小田原市

子育て・教育

学校給食について(受付:平成28年5月)

手紙の要旨

学校給食センターがあることに感謝している。学校給食があるから親も安心して学校へ送り出すことができると感じている。
しかし、子供たちから、中学校の給食は小学校の給食と比べ肉の油が固まっていたり、塩分が強く食べられなかったと聞くことがある。給食センターの見直しや試食会の開催、給食費のあり方を再確認すべきではないか。

手紙への回答

本市の学校給食は、昭和22年3月に小学校8校において、味噌汁またはミルクの補食給食を実施したことから始まり、現在、公立の小学校25校・中学校11校・幼稚園2園で、単独調理校方式、または共同調理場方式で完全給食を実施しています。小学校20校の給食室では、その小学校で食べる給食を作っており、この他、学校給食センター、共同調理場3場の計24箇所で小中学校の給食を作っています。また、学校給食センター、共同調理場3場では、給食を作ったあと、小学校5校、中学校11校、幼稚園2園まで給食を運んでいます。
ご指摘の学校給食センターは、中学校8校の給食を作っており、2コースに分けそれぞれ中学校4校分ずつの給食を順に調理しています。調理について確認したところ、出来上がりが早い学校では温度が下がり、油が固まりやすくなることや、中学生用の主菜となる肉は量があるため、肉から出る油も小学校に比べて多くなることもあるとのことです。ご指摘のとおり、肉の油が固まってしまっては、見た目もよくなく食欲が減退してしまうため、調理の際にはよく油をきり、衣をつける、焼き上がりにソースをかけるなど、おいしく食べることができるよう工夫していますが、ご意見を受け、今後もさらに気を付けていくと報告を受けています。
塩分についてのご指摘ですが、塩分量は、文部科学省の学校給食基準(一食3グラム未満)に基づき使用しており、主食(ご飯、パン、麺)に合わせて食べるおかずとして、生徒からちょうど良い、おいしいと言ってもらえるよう、複数人数で出来上がりの味を確認しているとのことです。こちらについても、今回のご指摘を受け、主菜、副菜ともに、おいしく食べてもらえる塩加減になるよう、さらに努めていくと報告がありました。
給食の量や質に関しては、多くの学校でPTAの主催により、保護者を対象とした試食会を開催しています。調理場の担当栄養士が給食についての説明などをさせていただくとともにアンケートを実施し、味や量についても多くのご意見をいただいており、献立作成の参考にしています。
最後に、ご負担いただく給食費についてですが、給食費は、学校長、PTA、栄養士などの代表で構成されている学校給食会の給食費検討委員会で決定しています。この検討委員会では、年間の給食回数や物価の状況と併せ、文部科学省のモデル献立を参考にしながら量や質を考慮し、3年毎を目途に検討を行うこととしています。
今後も子どもたちの意見、感想や、保護者の皆様のご意見などを参考に、多くの子どもたちにとっておいしく、安心・安全な学校給食を提供し、郷土の食文化を大切にする心を育み、自らの健康について考えるなど、食育にも役立てていきたいと思います。

                                                                                                                     (関係課:保健給食課)
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2016年08月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.