地域経済

小田原市街地図の方位について(平成30年5月)

手紙の要旨

観光案内所でもらった「小田原市街地図」は、北の方位が北東方向に傾いている。国土地理院の基準に従って、原則、地図は北を上にするべきだと考える。広報紙などに掲載される地図も同様である。

 

手紙への回答

 基本的に周辺案内図や観光マップ「小田原市街地図」などのメインユーザーである観光客にとっては、「現在地はどこなのか」、「目的地はどこなのか」、「現在地から目的地までは、どのルートをたどれば、どの位の時間で行けるのか」ということが非常に重要であると考えております。
 そこで、本市としてはニーズの高い情報を簡潔かつ明確に示すため、限られた紙面や板面の許す限り縮尺が大きい地図を掲載し、利用者の利便性や見やすさを高めているところです。
 先日、「日本まち歩きフォーラムin小田原」の実行委員会発足記念講演会において、まち歩き観光の先進地である長崎市の取組みについて、ご講演いただきましたが、長崎市も本市と同様の理由から、方角よりも見やすさを重視した地図を多数発行し、多くの観光客に利用していただいているとのことでした。
 以上のことから、ご提案の観光マップなどの大幅な修正は、当面は考えていませんが、今後も引き続き、観光客のニーズ把握に努めて、小田原市観光戦略ビジョンの方向性に沿った施策を積極的に展開していきたいと思います。
 また、市の広報紙などに掲載される地図についても、ご意見をいただきました。
 ご指摘は広報5月号に掲載した「生活関連施設マップ」のことかと思いますが、これは市域の公共施設の場所を全体的に表すとともに、その施設の電話番号を裏面の電話帳により確認できるよう作成したもので、限られた紙面の中で必要な内容を見やすく表示するため、この掲載方法をとっています。
 地図の作成について、市として決まりを設けることは考えていませんが、今後も、その目的や用途に応じて、必要な情報の見やすさと利用者の利便性に留意しながら掲載方法を検討していきたいと考えていますので、ご理解をいただきますようお願いします。
 
(関係課:観光課、広報広聴課)
 
 
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2018年11月02日


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.