイベントです。

日程: 2月11日(土)
◆アートワークショップ 13時~14時
養護学校の高校生・特別支援級の生徒さんのためのアートワークショップです。
講師: 中津川浩章(美術家/アール・ド・ヴィーヴルアートディレクター)
※アールのワークショップが初めての方限定。
◆ミニトーク 14時~15時
事業所「アール・ド・ヴィーヴル」の仕事を紹介します。

申込み・問合せ: メール又は電話・FAXで。
E-mail info@artdevivre-odawara.jp 電話&FAX 0465-25-4534

★【おだわら城町アートプロジェクト ~小路(まち)を歩くアートを歩く~】シリーズ
2月18日・19日開催 旧松本剛吉別邸 雨香亭×現代アート展「集いの間、独りの間」~アートで茶室再生~★

明治の政治家 松本剛吉の別邸に建てられた茶室「雨香亭」。2つの茶室がアートと融合し、新たに再生された空間へと誘います。アート空間での朗読会も開催。今年度のアートマネジメントワークショップ参加者が運営に携わっています。

日時: 2月18日(土)・19日(日) 午前10時~午後4時(19日は午後3時まで)
場所: 旧松本剛吉別邸 雨香亭(茶室) ※小田原市南町
出展: 朝比奈 賢(現代美術作家)、御幸 菜穂子(朗読家)、作品協力…利根川 佳江、 ノモトヒロシ
運営: アートマネジメントワークショップ参加者
主催: おだわら文化事業実行委員会(小田原市/一般財団法人小田原市事業協会)
問合せ: 小田原市役所文化政策課 TEL 0465-33-1709
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/170211shiromachiart.html

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小田原市では、障がいのある方への就労支援と障がいのある方への理解を深めることを目的として、市役所2階で手作り品の販売を行っています。毎週火・木・金曜日の午前11時30分から午後1時30分まで、市役所2階(障がい福祉課13B窓口前の通路)にて販売しています。この取り組みに参加している事業所が交互に出店し、手芸品やお菓子、パンなどが並びます。毎週楽しみにしているこの取り組み。
参加している団体は、今回ご紹介したNPO法人アール・ド・ヴィーヴルを含め、市内の10事業所が参加していますので、お近くにお寄りの際には、ぜひ足を運んでみてください。お気に入りの作品や美味しい食べ物がきっと見つかるはずです。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

続きを読む...

2017/02/14 10:11 | 未分類

2017年02月03日(金)

1/31号メルマガ@おだわら・文化(旧瀬戸たばこ店×現代アート&クラフト展「出会いの間、賑わいの間」・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★【おだわら城町アートプロジェクト ~小路(まち)を歩くアートを歩く~】シリーズ
2月11~12日、16日~19日開催
旧瀬戸たばこ店×現代アート&クラフト展「出会いの間、賑わいの間」★

かつてたばこ屋さんとして賑わっていた旧瀬戸たばこ店。格子が特徴的な昭和初期の建物をアートで飾り、アーティストたちと出会える場を作ります。作家たちによるちいさなクラフト市も開催されます。

日程: 2月11日(土)、12日(日)、16日(木)、17日(金)、18日(土)、19日(日)
時間: 10時~16時(19日は15時まで)
場所: 旧瀬戸たばこ店 ※小田原市本町
出展: 藤井 健司(現代美術作家)、赤猫工房、おお麻飾り 志音(しおん)、gunung(グノン)、k.m.(ケーエム)、ハギレ小物屋
主催: おだわら文化事業実行委員会(小田原市/一般財団法人小田原市事業協会)
お問合せ: 0465-33-1709(小田原市役所文化政策課 )
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/170211shiromachiart.html


★2月3日~5日 第52回 デザイン展★

市内にある神奈川県立小田原城北工業高等学校のデザイン科3年生が、3年間で学んだ技術と表現力を注ぎ込んだ作品の数々を会場いっぱいに展示します。斬新でバラエティー豊かな作品の数々が見る人を楽しませてくれます。
メイン会場(小田原市民会館)とサテライト会場(おだわら市民交流センター「UMECO」)の2会場で同時開催されます。サテライト会場は、小田原駅からも近いので、サテライト会場に行ってからメイン会場へのルートがお勧めとのこと。高校3年間の集大成をぜひご覧ください。

日程: 2月3日(金)、4日(土)、5日(日)10時~17時(初日は13時から、最終日は15時まで)
場所:
本会場 小田原市民会館2階展示室(小田原市本町1-5-12)
サテライト会場 おだわら市民交流センター「UMECO」第7会議室(小田原市栄町1-1-27)
※お車でのご来場はご遠慮ください。
問合せ: 0465-36-0111(神奈川県立小田原城北工業高等学校デザイン科)


★☆第63回小田原市民文化祭ミニ情報☆★
■相模舞台同盟 「相模舞台同盟vsのまさとる 春の演劇祭 春爛漫」■
日時: 2月18日(土) 16時30分~/2月19日(日) 11時30分~
場所: 生涯学習センターけやき ホール
料金: 大人1,000円、大人2日間通券1,500円、高校生以下800円、高校生以下2日間通券1,000円
問合せ: 090-9138-6606(サネカタ)


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1月29日に開催された小田原カホンワークショップに行ってみました。今回5回目を迎えたワークショップでは、市民会館の大ホールのステージ上で出演者と一緒に参加者全員が小田原産の間伐材を使ってカホンを制作。ステージに上がれるということだけでも貴重な体験なのに、制作したマイカホンを使ってレッスンを受け、ミニライブではプロの演奏に合わせてセッションするというなかなか体験できない充実した時間を過ごすことができました。地場産材が楽器というモノにカタチを変えて、それを奏でる人々の周りに集いの場が創造されることを目的として始まったこのワークショップ。カホンを通して、ステージ上には、一つの集いの場ができあがっていました。こうした輪が広がっていくといいですね。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2017/02/03 13:45 | 未分類

2017年01月30日(月)

1/24号メルマガ@おだわら・文化(能楽ワークショップ・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★能楽ワークショップ★

日本の伝統芸能「能楽」に親しむワークショップを開催します。能のセリフをうたったり、能面をつけてみたり、能ミニ鑑賞したり、親子で楽しく「能楽」の面白さ、奥深さを学びませんか。

◆小田原会場
日時: 2月25日(土) 14時開始(16時終了予定)
場所: 小田原市民会館 小ホール(小田原市本町1-5-12)
◆横浜会場
日時: 3月4日(土) 14時開始(16時終了予定)
場所: 神奈川県立青少年センター練習室(横浜市西区紅葉ヶ丘9-1)

定員: 各30名(神奈川県内の小・中学生とその保護者。小・中学生のみの参加も可能。)
講師: 中森貫太(観世流シテ方、重要無形文化財総合指定保持者)他
料金: 1人1,000円
申込締切: 2月13日(月)必着 ※応募多数の場合抽選
申込方法: 次の1または2からお申込みください。
1. インターネットによる申込み方法
下記の県ホームページ内の申込フォームよりお申込みください。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p883752.html
2. 往復はがきによる申込み方法
往復はがきに、会場名、お申込の代表者の郵便番号・住所・氏名・電話番号、参加者全員の氏名(ふりがな)・小中学生は学年を明記のうえ、〒231-8588(住所を記載しなくても届きます。)県文化課文化事業グループ 能楽ワークショップ担当までご応募ください。
※返信用はがきに、住所・氏名を忘れずにご記入ください。
問合せ: 045-210-3808(神奈川県文化課文化事業グループ)

★【おだわら城町アートプロジェクト ~小路(まち)を歩くアートを歩く~】シリーズ
2月18日開催 おだわら・コドモ・アートVol.15「アートハットをつくろう」★

今回は、自由な発想で、自分だけのアートな帽子「アートハット」を作る子ども向けワークショップを行ないます。出来上がったアートハットをかぶってアート探検に出かけてみませんか?

日時: 平成29年2月18日(土)午前10時30分~午後0時30分
会場: 小田原宿なりわい交流館 2階
対象・定員: 小学生~大人(4年生以下は要保護者同伴)15組・申込先着順
講師: 三ツ山 一志(造形家・横浜市民ギャラリー主席エデュケーター)
申込方法: 文化政策課まで電話で。
主催:おだわら文化事業実行委員会(小田原市/一般財団法人小田原市事業協会)
お問合せ:小田原市役所文化政策課 TEL 0465-33-1709
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/170211shiromachiart.html

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回から3回に分けて【おだわら城町アートプロジェクト ~小路(まち)を歩くアートを歩く~】についてお伝えしていきます。
小田原らしい歴史的な建物を活用し、歴史とアートを織り交ぜ、新たな魅力を発信するこのプロジェクトでは、期間中、歴史的建造物など3ヶ所を会場にアート&クラフト展や子ども向けアートワークショップを開催します。また、アートをめぐって楽しんでいただくスタンプラリーもあります。
ぜひ、この機会に、いつものまちを少し違った視点で歩いてみてください。新たな発見があるかもしれません。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2017/01/30 11:26 | 未分類

2017年01月23日(月)

1/17号メルマガ@おだわら・文化(ギャラリー城山講座シリーズ・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★ギャラリー城山講座シリーズ★

和の文化や和にマッチする海外の伝統文化を発信しているギャラリー城山で、「切らずに作る作り帯」、「着方」など各講座が開催されます。

◆切らずに作る作り帯 講座
もっと気軽に楽に、着物を着られたらとお思いの方に朗報です。お気に入りの帯を切らずに「作り帯」にしてみませんか。
日時: 1月21日(土)・23日(月) 13時より
料金: 3,000円 茶菓子付
◆着方 講座
ご自分で簡単に着付けができるプロの技をお教え致します。
日時: 2月17日(金)・20日(月) 13時より
料金: 3,000円 茶菓子付
◆帯地で作るお雛様 講座
必要な材料はすべて揃っていますので、どなたにも簡単に作って頂けます。手作りの雅なお雛様を飾ってみませんか。
日時: 2月11日(祝・土) 13時より
料金: 3,000円 材料・茶菓子付

場所:ギャラリー城山(小田原市城山1-6-36)
問合せ: 0465-30-2950(ギャラリー城山))※火曜日・水曜日定休日


★1月21日~23日開催 ―写真の力― 市川陸雄 写真・短歌展★

今回、「写真の力」と題し、市川陸雄さんがこれまで小田原で撮影した写真の中から厳選したお気に入りの小田原城のお堀のハスやカワセミ、早川河口の日の出の写真、そして短歌が展示されます。写真や短歌を通して、小田原の魅力を再発見できるはず!

日時:1月21日(土)・22日(日)・23日(月) 11時~15時
場所:オービックビル2階 レンタルルーム (小田原市栄町2-9-46)
料金:入場無料
問い合わせ:0465-22-7180(佐宗)

【市川陸雄さんのこれまでの活動】
1988年 アキオスタジオ(小田原)にて丹沢展
1992年 ギャラリー空(小田原)にてシルクロード展
2011年~12年 写真短歌展を青空ギャラリー(小田原・南足柄)で展開


★1月28日開催 第9回ロシアより演奏会★

小田原出身ヴァイオリニストの小野唯さんが、モスクワ留学時代からデュオを組むピアニスト早川枝里子さんと共に、ロシア音楽の魅力をお届けします。
チャイコフスキーのくるみ割り人形、叙情的な旋律が美しいアレンスキー、圧巻のバラキレフ、演奏機会の少ないカレン・ハチャトゥリアン作品もお楽しみください。

日時: 1月28日(土)14:10開場、14:30開演
場所: ちがさきMKホール (茅ヶ崎駅南口より徒歩5分)
料金: 一般2,000円(全席自由)
プログラム:チャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」、バラキレフ作曲「イスラメイ」他

予約・問合せ: 090-9976-6618(小野) y.concert.info@gmail.com

※詳しくは下記URLをご覧ください。
https://yui-violin.amebaownd.com/posts/1797762
【関連情報】
第9回ロシアより演奏会 三軒茶屋公演
日時: 2月5日(日) 14:10開場/14:30開演
場所: Salon TESSERA (サロンテッセラ)…東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」。世田谷線側より徒歩1分
料金: 3,000円


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1月15日に小田原市民会館小ホールで行われた「おだわら市民ミュージカルを作ろう!ワークショップ発表会」に行ってみました。
ワークショップ参加者である出演者の方々の心躍るような演技と歌とダンスからは、これまでの充実した体験が成果として表れているように感じられました。
現在、平成29年8月に小田原市民会館大ホールでのミュージカル公演に向けて、みんなで考えたことを素材のひとつにして、歌もダンスもお芝居も、全部小田原オリジナルのミュージカルを作っていこうと計画しているそうです。今から楽しみですね!

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

続きを読む...

2017/01/23 16:41 | 未分類

2017年01月17日(火)

1/10号メルマガ@おだわら・文化(小田原カホンワークショップ・他)

本年もよろしくお願いいたします。
今年も小田原の暮らしをもっと楽しんでいただけるように、たくさんの文化・芸術の情報を皆様にお届けします。

**★★今回のおすすめ★★**

★1月29日開催 小田原カホンワークショップ★
~小田原産間伐材でできたカホン(檜音箱)を作って、叩いて、楽しもう!~

カホン奏者33人が競演した「カホンの祭典 ハコフェス2016」(@渋谷DUO)を主催したカホンの第一人者・村岡広司さんが、今度は小田原でカホンの魅力を発信します!
「小田原カホン」手作りワークショップと村岡さんによるカホンのお話と叩き方のレッスン、ミニライブが開催されます。
※レッスンからの参加も可能です。

日時: 平成29年1月29日(日)
◆ワークショップ 12時30分~14時15分
◆レッスン 14時30分~15時30分
◆ミニライブ 15時30分~16時
場所: 小田原市民会館 大ホール(小田原市本町1-5-12)
出演: 村岡広司(カホン奏者)、やもとなおこ(ギター・ボーカル)
定員・料金:
◆ワークショップからの参加の場合 15組(先着順)・5,000円(カホン1キット・1~3名)
◆レッスンからの参加の場合 1,000円(マイカホン持参可)
申込み: 1月27日(金)までに市民会館へ電話で。
電話 0465-22-7146(9:00-20:00 月曜・祝日翌日休館)
主催: おだわら文化事業実行委員会(小田原市、一般財団法人小田原市事業協会)
協力: 小田原林青会
※最新情報は、(一財)小田原市事業協会URLをご覧ください。
http://odawara-jigyo-kyokai.jp/e/2016/12/129.php


★全7回開催 音楽創造ワークショップ 小西英理 ピアニカ(鍵盤ハーモニカ) ワークショップ★
~ラテン&カリブのリズムで白秋の童謡を奏でる~

小田原ゆかりの文学者・北原白秋の童謡をラテン&カリブ調にアレンジし、鍵盤ハーモニカで演奏します。また、7月には成果発表の演奏会を行います。

日時: 1月25日(水)、2月15日(水)、3月15日(水)(4月~7月・毎月1回予定)18時30分~20時30分
※1月25日は、鍵盤ハーモニカの無料点検も合わせて行います。
場所: 小田原市民会館小ホール(小田原市本町1-5-12)
対象: 小学生~大人(小学生は要保護者同伴)・30人
料金: 1,000円(前期1月~3月の3回分の参加費)
持ち物: 鍵盤ハーモニカなど
講師: 小西英理さん(鍵盤奏者)
申込み: 1月23日(月)までに住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、文化政策課に直接または電話、ファクス、郵送またはメールで。
〒250-8555 神奈川県小田原市 荻窪300 小田原市役所文化政策課
電話 0465-33-1709、FAX 0465-33-1526、メール bunka@city.odawara.kanagawa.jp


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、新たな試みをしている小田原音楽フェスティバルについてご紹介します。

今年で11回目となる市民合唱団からなる歌の祭典、小田原音楽フェスティバルでは、中学校で合唱コンクールや卒業式で歌われている「大地讃頌」を終曲とする「土の歌」をオーケストラとともに歌います!また、先日講演にいらっしゃった作曲者の佐藤眞先生が、本番3月5日にはオーケストラの指揮をされます。
今年は、新たに中学生への参加を募集。また、小田原音楽フェスティバル実行委員会が今後も活動を続けるためにクラウドファンディングを始めました。

11年間市民の手により、開催されてきた歌の祭典へ賛同いただける方は、下記URLをご覧ください。
※【平成28年度】市民による小田原音楽フェスティバル合唱団員募集【申込延長!】についてhttp://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/tsuchinouta-member.html
※クラウドファンディングについて
https://motion-gallery.net/projects/daichi-sanshou_odawara

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2017/01/17 15:07 | 未分類

[先頭]  <<    1   2   [3]   4   5   >>   [最後]

RSS


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.