小田原市

梅のつぼみがふくらむ頃

小田原邸園物語

「谷崎くん、久しぶりだね。小田原にいるって聞いたけど何してるの?」
 
大学を卒業してから2年後のある日、偶然再会した透と桜子。
 
清閑亭、小田原文学館、松永記念館の三つの邸園(邸宅+庭園)を舞台に、透と桜子の二人の日常が交差する様子が、二人のメールのやりとりを通して紡がれます。
小田原の魅力を発信する新しいかたちの物語。
ぜひご一読ください。
2016年03月08日(火)

3月8日 12:42

桜子さん

この前、JR大磯駅のホームで電車待ってたんだけど。
隣のベンチに学生らしい女性が座ってて、
間もなく着いた電車からそのカレシらしきのが降りてきて、
カノジョに向かって第一声、
「遠いなー、」
だって。
あぁやっぱ東京からは遠いよなー、と改めて思った。

僕がいる清閑亭は築110年の別荘で、
その頃小田原には本当にたくさんの政財界人の別荘が建ち並んでたんだけど。
つまりその「遠さ」が、彼らにとっては良かったんだと思うんだ。

みんな東京でバリバリに仕事してる人たちでしょ、
そういう東京のしがらみや喧騒を離れ、あっちのことを忘れられる場所としての小田原、
そのちょうどいい距離だったんじゃないかな。

海があって山もあって、程よく仕事も忘れる距離感。
そんな所でフツーに働いて暮らしてるのって……どうなんだ? とも思うけど、
今のところ、
僕はこのまちで暮らしていこうと思っています。

4月は花見で、街もお城も賑やかになるけど、
あまり人には知られていないとっておきの場所があるんだ。
君と見たい桜があるんだ。

また連絡します。



―END―

2016/03/08 12:42 | 梅のつぼみがふくらむ頃


 
 
 
 

この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.