小田原市

市長の日記

市長の日記

2017年09月29日(金)

ノーザンビーチ市から

  27日、オーストラリアのノーザンビーチ市より、「ときめき国際学校」の交流プログラムに参加する中高生たち20名が、市役所を表敬訪問してくれました。
  小田原市は、オーストラリアの旧マンリー市と友好交流を始めて、以来4半世紀以上にわたって相互に中高生の訪問と交流のプログラムを継続しています。そのマンリー市が、現地の州政府の方針(日本では考えにくいトップダウンの仕組みです)によって、隣接するピットウォーター市、ワリンガ市と合併し、昨年度新たに「ノーザンビーチ市」となりました。旧マンリー市の議会や執行部は解任、行政組織も新市へと糾合され、行政体としてのマンリー市は無くなってしまったのです。しかし、この歴史と実績のある青少年国際交流事業は何としても存続させたいと、旧マンリー市の関係者の皆さんが尽力。今年度は例年通りの実施となったものです。
  13歳から17歳までの生徒たちは、前日に日本についたばかり。やや緊張した面持ちでしたが、代表の生徒の立派な日本語での挨拶、私と市議会の加藤議長から一人ひとりにプレゼントを渡すうちに、笑顔が見られるように。7月に先行してノーザンビーチ市を訪れた日本の中高生の自宅にホームステイし、10月6日の離日まで、小田原を含めた日本の文化を学びつつ、貴重な交流を深める予定です。
  ノーザンビーチ市の新しい市長が、訪問団が到着した日に現地で選出されたとのこと。40代の若い男性市長のようです。早速に就任を祝うメッセージを送り、併せてこの事業が発展的に継続されていくよう、要請をしていきたいと思います。

2017/09/29 11:48 | 未分類


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.