小田原市

歴史・文化

国指定史跡の指定について(受付:平成27年9月)

手紙の要旨

星崎記念館などがあるところは、史跡内なので新たな建築は許されないものと認識している。

この史跡整備については、基本方針が定められているとのことだが、整備の具体計画はどのように進めているのか。

手紙への回答

史跡小田原城跡の本丸・二の丸部分はどのような将来像が望ましいのか、そのビジョンを描いたものが平成5年に策定された「史跡小田原城跡本丸・二の丸整備基本構想」です。この構想では、城址公園内の公共施設を史跡外へ移転することが位置づけられていますが、これは、これらの公共施設が存在し続けることについて、以前、文化庁から史跡の保存と活用にとって好ましくないと指導されたことを受けてのものです。 

この整備基本構想に基づき、これまで住吉堀や銅門、馬屋曲輪と馬出門といったように、曲輪を一つの単位として整備を進めています。曲輪の整備では、その都度、発掘調査の実施とともに基本計画、基本設計、実施設計といった手順で立案し、文化庁や県教育委員会、本市で設置している史跡小田原城跡調査・整備委員会との協議のもと、文化庁長官の許可を受けたうえで整備を進めているもので、現在は御用米曲輪の整備を進めているところです。 

なお、こうした中で、いくつもの公共施設を史跡内から移転させていくことは、移転先の確保や予算など大きな問題が伴いますので、基本構想で示された順に進めているとは言えない面もあります。

いずれにしても、史跡の整備は往時の小田原城のあり様を今に伝える重要な事業であり、着実に整備を進めるよう努めていきたいと考えています。 

今後もしっかりと未来を見据えつつ、史跡小田原城跡の保存と活用に努めていきます。 

     

                                         (関係課:文化財課)

  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2015年11月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.