レポーターブログバナー
2015年01月20日(火)

地域の魅力を世界に発信!製作チームに聞く HAPPY ODAWARA・ASHIGARA裏話 後編

西湘地域の魅力を世界に発信する”県西クリエイティブチーム”さんが作成した動画
「HAPPY ODAWARA」と「HAPPY ASHIGARA」が、昨年12月25日You Tubeで公開され反響を呼んでいます。
 
■「HAPPY ODAWARA」         ■「HAPPY ASHIGARA
 
そんな”県西クリエイティブチーム”のみなさんに公開直後の12月27日にお話を伺ってきました。楽しいお話で長くなってしまったので、前後編となります。今回は後編です。

■What is the HAPPY?
-:HAPPYの動画について教えてください。
 
柳川:アメリカ出身の歌手、ファレル・ウィリアムスの曲です。2013年の11月にリリースされて以来、世界中で大ヒットし、各地でご当地HAPPYとよばれる地域のPR動画が作られています。それはその地域の魅力的な場所で、その地域の人たちが楽しそうに踊るシーンが数秒ずつ次々と繋がっていくとてもハッピーな動画です。
 
■新鮮な目でこの地域の今を見られました
 
-:撮影中の苦労したところやびっくりしたことを教えてください
 
守屋:柳川さんが方向音痴で苦労しました(笑)。どこどこ?って、約束した撮影の集合場所にちっとも来てくれませんでした(笑)。
 
柳川:僕は10代で地元を離れてしまったので、今のこの地域のことをほとんど知らないのです。
 
青木:本当に何も知らないです(笑)。
 
一同:(笑)。
 
柳川:だから新鮮な目でこの地域の今を見られました。守屋くんやみんながいなかったらどこにも行けませんでした(笑)。いろんなところに連れて行ってもらいましたけど、なかでも中川温泉の奥にある箒杉にはびっくりしました。
 
守屋:箒杉は樹齢2000年とも言われています。
 
柳川:HAPPY足柄版の最後の方でご覧いただけます。(ASHIGARA版 4:03)
 
-:(HAPPYを見ながら)これはすごいですね、それは私も知らなかったです。私も見てみたいのですが簡単に行けるのですか?
 
守屋:距離はあるけど車で行けますよ。ぜひ行ってみてください。最近では高尾山が流行っていますが、近くには金時山明神ヶ岳など、登山口もいくつもある。でも近所の人はあまり行かない、これはもったいないですよ!今回HAPPYで撮影しようと、みんなで金時山に登りました。自分は登山が趣味なのですが、自分以外はほとんど経験がなかったので心配でしたが、登山も撮影も順調にいきました。しかし、他の魅力的な地域があったのでカットになりました(笑)。
 
青木:頂上で富士山がとても綺麗に見えて、感動しました。
 
柳川:紅葉もすごくきれいでした。
 
 

■ハッピーマネージャーの出番です
-:出演している地域の人たちとは、事前に撮影の打ち合わせをしていたのですか?
 
柳川:事前に撮影のお願いと打ち合わせをしてある場合もありますし、リアル感を出すために撮影時にその場にたまたま居た人たちにお願いして出演してもらうことも多かったです。
 
-:でもその場にいる人にお願いするのって難しくないですか?
 
守屋:そこはハッピーマネージャーの出番です。
 
柳川:なっちゃんは、天真爛漫な性格で誰とでもすぐ仲良くなれるし英語もできるので、外国の方にも声をかけて出演をお願いしてくれました。
 
青木:声をかけさせていただいた方たちは、本当にみなさん快く引き受けてくださいました。私やらないという人ばかりだと思ったら、案外みんなノリがよかったです。
それと、どこに行っても楽しく撮影できました。意外と近所って、普段歩かないので新しい発見がたくさんありました。

■阿波踊りがきれっきれでした
守屋:地域に住んでいる人にも外から来る人にもHAPPYは楽しめると思います。自分の場合、小田原に住んでいると普段真鶴半島を廻ることってないと思うのですが、撮影で行ったらすごく気に入ってしまって、この間一人で4時間ぐらい散歩してしまいました。
 
-:撮影時間はトータルで何時間ぐらいあったのですか?
 
柳川:約3か月撮影して100時間は超えています。
 
-:曲は5分弱ほどなので10分の動画を作るのにそんなに撮影したのですね。
 
守屋:素晴らしい場所や人が多くて、撮影箇所が増えすぎてしまいました。自分のスケジュール帳が、HAPPYの撮影予定で埋まってしまいました。天候にはかなり恵まれて、撮影が順調にいったのは、すごく良かったです。撮影が終わった今でもまだまだ撮影したい場所がたくさんあって、次はあそこに行こう!とつい思ってしまいます(笑)。

柳川:編集も本当に苦労しました。いい場所が多すぎてカットしたくなかったけど、使用するシーンの調整が大変でした。2市8町で合計10本の動画を作りたいぐらい魅力的な場所がたくさんありました。でも最初1本の動画の予定だったのを、足柄版・小田原版の2本に分けてまとめると決めていたので…。
 
-:予告編で、お座敷で踊っていたおじさんが好きだったのですけど、本編ではカットされていました(笑)。
 
守屋:阿波踊りがきれっきれでしたね(笑)。
 
青木:うん、編集にかかった時間も計り知れないよね。
 
-:青木さんは苦労したところはありますか?
 
青木:私の苦労はないです。(笑)チームのみんなには「ごめんなさい!」って感じです。私はただただハッピーでした。ハピマネなので(笑)!

■これからもこのチームでおもしろいことをやっていきます
 
-: 見てくれた方にメッセージをお願いします。
 
守屋:9月の初めにチームを結成して、12月に公開と決めて、大変なこともありましたが、本当に3ヶ月間で完成させることができました。御幸の浜での空撮も、急な呼びかけだったのに多くの方が参加をしてくださいました。
 
柳川:そうですね。協力をしてくれた方々のおかげで、本当に素晴らしい映像を撮ることができました。
 
-:あの空撮は私も参加しましたが、あれはすごく良かったです。
 
青木:HAPPY ASHIGARAとHAPPY ODAWARAを見て、みなさんぜひハッピーになってください!
 
守屋:これをきっかけに、2市8町が一体となって何かおもしろいことを企画でれば嬉しいです。
 
柳川:これからもこのチームでおもしろいことをやっていきます。お楽しみに。
一同:最後にお忙しいなかHAPPYの撮影に協力してくださったすべてのみなさまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!
 
-:ありがとうございました。
(敬称略)

(記 山口哲郎)
 

2015/01/20 14:29 | コミュニティ


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.