市長の日記

市長の日記

2018年08月28日(火)

大相撲小田原場所ほか

 24・25・26日と、酷暑の中、諸行事が続きました。
 台風20号が無事に過ぎ去った24日は、昨年に引き続いての「大相撲小田原場所」が、小田原アリーナにて開催されました。10年ぶりに開催となった昨年と比べると、お客さんの数は少し減ったものの、約3500名の観客がメインアリーナに陣取り、ナマで観る大相撲の迫力を堪能されました。事前に記念撮影を実施、4人の横綱がそろい踏みした昨年と比べると、引退した日馬富士、この日故障で大事を取って欠場した白鵬を除いた、鶴竜と稀勢の里の2横綱となりましたが、隣に立つ両横綱の体躯のボリュームに、今年も圧倒されました。午後に行われた幕内の取り組みでは、最近頭角を現している石浦などの若手力士や、圧倒的人気を誇る遠藤、新大関の栃ノ心などが、特に大きな声援を集めていました。来年以降もこの小田原場所が定着するよう、みんなで応援していきたいと思います。

 25日は、「おだわら市民学校」の記念すべき第1期が開校されました(これについては別途記します)。夕刻、松田町の酒匂川河川敷にて開催された「まつだ観光まつり」に顔を出した後、中村原にて開催された橘商工会青年部主催の「みんなの花火」へ。今年で10回目を迎える、橘地域を挙げての手作りのイベントで、今年度から中村原の埋立処分場グラウンドで開催。芝生広場のある、より広い空間となったこともあって、例年よりも大勢の皆さんが来場され、賑やかになったとの印象がありました。イベントの最後に打ち上げられた花火は、10回記念ということもありいつもより長く、そして見応えのある内容。満月前夜の見事な月と花火の競演となり、会場は大いに盛り上がっていました。

 26日は、朝一番で、前夜に引き続いての橘地区へ。下中小学校グラウンドにて小田原市総合防災訓練が実施されました。日中の最高気温が36℃になるとの予報通り、朝からガンガンに暑い中、大規模地震を想定した発災直後の救出救助活動や広域避難所開設、被災インフラ復旧などに向けた各機関の連携確認などを主眼とした訓練プログラムを展開。橘地域の皆さん、参加した関係各機関の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 午後は、二の丸広場で行われていた「第6回風魔まつり」会場へ。あまりの暑さのためか、前日に引き続きこの日も来場者は例年より少なめ。そんな中、天下一忍者決定戦が今年も行われ、第11代の「風魔小太郎」、第5代の「おふう」が選出されました。暑い中、忍者装束をまとっての競技は、なかなかに大変だったことでしょう・・・。






 

 ダイナシティでは、イトーヨーカドーさん主催による「ハッピーライフフェア」が行われており、そこに参加していた小田原食品衛生協会の皆さんによる「適塩メニュー」の試食会に参加。昨年度小田原市が同協会に委託した健康メニュー事業に関連し、小田原短期大学の皆さんが作られた「野菜たっぷり適塩メニューレシピ」中のメニューである、「カラフル野菜の豆腐カルボナーラ」と、「じゃがいもとたまねぎの2層ムース コンソメジュレ乗せ」を、ダイナシティにて営業されている「MONTE ILCHIANTI」の皆さんの調理にて頂きました。減塩メニューであり、直前まで炎天下にいた私でしたが、塩分の不足を感じることなく、とても美味しく頂きました!事業委託3年目の今年度は、来年1月から3月にわたり、実際に小田原や箱根の飲食店などで様々な適塩メニューが提供される予定です。

2018/08/28 13:21 | 未分類


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.