おだわら・文化バックナンバーのカバー画像
[先頭]  <<    8   9   10   11   [12] 
2016年04月22日(金)

4/17号メルマガ@おだわら・文化(文学を語る しろの会 第二回朗読会)

**★★今回のおすすめ★★**


★4/17開催 文学を語る しろの会 第二回朗読会★
北原白秋生誕130年に当たり、「白秋の小田原時代」を訪ね、詩人の思いを結実させた響き美しい日本語をお楽しみください。

日時:4月17日(日)13時開場 13時30分開演
場所:おだわら市民交流センターUMECO(うめこ)第1会議室
料金:入場無料
演目:
1.随筆『お花畑の春雨』
2.『雀の生活』
3.『白秋詩集序』
4.『童謡集とんぼの眼玉序』

問合せ:0465-22-4704(本多)

★★ こちらもご覧ください ★★
★小田原文化レポーター募集中★
募集期間:5月9日(月)まで
対象:
1.市内在住・在勤・在学・在活動の20歳以上の好奇心旺盛な人
2.平成28年6月1日から平成29年3月31日まで活動できる人
3.メールで現行のやり取りが可能な人
※文章だけでなく、写真やイラストの得意な人も歓迎です。
※活動前にレポートの講義、活動開始後は定期的に会合を開催します。
応募方法:文化政策課窓口で配布、市HP掲載の申込用紙に必要事項を記入し、直接、またはFAX、メールで。
Web:小田原市HPトップページ「暮らし」>「文化/生涯学習」>「文化・芸術」>「文化レポーター」の「文化レポーター募集」
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/reporter/
FAX:0465-33-1526
問合せ:小田原市文化政策課 0465-33-1707

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
携帯からURLにアクセスする場合、接続に制限のある方は、別途高額料金がかかる場合がありますので十分ご注意ください。
本日から「松竹大歌舞伎 歌舞伎プレセミナー」及び「おだわら▲コドモ■アート」(いずれも5月8日開催)の申込開始です!!みなさん奮ってご参加ください♪
★「松竹大歌舞伎 歌舞伎プレセミナー」申込:小田原市文化政策課0465-33-1706まで、電話で。
詳細:http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/160508kodomoart.html
★「おだわら▲コドモ■アート」申込:小田原市文化政策課0465-33-1709まで、電話で。
詳細:http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/280508_kabuki.html
次回もメルマガをお楽しみに!


≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/04/22 12:40 | 未分類

2016年04月22日(金)

4/16号メルマガ@おだわら・文化(おだわら▲コドモ■アート・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★4月15日申込開始 5月8日開催~おだわら▲コドモ■アートvol.14特別編「白い彫刻を作ろう!」~★
4月15日(金)から申込み開始です。7月末に小田原市民会館で開催される親子向け演劇公演「わかったさんのクッキー」にむけて、舞台美術を担当する現代美術家・金氏徹平さんによる「白い彫刻」を作るワークショップを開催します。
完成した作品は、「わかったさんのクッキー」小田原公演で、市民会館のロビーに展示します。

日時:平成28年5月8日(日) 14時~16時
会場:小田原市民会館 展示室(本館2階) 神奈川県小田原市本町1-5-12
講師:金氏徹平さん(現代美術家)
料金:500円(材料費、保険代)
定員:15名 先着順
対象:小学生
申込:4月15日(金)から、小田原市文化政策課0465-33-1709まで、電話で。
持ち物:身近にある、彫刻にしてみたいもの 5点(石こうをかけて作品にします)
その他:汚れてもよい服装と、手拭のためのタオルをお持ちください。
主催:おだわら文化事業実行委員会(小田原市・一般財団法人小田原市事業協会)

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/160508kodomoart.html


★4月16日開催 北原白秋が愛した小田原童謡の舞台を巡るのんびりさんぽツアー ~Gipsy Vibs Live at まほらま コラボレーション企画~★

大正7年から8年間あまりを小田原で過ごした日本の詩人・童謡作家北原白秋。
小田原が作品の舞台となった場所を案内人の藍さんと楽しく歩いて巡るツアーです。
詩・音楽・自然…あなたもきっと小田原のとりこになるはず♪

日時:平成28年4月16日(土)15時~17時
集合場所:喫茶まほらま 神奈川県小田原市南町1-3-9
料金:1,000円
定員:10名
申込・問合せ:藍 080-6874-1327 info@nail-aibi.com
企画:あいさんぽ

【関連イベント】
★4月16日開催 Gipsy Vibs Live at まほらま★

心地よい空間をアイデンティティとする「喫茶まほらま」で素敵な音楽・上質な音に身を任せる待望の第1弾ライブイベントを開催します。
出演は、ジャズ、クラシック、南米・北欧・中東欧の民族音楽など、世界中の音楽を消化した音楽性で、自然の風景、人の物語を様々な色彩で描き出す4人のインストゥルメンタルカルテットのGipsy Vibs(ジプシーバイブス)です。
4人が奏でる音の物語に耳を傾けてみてはいかがですか?

日時:平成28年4月16日(土)19時から
場所:喫茶まほらま 神奈川県小田原市南町1-3-9
料金:前売りチケット2,500円 当日チケット3,000円 いずれも1ドリンク付き
出演:Gipsy Vibs 佐々木優樹(guitar)、石川裕子(vibraphon)、柴田鑑(sxophone)、中司和芳(contrabass)の4人によるインストゥルメンタルカルテット。


★:★:★***★:★:★
小田原の魅力ある文化や活動が盛りだくさん。
小田原文化レポーターFacebookや文化レポーターブログ、ぜひご覧ください。
また、キャンパスおだわら情報誌で文化レポーターの活動が掲載されています。
市内各所で配布しておりますので、ぜひご覧ください!!

文化レポーターについて(Facebookはこちらから)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/reporter/p14975.html

文化レポーターブログ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/reporter/reporter/

キャンパスおだわら
http://www.campusodawara.jp/


≪みなさんの情報を募集しています!≫
メルマガに情報を載せたい!文化レポーターに取材に来て欲しい!など、皆さんの情報をお寄せください。


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
携帯からURLにアクセスする場合、接続に制限のある方は、別途高額料金がかかる場合がありますので十分ご注意ください。
4月12日にメルマガ@おだわら・文化で配信した「自分らしく生きるIV」アール・ド・ヴィーヴル展に行ってきました。ハルネギャラリーで展示作品の制作者紹介を見てから、各店舗に展示されている作品を巡りました。製作者の豊かな感性が表現された作品は、十人十色。見る人を楽しませてくれます。
お買い物や仕事帰りに気軽にアート巡りをしてみてはいかがですか?
次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/04/22 12:37 | 未分類

2016年04月22日(金)

4/12号メルマガ@おだわら・文化(アール・ド・ヴィーヴル展・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★4月1日~4月30日 「自分らしく生きるIV」アール・ド・ヴィーヴル展★
現在、小田原地下街ハルネでは、「障がいがあっても自分で選択していく人生を送ってほしい」という願いのもとアートを中心とする創作活動を行う、NPO法人アール・ド・ヴィーヴルによる作品展を開催中です。
ハルネ各店舗の協力により、お店の壁面やディスプレイ棚などに、絵画作品やフィギュアが展示されています。
また、ハルネギャラリーでは、アール・ド・ヴィーヴルの活動紹介や展示作品の全制作者を紹介した写真パネルが並んでいます。
この機会にぜひハルネを巡って、作品を見つけてみてください。

期間:平成28年4月1日(金)~30日(土)
場所:HaRuNe小田原(小田原地下街) 神奈川県小田原市栄町1-7
※観覧時間は各店舗の開店時間に準じます。店舗によって営業時間が異なりますのでご注意ください。
ショッピング/10時~20時 レストラン/11時~22時

提供 小田原北ロータリークラブ
主催 NPO法人アール・ド・ヴィーヴル
http://artdevivre-odawara.jp

★4月29日開催 ~第8回 ロシアより演奏会~★
小田原出身ヴァイオリニスト小野唯さんが、モスクワ音楽院留学時代から組むピアニスト早川枝里子さんとの演奏会を開催します。
前半プログラムのテーマは動物・後半はノルウェーの作曲家グリーグの楽曲をお届けします。
今回の茅ヶ崎公演は、グルジア産赤ワインやロシア産ハーブティー、ノンカフェイン紅茶のドリンクサービス付きです。

日時:4月29日(金・祝) 14:10開場、14:30開演
場所:ちがさきMKホール(茅ヶ崎駅南口より徒歩5分) 神奈川県茅ケ崎市幸町16-2
料金:チケット2,500円


リムスキー=コルサコフ:歌劇「金鶏」演奏会用幻想曲
グリーグ:ヴァイオリンソナタ第3番
グリーグ:抒情小曲集より ほか

予約・問合わせ
小野:090-9976-6618 / y.concert.info@gmail.com

詳細:http://s.ameblo.jp/yuiolin-1220/entry-12132852647.html

★7月5日開催 ~平成28年度 松竹大歌舞伎~★
いよいよ4月22日(金)9時からチケット発売です。
昨年、16年ぶりに小田原の歴史と文化を彩った歌舞伎公演を開催、多くの方にお楽しみいただきました。今年は、歌舞伎十八番の「鳴神」を始めとした、昔からの歌舞伎ファンも、初めて歌舞伎を観る方も楽しめる演目となっております。
ぜひ歌舞伎の世界へ一歩踏み出してください。

日時:平成28年7月5日(火)13時30開演(12時45分開場)
場所:小田原市民会館 大ホール 神奈川県小田原市本町1-5-12
料金:全席指定 S席5,500円/A席4,500円/学生券(大学生以下)1,500円
プレイガイド:小田原市民会館、ハルネおだわら 街かど案内所、ダイナシティウェストチケットぴあ、平井書店、南足柄市文化会館、ローソンチケット(インターネット販売)、チケットWeb松竹(インターネット販売)
演目:歌舞伎十八番の内 鳴神、文売り、三社祭、他
出演:中村時蔵、尾上松緑、坂東亀寿、中村梅枝、中村萬太郎
その他:未就学児入場不可、有料託児あり(事前申込制)、イヤホンガイドレンタルあり(有料・当日受付)
お問合せ:小田原市文化政策課0465-33-1706(平日)/小田原市民会館0465-22-7146(火-日)
主催:全栄企画株式会社・おだわら文化事業実行委員会(小田原市/一般財団法人小田原市事業協会)
製作:松竹

【関連イベント】
★5月8日開催 松竹大歌舞伎 歌舞伎プレセミナー★
歌舞伎のいろはを学んで、公演をもっと楽しもう!!
7月5日(火)小田原市民会館で開催される松竹大歌舞伎公演に先がけ、歌舞伎についての基礎知識や演目の見どころなどをわかりやすく解説するセミナーを開催します。

日時:平成28年5月8日(日)14:00開演(13:30開場)
場所:小田原市民会館 小ホール 神奈川県小田原市本町1-5-12
講師:葛西聖司(アナウンサー・古典芸能解説者)
料金:全席自由 1,000円(※7月5日(火)の松竹大歌舞伎の公演チケット持参でプレセミナー料金500円引き!)
定員:200名(事前申込制・当日は先着順)
申込:小田原市文化政策課(0465-33-1706)へお電話にてお申込みください。
備考:未就学児入場不可(託児なし)
主催:おだわら文化事業実行委員会(小田原市、一般財団法人小田原市事業協会)
製作:松竹

★★ こちらもご覧ください ★★
神奈川県内の様々な文化情報が掲載されている「マグカル.ネット」。
横浜、川崎を始め、県西地域など地域別、ジャンル別に県内の文化活動や芸術展の情報と皆様からの情報発信もできるサイトです。
http://magcul.net/

マグカル.ネットへ情報提供は、スマートフォンまたはパソコンをお勧めいたします。
情報提供の方法は、下記URLをご覧ください。
http://magcul.net/various/


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
携帯からURLにアクセスする場合、接続に制限のある方は、別途高額料金がかかる場合がありますので十分ご注意ください。
3月26日、感じる芸術祭「真鶴まちなーれ2016|風景の温度」(3月5日~3月27日開催)に行ってきました。メイン会場では、小田原市「昼のミニコンサート」でおなじみの菊地貴子さんらによる「春爛漫つれづれコンサート」が行われていました。フルートとピアノの演奏と共に、ソプラノの素晴らしい歌声が会場内に響き渡っていました。
★小田原市役所では毎月1回「昼のミニコンサート」を開催しています。様々な音楽を毎月1回お届けしていますので、ほっとする癒しの音楽にぜひ耳を傾けに来てください♪
小田原市役所「昼のミニコンサート」については、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/minicon.html
次回もメルマガをお楽しみに!


≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/04/22 12:34 | 未分類

2016年04月22日(金)

4/5号メルマガ@おだわら・文化(講座、美術展情報・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★★ODAWARA ART PARTY(小田原 アート パーティー)★★

2013年から府中市にある市場で活動する展示企画 小東京☆銀河。
小東京を通じて集まった作家6人が"ODAWARA ART PARTY"(通称OAP・オアプ)として、小田原で展覧会を開催しています。

会期:2016年3月26日(土)-4月10日(日)※月曜休館
時間:9:00-22:00 ※最終日のみ19:00まで
(作家在廊時間 平日10:00-17:00、土日10:00-19:00)
作家:石井太介、伊藤久也、上田浩一、土谷泰彦、馬塲稔郎、梁井彩
場所:おだわら市民交流センターUMECO(〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号)
主催:小東京☆銀河
協賛:NPO法人コモン
協力:小田原市
問合せ:shotokyoginga@gmail.com

http://odawara-art-party.tumblr.com/


★★書道指導者養成講座受講生大募集!!★★

書道指導者養成講座は毎月第2日曜日に開催しています。
皆さま、新年度の準備は整っていますか?
まだという方、今がチャンスです!!
また、書道は難しいから…と諦めている、新しく趣味を始めたいけどどうしよう…と迷っている、そんな皆さま、春の趣味は書道でキメましょう!!
キッズコースも大好評募集中です!!
詳しくは書道指導者育成協会事務局まで。

日時:4月10日(日)午前9時から正午
場所:川東タウンセンターマロニエ集会室202(小田原市中里273-6)
問合せ:書道指導者育成協会事務局(080-5439-6155)


★★中川一政の作品とスケッチ(前期)★★

1949(昭和24)年、神奈川県真鶴町にアトリエを構えた中川一政のテーマ展(前期)を開催します。
20年間漁村福浦の風景を描く一方で、90歳間際に描いた迫力ある100号サイズの箱根駒ケ岳は、山を描いた連作の代表的なものとして高い評価を受けています。
ドライブがてら、ぜひご覧ください。

日時:4月7日(木)から6月7日(火)午前9時30分から午後4時30分(但し入館は午後4時まで)
※毎週水曜日(当日が祝日の場合は開館)休館です。
場所:真鶴町立中川一政美術館(足柄下郡真鶴町真鶴1178-1)
問合せ:真鶴町立中川一政美術館(0465-68-1128)
※後期は6月9日(木)より開催します。

http://www.nakagawamuseum.jp/


★:★:★***★:★:★
小田原の魅力ある文化や活動が盛りだくさん。
小田原文化レポーターFacebookや文化レポーターブログ、ぜひご覧ください。
また、キャンパスおだわら情報誌で文化レポーターの活動が掲載されています。
市内各所で配布しておりますので、ぜひご覧ください!!

文化レポーターについて(Facebookはこちらから)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/reporter/p14975.html

文化レポーターブログ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/reporter/reporter/

キャンパスおだわら
http://www.campusodawara.jp/


≪みなさんの情報を募集しています!≫
メルマガに情報を載せたい!文化レポーターに取材に来て欲しい!など、皆さんの情報をお寄せください。


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
携帯からURLにアクセスする場合、接続に制限のある方は、別途高額料金がかかる場合がありますので十分ご注意ください。
神奈川県立歴史博物館の「石展」に行ってきました。
小田原市も関連資料を貸し出したということで見に行ってきたのですが、郷土文化館が所蔵する石切図屏風に惹かれました。
早川の石切り場の風景を描いたものだそうですが、色がとてもきれいで、採掘されている石の薄い青い色が特に印象的でした。
その他にも市立図書館が所蔵する古文書なども展示してあり、改めて小田原の歴史の深さについてすごいなあと感心しました。
次回もメルマガをお楽しみに!


≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/04/22 12:30 | 未分類

[先頭]  <<    8   9   10   11   [12] 

RSS


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.