小田原市

暮らしと防災・防犯

広域避難所の指定について(受付:平成29年3月)

手紙の要旨

現在の広域避難所の指定に疑問を感じているが、どのように指定されているのか。

手紙への回答

まず、本市における震災時の避難などについてご説明します。
地震による火災、自宅の被災、崖や倒壊建物による2次被害の危険などがある場合に、一時的に避難し、地域住民の安否を確認する避難場所として一時避難場所があります。一時避難場所は、自治会などを中心とした自主防災組織ごとに設置していただいています。
次に、火災延焼などから一時的に身を守るとともに、火災や家屋倒壊などにより住家を失い、他に生活を送る場所が無い市民の方が当面の避難生活を送る場所として、市で市内の小学校を広域避難所として指定しています。
また、避難者数が多く小学校で収容ができない場合や、液状化などで小学校の建物に被害が発生するなど、広域避難所で避難者を収容することが不可能な場合に備え、市内の中学校などを広域避難所2次施設として指定しており、さらに、広域避難所や、広域避難所2次施設に収容することが不可能な場合は、市内のその他の公共施設などを活用することとしています。
 
(関係課:防災対策課)
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2017年06月28日


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.