市長の日記

市長の日記

2019年01月16日(水)

郵便局・コンビニでのサービス開始

 15日、この日より始まる証明書交付サービスのオープニングセレモニーが行われました。
 ひとつは、郵便局窓口での交付サービス。建物の老朽化や行財政運営の効率化の観点から3月に廃止される市内11か所の支所などに代わり、その近隣に所在する10の郵便局において、住民票などの証明書が発行できるようになるもので、昨年日本郵便(株)と契約を締結、準備を進めてきたものです。
 新たに発行サービスが行われるのは、根府川、小田原板橋、小田原早川、小田原(本局)、小田原成田、下曾我、曾我、酒匂、国府津駅前、栢山駅前の10ヶ所。窓口で申請書を渡すと、郵便局職員が受理、専用のファクシミリで市役所本庁舎と通信し、証明書等が発行されます。
 この日は、小田原郵便局にて、市内郵便局の局長さんらとともにテープカットの式典の後、実際にカウンターで郵便局職員から住民票を発行して頂きました。職員と対面してのやり取りとなりますので、安心感があります。

 もうひとつは、コンビニでの交付サービス開始。全国約54,000のコンビニで、朝6:30から夜11:00まで、いつでも発行が受けられ、利便性は大幅に向上します。こちらは、店内のマルチコピー機にて、マイナンバーカードを用いる方式で、画面の指示に沿って手続きを進めると、ほとんど待ち時間がなく証明書が印刷される仕組み。
 この日は、小田原駅西口に近いセブンイレブン城山1丁目店で、セブン-イレブン・ジャパン(株)やオーナーの皆さんとオープニングセレモニーを行った後、実際に店内で証明書発行を体験。銀行のATMなどと同じ感覚で、即座に証明書が発行され、たいへん便利だと実感しました。市内にて営業する80のコンビニで利用可能。マイナンバーカードの交付率は、現在15%ほど。市役所本庁舎およびマロニエにて簡単な手続きで交付が受けられますので、ぜひ多くの皆さんにカードを作って頂きたいと思います。
 通い慣れた支所等の廃止に不安を感じておられる市民の皆さんは少なくないと思います。実際に11の支所などでの窓口サービスがなくなる3月中旬以降、新しいサービス利用への移行が本格的に始まると思いますが、そこで発生する可能性のある様々な戸惑いや課題にきめ細かく対応していくべく、あらゆる想定のもと態勢を整えていきます。

2019/01/16 10:06 | 未分類


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.