自然環境

ごみと資源の出し方について(受付:平成29年8月)

手紙の要旨

ごみ捨て指定場所においてルール違反が目立ち、生活環境を悪化させている。特に市で処分できない産業廃棄物の放置が問題で、市は警告文を張り出して注意を呼び掛けているが、悪質なものは罰金を科したり、公表した方がよいと思う。

 

手紙への回答

ごみ集積場所におけるルール違反のごみについては環境事業センターが調査し、排出者が特定できる場合は直接指導を行っています。
ごみの不法投棄については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」において、不法投棄についての罰則が規定されていることから、改めて市独自で罰則などを設けることは考えていません。
しかし、法律の規定を運用し、明らかに不法投棄と判断される場合は、適宜警察に連絡するなど、警察と連携した対応を行っています。
また、危険な事業系ごみを放置している民間事業者などに対しては、すでに指導を行っていることから、今後も引き続き指導の徹底を図っていきます。
なお、事業所から出る廃棄物の放置などがされている特定のごみ集積場所がありましたら、お手数ですが環境事業センター(電話0465-34-7325)までご連絡ください。
 
(関係課:環境政策課)
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2018年01月15日


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.