レポーターブログバナー
[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]
2017年04月19日(水)

小田原発祥!タピボン手芸

看板もタピボン作品看板もタピボン作品「タピボン」という、ちょっとうきうきするような名前の手芸があると聞き、桜満開のお城周辺を通り抜け、清閑亭へ向かいました。

タピボン(tapisbon)の名は「タピストリー ボン:敷物づくりにもっとも適した手芸」という意味の言葉だそうです。

続きを読む...

2017/04/19 15:13 | 芸術

2017年04月17日(月)

小田原でアートさんぽをしてきました♩

2月19日は、小田原でアートさんぽをしてきました♩

 

2月に西海子小路にある旧松本剛吉別邸の雨香亭と本町の旧瀬戸たばこ店でアート展が開催されました。

歴史的建造物と呼ばれる趣ある建物は、それ自体がアートのよう。

歴史的な建物と現代アートのコラボってどんな感じだろうとワクワクしていました。

 

まずは、雨香亭へ。

雨香亭は、明治時代に建てられたもので、今でも現役の茶室です。

木曜日から日曜日の11時~15時、一般公開されています。

続きを読む...

2017/04/17 16:21 | 芸術

2016年12月20日(火)

素晴らしい東泉院の秘宝展のご紹介

 文化の日、文化の風を感じたくて出かけました。ワクワクしながら市内久野の山門を潜りました。ところは鳥がさえずりが賑やかな東泉院でした。展示は本堂に並べ、自由に接することができる禅画、円空仏、茶道具など身近に拝見できました。

続きを読む...

2016/12/20 10:51 | 芸術

2016年10月12日(水)

カナガワ リ・古典 2016in小田原

会場の小田原城天守閣前の広場会場の小田原城天守閣前の広場 「カナガワ リ・古典プロジェクト」は神奈川県にゆかりのある伝統文化を新しい発想で活用し、現代を生きる文化芸術として「再生(Re・リ)」発信する特色ある取り組みです。昨年は、大山阿夫利神社周辺で開催されました。今年は、小田原城周辺が舞台となりました。

 開催日の9月19日は、あいにくの雨模様でした。小田原城天守閣下の広場に設置された野外舞台には、テントが張られました。舞台は、天守閣を仰ぎ見る配置でしたが、残念ながらテントがちょっと鬱陶しく見えました。
 

続きを読む...

2016/10/12 14:53 | 芸術

2016年08月30日(火)

清閑亭・午後のひととき

第11回文化セミナーのポスター第11回文化セミナーのポスター  「清閑亭」は、小田原城の南側、国道1号線との間にあります。黒田長成侯爵が、1906年(明治39年)に数寄屋風書院造りの別邸として造営したそうですから、もう百十年前の建物です。贅を凝らした清閑亭を会場に、8月20日、第11回文化セミナー『地域と共存するアート』が開催されました。台風が近づいて不安定な天気と予報されていましたが、幸い荒れた天気になることもなく、夏の暑い日差しの中、文化セミナーに参加するため清閑亭を訪れました。
 

続きを読む...

2016/08/30 11:14 | 芸術

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.