小田原市

子育て・教育

母子健康手帳の交付場所の縮小について(平成29年4月)

手紙の要旨

4月から母子健康手帳の交付場所が、これまでの市内17か所から、保健センター(子育て世代包括支援センター「はっぴぃ」)1か所に変更されたのはなぜか。

手紙への回答

母子健康手帳の受け取り場所を17か所から1か所にしたことについてですが、母子健康手帳を交付する際にご提出いただく妊娠届出書には、妊娠、出産、子育て、健康に関するさまざまな相談をご記入いただいています。これまで市内の各支所などで交付した場合には、届出書が保健センターに届いてから相談内容にお答えしていたため、時間差ができてしまい、即座に対応できませんでした。
さらに、児童福祉法等が一部改正され、各市町村で子育て世代包括支援センターを設置し、このセンターにおいて、すべての妊産婦さんの状況を把握し、専門的な見地から対応することが盛り込まれました。
これを受けて、本市では産後も乳幼児健康診査や休日夜間急患診療所として、ご利用いただく保健センターに子育て世代包括支援センターを設置し、この場所において、母子健康手帳を交付し、妊婦さん一人一人と保健師や母子保健相談支援専門員が面談させていただくことにしました。交付場所は縮小しましたが、妊婦さんに母子健康手帳をお渡しする時に直接、出産・育児に対する不安や悩みを聴き、一緒に考え、情報提供やアドバイスを行い、妊婦さんが安心して出産、育児ができるよう、お手伝いさせていただきたいと考えています。なお、どうしてもお越しいただくことが難しい場合には、子育て世代包括支援センターまでご連絡くださるようお願いします。

 (関係課:健康づくり課)
 
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2017年07月25日


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.