小田原市

小田原写真ギャラリー

観光写真ギャラリー

写真をクリックすると、大きな画像がご覧になれます。

写真データの使用をご希望の方へ

下の写真以外にも多数の観光写真データを保有しており、無料で提供いたします。メールをお送りいただく際に希望内容を明記してください。
電子データ(主にJPEG)をご希望の方は、メールに以下の必要事項を記入の上、タイトルは「写真データ希望」として、kanko@city.odawara.kanagawa.jpまでお送りください。

  • 希望する写真の内容
    (例:(1)天守閣と桜、北條五代祭りの武者行列など)
  • 使用目的
    (印刷物等に使用する場合はその印刷物の概要が分かる資料を添付してください。)
  • 使用者名/団体名
  • データを送付するメールアドレス

メールを確認後、2〜3日程度でデータをお送りいたします。

(お急ぎの場合は電話にてご相談ください)

 

※小田原市観光協会でも写真コンクール入賞作品の貸出を行っております。

経済部観光課 電話0465-33-1521

小田原城天守閣
(1)小田原城天守閣

昭和35年に復興されました。
標高約70メートルの最上階からは相模湾が一望でき、良く晴れた日には房総半島まで見ることができます。

小田原城銅門
(2)小田原城銅門

江戸時代の小田原城二の丸の表門にあたり、平成9年に復元されました。

銅門の名前は、大扉などに使われた飾り金具に、銅が用いられたことに由来します。

小田原城馬出門
(3)小田原城馬出門

小田原城大手筋に位置し、二の丸を守る重要な門。

平成21年3月に復元されました。


北條早雲公像
(4)北條早雲公像

戦国時代に、小田原の礎を築いた北条早雲公の像。

小田原駅西口のロータリーに設置してあります。

白糸鉄橋
(5)白糸鉄橋

JR根府川駅近くにある鉄橋。
青い海と赤い橋のコントラストは、写真スポットとしても人気です。

御幸の浜(初泳ぎ)
(6)御幸の浜(初泳ぎ)

明治6(1873)年、明治天皇と皇后がおそろいで、当海浜において、漁夫の地引網をご覧になり、以来、「御幸の浜」と呼ばれるようになりました。毎年、元旦の朝には初泳ぎが行われます。


曽我梅林と富士山
(7)曽我梅林と富士山(その1)

梅の木々の間から富士山を望む光景は、絵画のような美しさです。

曽我梅林と富士山
(8)曽我梅林と富士山(その2)

2月になると、曽我地域は梅の香りに包まれます。

流鏑馬(梅まつり)
(9)小田原梅まつり(流鏑馬)

小田原梅まつりでは例年2月11日に曽我梅林(原会場)にて流鏑馬を開催いたします。


小田原梅まつり(寿獅子舞)
(10)小田原梅まつり(寿獅子舞)

2月に行われる小田原梅まつりでは、寿獅子舞などの伝統芸能が行われます。

天守閣と桜
(11)天守閣と桜

約320本のソメイヨシノが咲き乱れます。

見ごろは、例年3月下旬〜4月上旬です。

桜と隅櫓
(12)桜と隅櫓

お堀に映る桜と隅櫓は、悠久の時の流れを感じさせます。


小田原城址公園お堀周辺の夜桜
(13)小田原城址公園お堀周辺の夜桜

桜まつり期間中、小田原城址公園では、ぼんぼりを灯します。

長興山のしだれ桜
(14)長興山のしだれ桜

樹齢約340年のこのしだれ桜は、4月になると無数の花冠をつけます。

城山公園の桜
(15)城山公園の桜

小高い山に配水池やスポーツ施設などが点在する公園を約350本のソメイヨシノが彩り、ゆったりと観桜ができます。
 


御感の藤とつつじ
(16)御感の藤とつつじ

この藤は、城址公園の御茶壷橋の近くにあります。
大正天皇が皇太子のころ、この藤を見て感嘆されたことから「御感の藤」と呼ばれています。
見ごろは、例年4月下旬〜5月初旬です。
このころには、オオムラサキツツジも咲き始め、小田原城が花で彩られます。

北條五代祭り
(17)小田原北條五代祭り(その1)

毎年5月3日に行われる「北條五代祭り」は、武者行列など総勢1,700名にも及ぶパレードで、武者隊・騎馬隊・鉄砲隊を中心に、市内の中学校の吹奏楽部、バトンチームなどの音楽隊や、小田原ちょうちん踊り、御輿などのまち衆隊を加え、市内を勇壮に練り歩きます。

(18)小田原北條五代祭り(その2)
(18)小田原北條五代祭り(その2)

鉄砲隊等によるパフォーマンスも行われます。


城址公園の花菖蒲とあじさい
(19)城址公園の花菖蒲とあじさい

6月には、あじさいを背景に約6,000本の花菖蒲が花開きます。

小田原ちょうちん夏まつり
(20)小田原ちょうちん夏まつり

7月下旬の土・日曜に行われる「小田原ちょうちん夏まつり」。

ちょうちん踊りなどのパレードが行われるほか市内の小学生が製作した約2,500個の小田原ちょうちんが会場周辺に飾られ、城下町が賑わいます。

酒匂川花火大会
(21)酒匂川花火大会

例年8月に酒匂川で花火大会が開催されます。全長300メートルのナイアガラは圧巻です。


一夜城まつり
(22)一夜城まつり

10月中旬に石垣山一夜城歴史公園で行われます。

小田原城菊花展
(23)小田原城菊花展

例年11月3日〜中旬に行われ、小田原城の秋を彩ります。

松永記念館の紅葉
(24)松永記念館の紅葉

板橋にある松永安左ヱ門(耳庵)の記念館。

庭園は平成19年2月「日本の歴史公園100選」に選ばれています。


勝福寺の大イチョウ
(25)勝福寺の大イチョウ

目通り幹囲7.5メートル、樹高約30メートルに及ぶこのイチョウの木は、神奈川県内でも最大級です。

小田原市指定天然記念物にもなっています。

だるま市
(26)勝福寺のだるま市

歳の瀬に関東で一番早く開催されるだるま市。多くのメディアで取り上げられ多くの人で賑わいます。

除夜の鐘
(27)除夜の鐘

大晦日には市民会館横の鐘楼に除夜の鐘をつく人の長蛇の列ができます。


最終更新日:2016年03月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:観光課

電話番号:0465-33-1521


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.