レポーターブログバナー
2016年03月11日(金)

住まいと暮らしフェア「第5回やんべ〜よ」

3月5日(土)、6日(日)に小田原アリーナで開催していた、住まいと暮らしフェア「第5回やんべ〜よ」に行ってきました。
主催は、「チーム住くら夢」の皆さん。地元の住まいづくりに関わる材木屋、工務店・木工屋・エネルギー会社等の方々で構成しています。
本来ライバル同士の方々がチームを組んだわけを、木材業協同組合(林青会)の高木大輔さんにうかがいました。
小田原産材を生かしたモデルルーム「こゆるぎハウス」小田原産材を生かしたモデルルーム「こゆるぎハウス」

■人から家を考える■
「小田原の工務店では、人から家を考えます。つまり、お客様の暮らし方に合わせて、やり取りを重ねて使いやすいように家の間取りを考えていきます。一つ一つの工務店の発信力は小さいですが、同じ心意気を持ったもの同士がチームになることでより多くの市民の方に自分たちの存在・想いをお届けし、納得できる住まいを手にしていただきたいです。」とのこと。

■小田原の木づかい■

小田原寄木を模したテーブルや木の器小田原寄木を模したテーブルや木の器また、心意気あふれる多くの地元工務店さん、職人さんとも会話を交わすことができました。
「小田原寄木細工をモチーフにしたテーブルや、木の器も素敵ですよ。暮らしに取り入れてもらえると嬉しいです。」とのこと。
実際に小田原産材のフローリングの上を歩き、小田原の木づかい製品に触れてみると、いつかは私も…と妄想が膨らみます。
 

キッズネイル等嬉しい企画も多数ありキッズネイル等嬉しい企画も多数あり次回、「やんべ~よ」は12月に開催予定です。
今回は、はなまるキッチン、うおくにといったおいしい地元飲食店の出店や、木のジャングルジム、キッズネイルなど、大人も子どもも楽しめる仕掛けがいっぱいでした。
次回も楽しみです!
 

■「やんべーよ」とは■
ちなみに、「やんべ~よ」とは、小田原弁で「やろうよ!」の意味だそうです。
「花見やんべ~よ!」
「まちあるきやんべ~よ!」
「飲み会やんべ~よ!」など汎用性が高く、ハマりそうです。
(記 おさかな)

「やんべ~よ」に関わるみなさん「やんべ~よ」に関わるみなさん

2016/03/11 11:20 | なりわい


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.