おだわら・文化バックナンバーのカバー画像
2016年12月13日(火)

12/6号メルマガ@おだわら・文化(最新出土品展2016・他)

**★★今回のおすすめ★★**

★12月11日まで開催中 最新出土品展2016★

平成27年度に発掘調査された遺跡の出土品を写真パネルと合わせて展示されています。
市内で出土した、弥生時代から江戸時代までの貴重な遺物がご覧になれるほか、体験コーナーでは、本物の土器や石器に触れることができます。
また、企画展示では、「東日本最古級の弥生時代の大集落」と呼ばれた市内中里遺跡の発掘調査報告書の刊行を記念し、中里遺跡の出土品の展示が行われています。

日程: 12月11日(日)まで 9時~17時
※11月28日(月)は休館日です。
場所: 小田原市立かもめ図書館 2階 集会室(小田原市南鴨宮1-5-30 JR東海道線「鴨宮駅」南口下車徒歩10分)
※公共交通機関でご来場ください。
料金: 無料
問合せ: 0465-33-1715 小田原市文化財課
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/property/kouhoushiryou/shutsudohin2016.html

【関連行事】
★12月11日開催 小田原市遺跡調査発表会★

平成27年度に小田原市内で行われた主要な調査について、発掘担当者がその成果を発表します。
参加者には、最新の調査成果が掲載された発表要旨集をお配りします。
14時30分からは、最新出土品展2016会場で、発掘調査担当者による展示解説も行われます。

日時: 12月11日(日) 10時~16時40分(9時30分開場)
場所: 小田原市立かもめ図書館 2階 視聴覚ホール(小田原市南鴨宮1-5-30 JR東海道線「鴨宮駅」南口下車徒歩10分)
※公共交通機関でご来場ください。
料金: 無料(入退場自由)
定員: 120名(先着順・事前申込み不要)
問合せ: 0465-33-1715 小田原市文化財課
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/property/kouhoushiryou/happyou2016.html


★平成29年2月4日開催 柳家三三 小田原落語会 初春公演★
~チケット販売中~

小田原出身の柳家三三師匠による小田原落語会 初春公演が、来年2月に開催されます。
おなじみ“冬の市民会館”で三三師匠の“冬らしい噺”をじっくりお楽しみください。
ゲストとして、小田原出身の松永鉄駒さんと妹弟子の松永鉄六さんによる長唄三味線ユニット・スクイーズ☆ハジキーズが出演されるほか、今年11月に二ツ目に昇進されたばかりの三三師匠の一番弟子・柳家小かじさんも出演されます。

日時: 平成29年2月4日(土) 13時30分開演(12時45分開場)
場所: 小田原市民会館 大ホール(小田原市本町1-5-12)
料金: 全席指定/一階席2,500円・二階席2,000円(前売券)/一階席3,000円・二階席2,500円(当日券)
前売券直売所:
【小田原】 宍倉タバコ店(城山1-7-19)電話0465-35-2852、そば「寿庵」(栄町2-1-26)電話0465-22-2862、ダイナシティウエスト チケットぴあ(中里208ダイナシティWEST ウエストモール1F)、小田原市民会館(本町1-5-12)電話0465-22-7146、小田原地下街ハルネ小田原 街かど案内所「小田原日和」(栄町1-1-7)電話0465-23-1150


★☆第63回小田原市民文化祭ミニ情報☆★※場所は、いずれも市民会館です。
■小田原吹奏楽研究会 第110回定期演奏会
日時: 12月11日(日) 14時~16時
問合せ: 0465-72-0739(梅原)
■小田原謡曲連合会 能の体験教室
日時: 12月18日(日) 13時30分~15時30分
定員: 100名(事前申込制)
申込み・問合せ: 電話またはFAX、メールで。
お申し込みの際は、「氏名・参加人数・住所・電話番号」をご連絡ください。
電話 0465-33-1706、FAX 0465-33-1526、E-mail bunka@city.odawara.kanagawa.jp

※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/bunkasai63th.html


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

以前、箱根町の湯本見番で開催された柳家三三師匠の落語を見に行ったことがあります。その時は、箱根の芸妓さんによる舞踊・唄も同時開催され、とても華やかな催しでした。
三三師匠は、身振りと手振りのみで噺を進め、その技巧で噺の世界にぐいぐいと引き込まれていく感覚が今でも忘れられません。
落語は、とてもシンプルで身近な芸能ですが、演者は一人なのに、噺を聞いているうちに、目の前に何人もいるような感覚になります。
今回のメルマガでご紹介した三三師匠の小田原落語会 初春公演で、落語の世界をぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/12/13 11:36 | 未分類

RSS


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.