小田原市

おだわら・文化バックナンバーのカバー画像
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2017年03月14日(火)

3/4メルマガ@おだわら・文化(飯室哲也展―循環する過現未の地平Ⅳ―・他)

**★★今回のおすすめ★★**

★3月14日まで開催 飯室哲也展―循環する過現未の地平Ⅳ―★

現代美術家として箱根・小田原を拠点に活動している飯室哲也さんが2015年から現在まで制作した100点を超える小立体の作品が会場の床いっぱいに展示されます。
消費した菓子箱を変形箱型に作りペイントした作品があり、表面に細木、画用紙、印刷物などを、起伏のある空間を暗示させるように展示されます。
飯室さんから「なりわい交流館2階の茶黒色の板の間の上に多数の小立体が散在する空間の情景を見てほしいと思います。」とコメントをいただいています。日によって配置を変えるなど見る人を楽しませてくれる展示となっています。

日程: 3月14日(火)まで※9日(木)2階展示会場はお休み 10時~17時30分
場所: 小田原宿なりわい交流館(小田原市本町3-6-23)※駐車場はありません
問合せ: 小田原宿なりわい交流館0465-20-0515 作家連絡先 080-1169-8089

★3月18日まで開催 第34回小田原城紋章展「皇族の紋章」★

昭和57年度から毎年天守閣で開催している特別展「小田原城紋章展」は、今年度34回目を迎えます。
今回は、かつて小田原に御用邸(天皇や皇族の別荘)があったことにちなみ、天皇・皇族の紋章が紹介されています。手描きで紋を描く伝統技術・紋章上絵の粋をお楽しみください。

日程: 3月18日(土)まで 9時~17時(最終入館16時30分)
場所: 小田原城天守閣 4階企画展示室4(小田原市城内6-1)
料金: 大人500円、小中学生200円(団体割引あり)
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/event/family-crest28.html

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

3月5日に開催された「オーケストラで歌う!市民による『大地讃頌』」に行ってみました。
開場30分ほど前から列ができ、本番10分前まで大勢のお客様が来場して、空席を探すのが難しいほどの客席となり、客席はとても賑やかな雰囲気に。
公演では、作曲者佐藤 眞先生自らの指揮で、オーケストラとともに、合唱団の歌声が、会場いっぱいに響き渡りました。
今回のイベントへは、市長も合唱団の一員として参加されてきました。今年度の発会式の様子と市長の想いが「市長の日記」に記されていますので、ぜひご覧になってみてください。
※「市長の日記」は、下記URLからご覧になれます。
https://www.city.odawara.kanagawa.jp/index.php?p=&d=mayor/diary&c=&type=article&art_id=5151

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2017/03/14 09:24 | 未分類

2017年03月14日(火)

2/28メルマガ@おだわら・文化( オーケストラで歌う!市民による「大地讃頌」~作曲者佐藤眞を指揮者に迎えて~・他)

**★★今回のおすすめ★★**

★3月5日 オーケストラで歌う!市民による「大地讃頌」~作曲者佐藤眞を指揮者に迎えて~★

オーケストラで名曲を歌う「市民による小田原音楽フェスティバル」。
今年は「オーケストラで歌う!市民による『大地讃頌』」と題して開催します。市民合唱団の練習は、本番を間近に控え、練習も山場を迎えています。
合唱曲の金字塔と称えられる「大地讃頌」を終曲とする混声合唱のためのカンタータ「土の歌」を作曲者である佐藤眞先生自らの指揮でオーケストラとともに、歌い上げます。

日時: 3月5日(日) 14時開演(13時開場)
場所: 小田原市民会館 大ホール(小田原市本町1-5-12)
料金: 全席自由 3,000円
曲目: 佐藤 眞 作曲 混声合唱のためのカンタータ「土の歌」ほか
出演: 佐藤 眞(指揮)、市民による小田原音楽フェスティバル合唱団、小田原楽友協会管弦楽団
主催: 市民による小田原音楽フェスティバル実行委員会、小田原市
共催: 小田原音楽連盟、小田原地区合唱連盟、小田原楽友協会
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/tsuchinouta-member-copy.html

★3月5日開催 『Let's朗読フェスティバル@おだわら 2017』★

小田原には多くの文学者が居住・滞在し、文学者同士、また地域の人と交流しながら、すぐれた文学作品を生み出してきました。
物語の舞台として小田原が登場したり、作者が小田原の出身や在住など、小田原にゆかりのある作品は数々あります。
そのような小田原ゆかりの文学を「声」で楽しむ朗読フェスティバルを開催します。朗読のためのワンポイントレッスンもありますので、ぜひご来場ください!

日時: 3月5日(日) 14時~16時
場所: 小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場(小田原市栄町1-1-7)
プログラム: 朗読発表、「朗読のためのワンポイントレッスン」ほか
朗読作品: 茨木のりこ「根府川の海」、中村 航「あなたがここにいて欲しい」等全9作品
問合せ: 電話24-1055(小田原文学サロン実行委員会事務局 市立図書館内)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
https://www.facebook.com/tomarigibunko/

★3月2日~5日開催 マグカルpresents第2回神奈川かもめ短編演劇祭★

神奈川かもめ短編演劇祭は、全国各地、及び海外から選ばれた団体が横浜に集まり、それぞれ20分以内の短編作品を上演する、地方色・国際色豊かな演劇祭です。演劇を鑑賞するだけでなく、審査員による審査とともに、観客の投票によって、「かもめ賞」(最優秀作品賞)が決定されます。神奈川発信の短編演劇コンテストとして2016年からスタートした、この新しい演劇祭に小田原を拠点に活動する演劇集団“チリアクターズ”が、神奈川地区代表としてBブロックに出演します。

期間: 3月2日(木)~5日(日)
場所: KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ(横浜市中区山下町281)
公演スケジュール:
3月2日(木)19:00 Aブロック
3月3日(金)19:00 Bブロック
3月4日(土)13:00 Aブロック/19:00 Bブロック
3月5日(日)11:00 Aブロック/14:30 Bブロック/17:30 公開審査会・表彰式
*全12団体を、A・Bの2つのブロックに分け、1ステージにつき、6団体ずつ上演します。

料金: 前売り・当日共通、全指定席
一般3,000円/U24(24歳以下)1,500円/Welcome横浜割2,000円※神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県を除く地域からお越しの場合/公開審査会・表彰式[一般・U24共通]1,000円
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://kanagawakamome.com (第2回神奈川かもめ短編演劇祭公式HP)
※下記チリアクターズ予約フォームからでもチケット予約ができます。
http://ticket.corich.jp/apply/80550/CHA/ (予約フォーム)

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月26日に開催された地球市民フェスタ2017に行ってみました。会場となった川東タウンセンターマロニエには、音楽や食事など世界各国の文化を体験できるブースが並び、子どもから大人まで多くの方が訪れ、各国の食べ物を味わったり、歌や踊りを楽しんだりしながら、「小田原で世界旅行」を満喫する姿がありました。
会場の一角には、ときめき国際学校(オーストラリア・ノーザンビーチ市との中学・高校生の交流)の活動紹介ブースがあり、交流中に撮影した写真のフォトコンテストや研究の成果が展示されていました。「ときめき国際学校」研究発表会は、3月12日(日)午後1時30分から小田原地下街ハルネ小田原のうめまる広場で開催されます。共同研究の発表のほかにクイズコーナーやフォトコンテストのプレゼンテーション、交流の思い出発表などが行われ、オーストラリアに親しむことができる内容となっているようです。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2017/03/14 09:21 | 未分類

2017年03月14日(火)

2/21メルマガ@おだわら・文化(内野邸資料展「百年前のお雛様」・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★3月5日までの土・日曜日限定公開 内野邸資料展「百年前のお雛様」★

内野家に伝わる明治時代や大正時代のお雛様が特別公開されています。7段飾りのお雛様など3組の様々なひな人形が、訪れた人をお迎えしてくれます。

日程: 3月5日(日)までの土、日曜日 10時~15時30分
場所: 内野邸(小田原市板橋602)※駐車場はありません
料金: 150円 (入館料)
主催: 板橋まちなみファクトリー内野邸プロジェクト実行委員会
問合せ: 電話0465-23-1377(小田原市郷土文化館)


★2月26日開催 第21回 地球市民フェスタ2017 ~小田原で世界旅行 家族みんなで出かけよう!~★

今回で21回目を迎える「地球市民フェスタ」は、小田原市内外で活動する国際交流団体のみなさんと小田原市が行う国際交流イベントです。この日は、会場が「小さな世界」となり、世界の民族衣装を着られたり、世界の味を楽しめたりと世界のさまざまな文化に触れることができます。

日時: 2月26日(日)10時~16時
場所: 川東タウンセンターマロニエ(小田原市中里273-6)
内容: 国際交流団体の活動発表、世界各国の料理、世界の歌と踊りほか
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/exchange/topics/festa2017.html

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月11日から19日まで開催されていた「おだわら城町アートプロジェクト~小路(まち)を歩くアートを歩く~」に行ってみました。
会場の旧瀬戸たばこ店では、クラフト作家さんたちの作品が1階の展示会場にたくさん並び、2階は墨絵の現代アート作品が展示されていました。賑やかな会場には、子供から大人までたくさんの人たちが訪れ、気に入ったクラフト作品を見つけて作家さんと楽しそうに話をする姿や、2階の展示会場で丁寧な細工を施された書院造の格子を眺め、現代アート鑑賞を楽しんでいる姿ありました。こうした集いの場が、さまざまな形で広がっていけばいいなと思います。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2017/03/14 09:19 | 未分類

2017年03月14日(火)

2/14メルマガ@おだわら・文化(第13回図書館総合歴史講座 文学資料で紐解く牧野信一・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★3月4日開催 第13回図書館総合歴史講座 文学資料で紐解く牧野信一 小田原市立図書館所蔵牧野信一資料を中心に★


牧野信一は、小田原で生まれ、小田原や足柄を舞台とする独特な幻想的小説を残した郷土の作家です。
今回、長年牧野信一を研究してきた柳沢孝子氏を講師に迎え、小田原市立図書館所蔵牧野信一資料のなかから自筆原稿や貴重な同人誌を使い、牧野文学を読み解く図書館総合歴史講座を開催します。

日時: 3月4日(土) 午後1時30分~3時30分(開場 午後1時00分)
場所: かもめ図書館 2階視聴覚ホール(小田原市南鴨宮1-5-30)
※駐車場が混み合いますので、当日は公共交通機関をご利用ください。
講師: 柳沢 孝子氏(開智国際大学教授)
定員: 80名(先着順)
申込み: 講座名・氏名・郵便番号・住所・電話番号を明記の上、メールまたは電話にて。
E-mail tosho@city.odawara.kanagawa.jp 電話 0465-24-1055 (市立図書館)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/liblaryevent/p21865.html


★2月18日・19日開催 アートめぐり×スタンプラリー★

2月11日から始まった「おだわら城町アートプロジェクト歴史的建造物活用事業」。会場となる3ヶ所のスタンプを集めてると、コドモ・アート・オリジナル缶バッチがもらえるスタンプラリーが開催されます。
※スタンプラリーの用紙は会場にあります。

日時: 2月18日(土)、19日(日) 10時~15時
場所: 旧瀬戸たばこ店(小田原市本町)、旧松本剛吉別邸(小田原市南町)、小田原宿なりわい交流館(小田原市本町)
方法:
1.会場(旧瀬戸たばこ店、旧松本剛吉別邸、小田原宿なりわい交流館)でスタンプ用紙をもらう。
2.会場(旧瀬戸たばこ店、旧松本剛吉別邸、小田原宿なりわい交流館)の3ヶ所にあるスタンプ用紙に押す。
3.最後に旧瀬戸たばこ店、旧松本剛吉別邸に持って行き、缶バッチと交換。

作品提供: NPO法人アール・ド・ヴィーヴル
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/170211shiromachiart.html

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、いけ花文化の種まきを始めた「花みずきの会」をご紹介します。
花みずきの会は、日本の季節、日本人の感性を大事にした「いけ花文化」の将来に危機を感じ、いけ花小原流有志で昨年4月に結成したそうです。12月、そして2月と企画した講座は、すべて満員御礼。幅広い年齢層の方が参加してくれて嬉しいという代表の鈴木あさみさんは、「花に触れたいけれどなかなか機会のない方々などが、講座を通じて、いけ花に興味を持つきっかけになったり、花のある生活を楽しむきっかけになれば」とおしゃっていました。
4月にも日本の伝統行事に合わせたいけ花講座を開催されるそうです。お楽しみに。
※今後の講座の問合せについて、下記まで。
花みずきの会 鈴木あさみ 090-4700-2644 asami-s@msc.biglobe.ne.jp

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

続きを読む...

2017/03/14 09:17 | 未分類

2017年02月14日(火)

2/7号メルマガ@おだわら・文化(就労継続支援B型事業所 アール・ド・ヴィーヴル オープンアトリエ・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★2月9日~12日開催 就労継続支援B型事業所 アール・ド・ヴィーヴル オープンアトリエ(予約不要)★

昨年4月に障がいのある人たちの表現活動を仕事にする福祉事業所を開所したNPO法人アール・ド・ヴィーヴルのアトリエ(仕事場)が公開されます。オープンアトリエでは、作品や普段の仕事の様子が紹介されるほか、グッズ販売もあるそうです。ぜひこの機会にアトリエまで出かけてみてはいかがでしょうか。

日程: 2月9日(木)~12日(日) 10時~16時
※13日(月)~15日(水)も見学可能です。この日程をご希望の方は、ご相談ください。
場所: NPO法人アール・ド・ヴィーヴル(小田原市久野906アネシスヒルズ102)
【バス】小田原駅西口2番のりば 久野 兎河原循環[柿木田]下車徒歩4分
小田原駅東口2番のりば 諏訪ノ原フラワーガーデン行き[中宿]下車徒歩2分

【関連事業】
★2月11日開催 アートワークショップ・ミニトーク(申込制)★

アール・ド・ヴィーヴルの利用を検討されている方や事業所にご興味のある方向けのイベントです。

日程: 2月11日(土)
◆アートワークショップ 13時~14時
養護学校の高校生・特別支援級の生徒さんのためのアートワークショップです。
講師: 中津川浩章(美術家/アール・ド・ヴィーヴルアートディレクター)
※アールのワークショップが初めての方限定。
◆ミニトーク 14時~15時
事業所「アール・ド・ヴィーヴル」の仕事を紹介します。

申込み・問合せ: メール又は電話・FAXで。
E-mail info@artdevivre-odawara.jp 電話&FAX 0465-25-4534

★【おだわら城町アートプロジェクト ~小路(まち)を歩くアートを歩く~】シリーズ
2月18日・19日開催 旧松本剛吉別邸 雨香亭×現代アート展「集いの間、独りの間」~アートで茶室再生~★

明治の政治家 松本剛吉の別邸に建てられた茶室「雨香亭」。2つの茶室がアートと融合し、新たに再生された空間へと誘います。アート空間での朗読会も開催。今年度のアートマネジメントワークショップ参加者が運営に携わっています。

日時: 2月18日(土)・19日(日) 午前10時~午後4時(19日は午後3時まで)
場所: 旧松本剛吉別邸 雨香亭(茶室) ※小田原市南町
出展: 朝比奈 賢(現代美術作家)、御幸 菜穂子(朗読家)、作品協力…利根川 佳江、 ノモトヒロシ
運営: アートマネジメントワークショップ参加者
主催: おだわら文化事業実行委員会(小田原市/一般財団法人小田原市事業協会)
問合せ: 小田原市役所文化政策課 TEL 0465-33-1709
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/170211shiromachiart.html

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小田原市では、障がいのある方への就労支援と障がいのある方への理解を深めることを目的として、市役所2階で手作り品の販売を行っています。毎週火・木・金曜日の午前11時30分から午後1時30分まで、市役所2階(障がい福祉課13B窓口前の通路)にて販売しています。この取り組みに参加している事業所が交互に出店し、手芸品やお菓子、パンなどが並びます。毎週楽しみにしているこの取り組み。
参加している団体は、今回ご紹介したNPO法人アール・ド・ヴィーヴルを含め、市内の10事業所が参加していますので、お近くにお寄りの際には、ぜひ足を運んでみてください。お気に入りの作品や美味しい食べ物がきっと見つかるはずです。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

続きを読む...

2017/02/14 10:11 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

RSS


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.