小田原市

おだわら・文化バックナンバーのカバー画像
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2016年09月26日(月)

9/20号メルマガ@おだわら・文化(和(なごみ)YOGA・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★9月22日開催 和(なごみ)YOGA★

和の文化はもちろん、和にマッチする海外の伝統文化も発信するギャラリー城山の和の空間で、四季折々の自然を感じ、展示されている芸術作品の中で、五感をフルに動かしながら、ヨガを楽しむ「和(なごみ)YOGA」が開催されます。
講師曰く、「ヨガもアートも大切なことは、技術ではなく「感じる心」です。」とのこと。

日時: 9月22日(祝・木) 10時30分~12時(10時受付)
※ヨガは1時間、そのあとお茶の時間があります。
場所: ギャラリー城山(小田原市城山1-6-36・小田原駅西口から徒歩3分)
講師: 大沼 朋子
料金: 2,000円(受講料・飲み物込)
定員: 10名
※老若男女、障害のあるなしに関わらずどなたでも参加できます。
持ち物: ヨガマット(バスタオル)、フェイスタオル、飲み物、運動しやすい服装(更衣室あり)
問合せ・申込み: 0465-30-2950(ギャラリー城山)
※20日・21日定休日のため、22日9時以降に電話で。


★9月24日開催 懐かしの映画主題歌を聴こう★
~平成28年度小田原市郷土文化館特別展「小田原が生んだ映画の世界」関連企画~

蓄音器やレコードプレーヤーで、小田原ゆかりの映画や小田原の映画館でも上映された邦画・洋画など懐かしの映画主題歌を解説も交えながら楽しめます。

日時: 9月24日(土) 13時30分~15時30分(13時開場)
場所: 小田原市郷土文化会館会議室(小田原市城内7-8・小田原城址公園内)
講師: 村田 淳一(懐かしのレコードを聴く会代表)
料金: 無料
定員: 20名(申込不要・当日先着順)
問合せ: 0465-23-1377(小田原市郷土文化会館)
【関連】10月16日(日)まで特別展「小田原生んだ映画の世界」が開催中です。詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/kyodo/topics/odawaramovie.html

★☆平成28年9月22日~平成29年3月11日開催 第63回小田原市民文化祭ミニ情報☆★
■第10回小田原映画祭~シネマトピア2016~■
日時: 10月2日(日)まで
場所: 小田原コロナシネマワールド他
主催: 小田原映画祭実行委員会
問合せ: 090-7214-6401(事務局大塚)
■マーチングフェスタ■
日時: 9月22日(木・祝)13時から
場所: 小田原アリーナ
主催: 小田原地区吹奏楽連合
問合せ: 0465-43-0250(橘中学校・大井)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/bunkasai63th.html

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

9月16日に第10回小田原映画祭の街かど上映会が、オービックビルで開催されていたので、18時30分から上映された鉾井喬監督の「福島桜紀行」を見に行ってみました。福島では、県内の桜の名所で順々に桜が咲き、1か月も桜を楽しむことが出来るそうです。震災から4年経った福島で、立ち入り禁止区域のバリケードの向こう側に咲き乱れる桜、観光客が少しずつ戻ってきた観光地の桜、庭に咲いている桜を楽しむ親子の風景など桜を通じて今の福島を知ることができました。
鑑賞後は、鉾井監督のゲストトークもあり、映画を通して改めて震災後の福島へ想いを馳せる時間になりました。
他ではなかなか鑑賞することのできない映画を見ることができる小田原映画祭は、10月2日まで開催されています。
詳しいプログラムは、下記URLをご覧ください。
http://www.odawara-cinema.com/home/program.html

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/09/26 17:19 | 未分類

2016年09月21日(水)

9/13号メルマガ@おだわら・文化(内野邸アコースティック&エレクトリックLive・他)

**★★今回のおすすめ★★**

★9月18日 内野邸アコースティック&エレクトリックLive
Vol.3 オープンマイク!in穀倉★

3回目となる今回のイベント。より多くの方へ板橋地区を身近に感じてもらうために、歴史的建造物の内野邸でライブを開催します。出演は、地元で活動をしているアーティスト『わをん』、『小嶺ダイスケ』など。
広報担当の山口さんは、「みんなで楽しい時間が共有できれば」とのこと。当日は、フリーオープンマイクで、歴史ある建物で音を鳴らす楽しみも体験できます。

日時: 9月18日(日)11時~16時
場所: 内野邸(小田原市板橋602)
料金: 無料
スケジュール・出演者:
【1st Stage】11時~11時30分 浅川&太田Beatles、11時30分~12時 シゲさん、12時~12時30分 小嶺ダイスケ
【2st Stage】12時30分~14時30分 フリーオープンマイク(参加無料!)
【3st Stage】14時30分~15時 てっちゃん、15時~15時30分 わをん、15時30分~16時 Apple Music Band
問合せ: 090-6348-8283(事務局 浅川)、0465-23-3667(内野邸 平本)
詳しくはFacebook専用ページ「内野邸アコースティック&エレクトリックLive」をご覧ください。


★9月23日まで申込 キャンパスおだわら行政講座「体験!まるごと金次郎」★

金次郎のエピソードや教えをまるごと体験できる全5回の講座です。昨年度大好評だった秋なす料理や幸運が舞い込む?!ミニわらじ作り、栢山周辺の史跡めぐり、菜種油を絞って行燈に灯をともしたり、様々な楽しい体験が盛りだくさん!

日程: 10月1日・8日・29日、11月12日・26日【全5回】土曜日午前
場所: 尊徳記念館、栢山周辺
料金: 1,500円/5回(別途実費あり)
講師: 小田原市地域婦人団体連絡協議会、尊徳記念館解説員、MOA美育指導員 久保寺律子氏ほか
対象: どなたでも・20名(多数抽選*ただし抽選の場合、市内在住のかたを優先)
託児: あり(10月8日を除く、おやつ代など1人1回ごとに100円かかります)
申込: 9月23日(金)までに電話又ははがき、電子申請で。
0465-33-1882(生涯学習センターけやき※土・日・祝日を除く)
はがきに講座名・〒・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・託児の有無を明記し、生涯学習センターけやき(〒250-8555 小田原市荻窪300)まで郵送。
小田原市ホームページにある「電子申請システム」メニューから、電子申請で。
問合せ: 0465-33-1882(生涯学習課生涯学習係)
詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/life_edu/topics/taikenkinjiro-h28.html
http://www.campusodawara.jp/

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週9月22日(木・祝)から小田原市民による芸術文化の祭典、第63回小田原市民文化祭がいよいよ始まります!
文化祭オープニングは、10月1日(土)の小田原音楽連盟のチャリティーコンサートを、2日(日)は小田原楽友協会が、ヴァイオリニストの松田理奈さんのコンサートを市民会館大ホールで開催します。9月30日(金)からは、小ホール展示室で、昨年度に引き続き、審査のない公募により様々な作品が展示される「アンデパンダン展」や美術と音楽のコラボ・コンサートなど、今年も盛りだくさんの企画で皆さんを楽しませてくれそうです。
来週のメルマガから、小田原市民文化祭のミニ情報を配信予定です。

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/09/21 10:34 | 未分類

2016年09月13日(火)

9/6号メルマガ@おだわら・文化(母なる川酒匂川フォトコンテスト・他)

**★★今回のおすすめ★★**

★9月15日まで募集中 母なる川酒匂川フォトコンテスト★

小田原を流れる酒匂川・鮎沢川水系の四季折々の美しさを伝えるとともに、古くから私たちに豊かな自然と恵みをもたらしてきたこの水系の自然環境を保全することの大切さを啓発するためフォトコンテストを開催しています。

応募資格: 特になし
応募作品:
・酒匂川水系をテーマにした未発表作品に限ります。
・カラー、モノクロプリントは四ッ切以下(ワイド四ッ切可)、デジタルA4可、組写真不可。
・応募点数に制限はありませんが、作品1点ごとに応募票を添付が必要です。
・応募作品は返却しません。(引き取りに来られた場合は返却します。)
・入賞作品にはネガ・ポジ・デジタルデータの提出をお願いします。
応募締切: 9月15日(木)まで
応募方法: 郵送又は持参
〒250-8555小田原市荻窪300 酒匂川水系保全協議会事務局(小田原市役所4階 環境保護課内)
発表: 入賞者の方には、平成28年10月末までに郵送又は電話でご連絡します。
※詳しくは、下記URLをご覧ください。応募票は、下記URLからダウンロードできます。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/envi/environ/sakawa/fotokontesutobosyuu28.html


★9月18日~10月2日 清水寛【木工】×山本真郎【陶】★

木工職人の清水寛さんと陶芸作家の山本真郎さんの作品が展示されます。
清水寛さんは、小田原市の地場産業である小木工品の世界と出会い、2002年に独立し、木工職人として、インテリア小物など生活に密着した日用品を手掛けてきました。そして、山本真郎さんも同じく2002年に独立をして南足柄市で工房を開き陶芸作家として活動されています。
10月2日は、自ら制作したカホンでライブ活動もしている清水さんが、パーカッションニストTincanさんとして出演するライブも開催予定です。

日程: 9月18日(日)~10月2日(日) ※22日、25日はお休み 10時~16時
場所: café mint cocoa(小田原市本町2-10-16)
※最終日10月2日は会場にて14時からLJ&Tライブ開催。(入場無料・投げ銭制)
問合せ: 090-2910-6695(café mint cocoa)

★:★:★***★:★:★
小田原の魅力ある文化や活動が盛りだくさん。
小田原文化レポーターFacebookや文化レポーターブログ、ぜひご覧ください。
また、キャンパスおだわら情報誌で文化レポーターの活動が掲載されています。
市内各所で配布しておりますので、ぜひご覧ください!!

文化レポーターについて(Facebookはこちらから)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/reporter/p14975.html

文化レポーターブログ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/reporter/reporter/

キャンパスおだわら
http://www.campusodawara.jp/

≪みなさんの情報を募集しています!≫
メルマガに情報を載せたい!文化レポーターに取材に来て欲しい!など、皆さんの情報をお寄せください。


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

8月23日号のメルマガで配信した「2016年第二金土デッサン会会員展」を観に行ってみました。
市民会館2階の展示室には、油絵や水彩画、デッサンの他、クロッキー(速写画)など約50点ほどの作品が展示されていました。
デッサン会は小田原の世界的画家・井上三綱らが40年以上前に立ち上げ会です。現在は、生涯学習センターけやきの美術工芸室で月に約3回のペースでデッサン会を開いています。
デッサン会やサークルに入って、活動をしてみたいなと思っている方は、まず、小田原市内の団体・サークルや講座・イベントなどが紹介されている「自分時間手帖」がオススメです。
「自分時間手帖」2016年度版は、5月31日発行いたしました。市内公共施設などで入手できます。情報誌と併せご活用下さい。
※詳しくはキャンパス小田原URLをご覧ください。
http://www.campusodawara.jp/

次回もメルマガをお楽しみに!

≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/09/13 11:54 | 未分類

2016年08月30日(火)

8月23日号メルマガ@おだわら・文化(2016年第二金土デッサン会会員展・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★8月31日~9月4日 2016年第二金土デッサン会会員展★

毎月、生涯学習センターけやきで活動している第二金土デッサン会による会員展が開催されます。
今回は、会員の油絵、水彩画やデッサンが、約50点展示されます。

日程: 8月31日(水)~9月4日(日)10時~18時(初日14時から、最終日17時まで)
場所: 小田原市民会館 2階 展示室(小田原市本町1-5-12)
問合せ: 47-8775(横田)


★9月1日~9月4日 チリアクターズ第14回公演 雨の濡らした夕月夜★

小田原に拠点を置き、現在は神奈川県内を中心に活動中の演劇集団“チリアクターズ”による公演が東京で開催されます。
今回は、オールチリアクターズにゲストを迎え入れ、総勢13名で怒涛のステージをお届けします。
第14回となる今回の公演は、「創作活動をする人のためのシェアハウス」に暮らす人々のお話です。
詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.chiri-actors.com/02stage/014rain/rain.html

日程: 9月1日(木)~4日(日)
場所: 参宮橋トランスミッション(東京都渋谷区代々木4-50-8参宮橋ゲストハウスB1)
料金: 前売1,800円、当日2,000円、学生1,000円(要証明書)
問合せ: info@chiri-actors.com


★9月6日~平成29年2月21日(全13回) アートマネジメント・ワークショップ2016小田原の歴史的建造物をアートで再生する★

平成23年度から小田原市で行っているアートマネジメント・ワークショップ、今回は、文化イベントの事業企画と実践を学ぶワークショップを開催します。
「アートでまちなかの賑わいを作る」をテーマに、小田原の歴史的建造物「旧松本剛吉別邸」や「小田原まちなか軽トラ市」など文化施設以外でのアートイベントの運営を学びます。

日程: 9月6日(火)~翌年2月21日(火) 19時~21時※例外あり
場所: 小田原市民会館ほか
料金: 無料
講師: 間瀬 勝一(市芸術文化活動専門員)ほか
定員: 20名(先着順)
対象: 原則として、すべての日程に参加できる方。高校生以上。芸術文化事業に関心がある方。
申込み: 9月5日(月)までに電話、あるいは応募用紙にて郵送・FAX・メール・直接提出にてお申込みください。
※応募用紙は下記URLからダウンロードできます。
電話 0465-33-1709 FAX 0465-33-1526 E-mail bunka@city.odawara.kanagawa.jp
住所 〒250-8555 小田原市荻窪300

※スケジュール等詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/artmane2016.html


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
携帯からURLにアクセスする場合、接続に制限のある方は、別途高額料金がかかる場合がありますので十分ご注意ください。

今回メルマガでお知らせした「アートマネジメント・ワークショップ2016」の会場となる歴史的建造物「旧松本剛吉別邸」は、今年の5月下旬からお庭と茶室の一般公開が始まったばかりの小田原のNEWスポットです。
南町西海子小路の小田原文学館の斜向かいにあり、山縣有朋(軍人・政治家)の影響を受けたと思われる主屋と草庵風の茶室、庭園を見下ろす小高い丘に待合が設けられ、緑豊かな中に点在しています。毎週木曜日から日曜日まで(11時~15時)に一般公開していますので、小田原文学館とあわせて巡ってみてはいかがでしょうか。
旧松本剛吉別邸の様子や公開情報について、詳しくは下記URLをご覧ください。

【文化レポーターブログ「西海子小路の由緒ある建物・庭が一般公開に」(6月15日・そうこ記)】
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/index.php?p=&d=field/lifelong/culture/reporter/reporter&c=&type=article&art_id=4951
【旧松本剛吉別邸公開情報】
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/p20642.html

次回もメルマガをお楽しみに!


≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/08/30 09:42 | 未分類

2016年08月23日(火)

8月16日号メルマガ@おだわら・文化(第13回外郎売の口上大会・他)

**★★今回のおすすめ★★**


★8月21日 第13回外郎売の口上大会★

今年も外郎売の口上大会が開催され、歌舞伎十八番「外郎売」の口上を基調に、子どもから大人まで幅広い年齢の仲間と共に声と表現によって創作した活動の成果が披露されます。全体構成の善波さんから「新・小田原城 平成の大改修を記念しての演目「小田原北条稲荷伝説」、小田原ゆかりの童謡作家北原白秋訳の「まざあ・ぐうす」の舞台にもどうぞご期待ください。」とメッセージをいただきました。ぜひ「外郎売」の口上と言葉遊びを楽しむ口上大会に出かけてみてはいかがでしょうか?

日時: 8月21日(日)14時開演(13時30分開場)
場所: 小田原市民会館大ホール
料金: 入場無料・全席自由
出演: 西村直人(特別ゲスト、音楽家・音楽療法士)、城カーズ、おだ笑ぼっち、善波裕美子(全体構成)、瀬戸葉子(全体補助)ほか
問合せ: 0465-35-5150(FMおだわら内 外郎売の口上研究会事務局)
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://uirouri.jp/

★8月22日~29日 雪舟国際美術協会特別展~書画への架け橋~★

8月22日から雪舟が追及した「書画」に焦点を当てた特別展が東京都美術館で開催されます。
海外に眼を向け高いレベルの創作に挑戦した雪舟の精神を引き継ぎ、世界へチャレンジしたいという志を持つ現代アーティストの書・日本画・水墨画が、多数展示されます。
今回、文字だけで絵を描く独自の表現でメディアでも度々紹介される小田原市在住の現代アーティスト、小林真澄さんの新作も展示されます。今回の新作は夏をテーマに「なつ、あさがお、じょうきげん」という文字を絵にしたそうです。
皆さんも絵に隠れた文字を探しながら作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。

日程: 8月22日(月)~29日(月)9時30分~17時30分(最終日のみ17時まで)
場所: 東京都美術館 2階第3・4展示室(東京都台東区上野公園8-36)
※出展作家が来場者に書や水墨画を教える「雪舟書画塾」も同時開催。作家の公開制作も行います。(参加費無料・月~金の平日)
※土日のみ、作家によるギャラリートークで、作家自身の口から作品への想いを聞くことができます。
小林真澄さんのギャラリートークは、27日(土)14時過ぎからです。
※特別展について、詳しくは下記URLをご覧ください。
雪舟国際美術協会HP http://www.reijinsha.com/sesshu.html
※小林真澄さんについて、詳しくは下記URLをご覧ください。
かくれ文字絵創始者~小林真澄の世界~ http://ameblo.jp/mmtrk5803/


★9月20日~12月13日全13回 報徳塾「尊徳翁と思想を広めた門人たち」★

報徳仕法や尊徳翁の教え・功績が広まり、現在も深く息づいているのは、門人たちが日本各地で教えを受け継ぎ実践したり、尊徳翁のことを伝える書物を書き残したりしたからだということをご存知ですか?
今回、キャンパスおだわら行政講座では、報徳塾「尊徳翁と思想を広めた門人たち」として、尊徳翁の事績と教え、その教えを広めた門人たちの功績について、座学を中心に学びます。

日時: 平成28年9月20日(火)~12月13日(火)【全13回】主に火曜日の午前
場所: 尊徳記念館ほか
料金: 2,500円/13回
講師: 松尾公就(昭和館図書情報部長)、小田原報徳実践会、尊徳記念館解説員ほか
対象: どなたでも・30人(多数抽選)*ただし抽選の場合、市内在住のかたを優先
※託児なし
申込: 9月6日(火)までに①電話で。生涯学習センターけやき ℡0465-33-1882 ※土・日・祝日を除く②小田原市ホームページにある「電子申請システム」メニューから、電子申請で。③はがきに講座名・〒・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記し、生涯学習センターけやき(〒250-8555 小田原市荻窪300)まで郵送。
問合せ: 小田原市文化部生涯学習課生涯学習係(生涯学習センターけやき内)33-1882
※詳しくは、下記URLをご覧ください。
小田原市ホームページ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/life_edu/topics/houtokujuku-h28.html
キャンパスおだわらホームページ
http://www.campusodawara.jp/


【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
携帯からURLにアクセスする場合、接続に制限のある方は、別途高額料金がかかる場合がありますので十分ご注意ください。

先日、平塚美術館で開催されている「開館25周年記念 不思議なアート トリック トリック ハッ!と トリック」という企画展に行ってきました。
展示されている作品は自分の目を疑ってしまう作品ばかりで、中でもどの位置から作品を見ても少女と目が合ってしまう作品がとても不思議な作品で印象的でした。
この企画展は28日まで開催されています。平塚美術館のエントランスホールでは、小田原に作業場があったという湘南ゆかりの現代彫刻家・三沢厚彦さんの高さ約3mのユニコーン2体が皆さんを出迎えてくれますよ。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/2016203.htm

次回もメルマガをお楽しみに!


≪メルマガ@おだわら・文化≫
小田原市文化政策課
〒250-8555 小田原市荻窪300番地
Tel.0465-33-1707(直通)
bunka@city.odawara.kanagawa.jp

2016/08/23 16:04 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

RSS


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.