小田原市

文化レポーターBlogバナー
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2017年04月25日(火)

全国から集結したおでん屋台 【小田原おでんサミット】

4月2日の日曜日、小田原城二の丸広場で開かれていた「おでんサミット」に、散歩がてら寄ってみた。併せて恒例の骨董市も開かれていた。あいにく桜はまだまだでちょっと寂しい春祭りだった。最近、○○おでんとか銘打って地域おでんが盛んになってきている。この例に漏れず小田原も何年か前から「小田原おでん」を売り出し始め、いまではすっかり定着したようだ。昔から漁師町でもあり蒲鉾もありという小田原に相応しい「おでん」だが、なんか後発の感も否めない。会場では「おでんサミット」として、小浜、舞鶴、塩竃、小樽、静岡、讃岐など10店を超えるふるさとおでん(チラシより)が全国から集結していた。なお、秋には「小田原おでんまつり」という名称の異なる行事もある。(注)写真は4月9日(日)に同じく二の丸広場に出ていた小田原おでんの屋台。

続きを読む...

2017/04/25 08:56 | なりわい

2016年11月24日(木)

五感を刺激!!軽トラ市

小田原のまちなかって、とっても面白い!
今日はその一つ。銀座通り南街区を舞台とする、『小田原まちなか軽トラ市』についてご紹介します。

『小田原まちなか軽トラ市』は、「地産地消」をモットーに小田原・足柄地区の生産物・加工品を中心に扱うお店が、軽トラの荷台に商品を積み込んで大集合!
年に3回、銀座通り南街区を歩行者天国にして、開催しているイベントです。
今回は、11月27日(日)10時~13時半開催です。
 

続きを読む...

2016/11/24 13:24 | なりわい

2016年11月18日(金)

「夢見遊山いたばし見聞楽」人生初!寄木細工体験

 私が小田原で住んでみたい地区の一つでもある板橋の催事にお邪魔させていただきました。板橋は明治時代以降、財界人の別邸が多く建てられ、美しい庭園や建物が今も残されています。旧東海道の通りは、ノスタルジックな雰囲気を感じられる素敵なところです。

 今回で15回目となる「夢見遊山いたばし見聞楽」は、「電力王」と呼ばれた実業家・松永安左ヱ門(耳庵)が各界の名士を招いて開催していた園遊会にちなんだ催事だそうです。

 私は、お囃子の演奏、講演会「松永耳庵と田舎家」、「寄木細工体験」を楽しみましたが、他にも板橋お寺めぐりやオカリナのコンサート、また松永記念館茶会も開催されていました。

続きを読む...

2016/11/18 10:54 | なりわい

2016年03月11日(金)

住まいと暮らしフェア「第5回やんべ〜よ」

3月5日(土)、6日(日)に小田原アリーナで開催していた、住まいと暮らしフェア「第5回やんべ〜よ」に行ってきました。
主催は、「チーム住くら夢」の皆さん。地元の住まいづくりに関わる材木屋、工務店・木工屋・エネルギー会社等の方々で構成しています。
本来ライバル同士の方々がチームを組んだわけを、木材業協同組合(林青会)の高木大輔さんにうかがいました。
小田原産材を生かしたモデルルーム「こゆるぎハウス」小田原産材を生かしたモデルルーム「こゆるぎハウス」

続きを読む...

2016/03/11 11:20 | なりわい

2015年11月06日(金)

「箱根寄木細工の伝統と未来」―世界の寄木とともに―

10月24日(土)から31日(土)、元箱根の「やまぼうし」において、「露木清高 箱根寄木細工の伝統と未来」-世界の寄木とともに-展が開かれました。元箱根の箱根関所跡の近くから椿ラインを上っていく途中に「やまぼうし」があります。女優の浜美枝さんのご自宅で、ギャラリー等に利用されています。

続きを読む...

2015/11/06 12:24 | なりわい

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.