小田原市

歴史・文化

市民会館の5、6階の閉鎖について(受付:平成28年5月)

手紙の要旨

活動の場として市民会館の和室を利用してきたが、6月から、5、6階が閉鎖になり、和室の利用ができなくなる。UMECOには和室がなく、あれだけ広い和室は貴重であり、全館閉館になるのではないのだから和室だけでも利用させて欲しい。
市民会館は耐震工事も行い、これからも利用できると思っていた。災害時には避難所にもなるのに機能するのか。

手紙への回答

市民会館本館は、昭和40年に建設されてから50年以上が経過しており、これまで必要な保守を行い維持管理に努めてきました。また、耐震補強工事は行いましたが、内部設備、特に空調設備や給排水設備の経年劣化が著しく、皆様に安全、快適にご利用いただくことを考慮すると、貸館として長期にわたって利用することは困難な状況です。
施設の現状やおだわら市民交流センターUMECOなど新規施設の開設を踏まえ、順次、市民会館の諸室を閉鎖していく必要があると考えており、この度5階、6階を閉鎖することとしました。また、ご要望の閉鎖階の和室のみを利用可能とすることについては、セキュリティやランニングコストの面からも困難であることをご理解ください。
7月以降、和室の利用を希望される場合は、他施設の和室、生涯学習センターけやきの和室(定員85名)などをご利用いただければと思います。
なお、生涯学習センターけやきは、現在耐震改修工事を行っており、工事が完了する平成29年3月までは、一時使用できない期間があります。また、各施設により利用の基準が異なりますので、ご利用の際は、あらかじめ電話などでご確認をお願いします。
また、ご意見にありましたとおり、市民会館は、市内に津波が発生した場合や発生するおそれがある場合などに、一時的に緊急避難するための施設として指定しており、引き続き、津波一時避難施設(津波避難ビル)としてご利用いただけるようにしています。

                                                                                                               (関係課:文化政策課)
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2016年08月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.