小田原市

歴史・文化

長崎電気軌道の市電車両の保存について(受付:平成28年6月)

手紙の要旨

長崎県長崎市にある長崎電気軌道では、昭和32年の箱根登山鉄道小田原市内線の廃止に伴い箱根登山鉄道から移管された車両が今も現役で走り続けている。
いずれこの車両が引退する際には、鉄道遺産の一つとして、県西鉄道網の要衝である小田原駅前で公開保存をしてはどうか。文化都市小田原の魅力が伝わると考える。
実現に向けては、輸送費など多くの課題があると思うが、ぜひ検討してほしい。

手紙への回答

ご意見のとおり、都市小田原の発展史を考えるうえで、交通は非常に重要な意味を持っています。特に鉄道が担った役割は大きく、ご承知のとおり小田原には5路線が乗り入れており、また、その一方で廃止された路線区間もあります。お寄せ頂きました長崎電気軌道の車両は、箱根登山鉄道小田原市内線を走っていたものであり、小田原の発展を考えるうえで貴重な資料であると思います。
本市でも、車両が長崎電気軌道で走行しているということを把握していましたが、ご提案にもありましたとおり、本市での公開・保存となると多くの課題があるかと考えます。しかし、小田原にとって貴重な資料でありますので、今後より一層情報の収集に努めていきたいと思います。  
 
                                       (関係課:生涯学習課)
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2016年09月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.