小田原市

市長の日記

市長の日記

2017年09月12日(火)

合併説明会スタート

 長野から戻っての先週末も、諸行事が重なりました。

 9日は、半世紀にわたる友好都市関係にある大阪府岸和田市から、青少年交流事業に参加する中高生たちが小田原に到着。小田原市のジュニアリーダーズクラブのメンバーと2日間の交流事業が行われました。最初の顔合わせの場を訪ね参加したメンバーに声を掛けましたが、両市の生徒たちの元気なこと!毎年交互にそれぞれの市を訪問しており、昨年は小田原から岸和田を訪ねていたため、すでに顔見知りのメンバー同士で早速会話が弾んでいました。長年続いたこの事業も、今年度で終了に。それでもこれまでの相互訪問を通じて育まれた友情は、参加した生徒たちにとって今後の人生における財産となることでしょう。

 10日は、小田原アリーナで開かれた「スポーツ&レクリエーションフェスティバル」へ。市民がそれぞれにスポーツに親しんでもらうよう、様々なニュースポーツの紹介や体験ができる、楽しい企画。市内の子どもたちのダンスチームや小田原高校ダンス部、日本体育大学チアリーディング部の皆さんも参加し、賑やかな一日となったようです。ラグビー日本代表などで活躍した伝説のラガーマン・吉田義人氏の講演やラグビー指導なども行われ、貴重な機会となりました。

 市内で複数個所行われていた敬老行事に参加すべく移動する合間を縫って、入生田の山中にある、かつて小田原藩を治めていた稲葉一族の墓所で開かれていた墓前祭へ駆けつけました。平成26年7月に強風によって周囲の巨木が倒れ、墓石がひどく倒壊してしまっていた稲葉一族の墓所が、紹太寺・武内住職や市内有志市民の皆さんのご尽力により綺麗に整理・復原され、改めて一族のご供養を兼ね関係者が集ったものです。ご尽力された皆さんに私からも感謝の言葉を申し上げました。周囲の木々が整理されたこともあり、以前よりもむしろ明るくなった気がします。

 さて、9日からは、「小田原市・南足柄市『中心市のあり方』に関する任意協議会」の結果を踏まえた、合併に関する市民説明会が始まりました。小田原市と南足柄市がそれぞれの市民に向け複数回ずつ行うもので、小田原では川西地区・川東地区の市民向けに各1回、および市内を6地区に分けて6回の、計8回を行う予定であり、加えて9月24日には市民会館で協議会に参加した委員の皆さんと共にシンポジウムを開催する予定です。

 この日は皮切りとして、川西地区を対象に市民会館小ホールで最初の説明会を開催。100名ほど集まった参加者に、まずは私が直接、協議結果とそれを踏まえた今後の方針について説明、その後1時間近くをかけて質疑応答。協議結果を踏まえた私の考えとして、「持続可能なまちづくりに向けて、合併という選択が可能ならば、進むべきである」と明確に述べました。そのうえで、市民の皆さんには、この重要な選択にあたり、一人ひとりが冷静かつ客観的に最善の判断をしていただきたい、そのために市としても丁寧に説明し判断材料を提供していく旨、真摯にお話をさせて頂きました。

 説明会のスケジュール(9月11・13・15・22・27・28日に各地区、24日にシンポジウム、10月8日に川東地区)は市のHPや広報などで周知をしているところですが、できる限り多くの皆さんにご参加いただきたいと思っています。

2017/09/12 16:43 | 未分類


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.