市長の日記

市長の日記

2019年11月22日(金)

TOTOCOプレオープン、特例市市長会解散ほか

 21日はスッキリとした秋晴れ。空も海も鮮やかな青一色の中、「漁港の駅TOTOCO小田原」のプレオープンを迎えました。先日の事前訪問時にはまだ商品陳列棚が入ったばかりの状態でしたが、この日は全ての棚に商品がビッシリと陳列され、改めてアイテム数の多さと、飲食メニューの多彩さに目を見張ります。指定管理者であるTTCのスタッフの皆さん、新鮮な水揚げ品や加工品を納める小田原水産の皆さんなどが、プレオープンの直前まで入念に売り場づくりや来客対応準備で立ち回っておられました。

 この日は市内外から多くの報道関係者やツアー企画事業者などがつめかけており、まずは私から事業の概要を説明、続いて駅長の金城さんからTOTOCOで提供される商品やメニュー、施設の特徴などについてプレゼン。その後、報道関係者の施設内ツアーが行われ、ほどなくプレオープンに。正午の入場開始前には、既に施設をぐるっと一周するくらいの長さで来客の列ができており、拝見したところ地元の皆さんが大勢いらっしゃっていました。今日、いよいよグランドオープンとなりますが、観光客の皆さんだけでなく、何より地元の皆さんにこそ愛して頂ける施設になってほしいと願うものです。

 午後、2件のご訪問を頂きました。まず、長年本市の人権擁護委員をお務め頂いた大木重美さんが、退任のご挨拶。平成17年まで本市職員として奉職されたのち、人権擁護委員を13年間も務めて頂きました。長年のお働きに、私からも丁重にお礼を申し上げました。

 神奈川県サッカー協会からは、通算で4回目となるサッカーゴールを寄贈頂きました。小田原サッカー協会の井原義雄さんから、目録を受理。上府中公園内のスポーツ広場に設置されます。ありがたいことです。

 そしてこの日は、全国施行時特例市市長会の解散総会が、報徳会館で開かれました。平成12年にスタートした会ですが、都市制度の変遷に伴い特例市制度が平成26年度をもって中核市制度に統合される形で廃止となり、中核市に移行する市、そのまま一般市として存続する市など、対応が分かれていくため、ここで市長会としては解散することとなったものです。
 市長会の最初の会長を小澤良明・前市長がお務めになったこともあり、昨年の総会時に「解散総会も小田原で」と要請を受けたことから、小田原が最後の総会の地となりました。市長に就任以来、ほぼ同じような人口規模の特例市の市長さんたちと、地方自治にまつわる課題を共有し、国に対し制度的な要求を共に行うとともに、政策的な議論を通じて悩みを分かち合ってきた、貴重な交流の場でもありました。市長会としては解散となりますが、この間育んできた各市との絆をこれからも大切にしていこうと、参加した市長同士でしっかりと確かめ合った解散総会となりました。

2019/11/22 11:01 | 未分類


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.