小田原市

市民自治・地域経営

固定資産税の課税状況について(受付:平成29年10月)

手紙の要旨

 先日、民放放送で「固定資産税の課税における全件調査」について紹介された番組があったが、小田原市でも調査する必要があるのではないか。

手紙への回答

 先日放送された内容は、固定資産税における土地の軽減制度の適用について、それがなされているかを調査したものでした。
 本市では、土地の軽減制度の適用について、建築確認情報などにより把握した新増築時の家屋調査の際に、建物の用途を確認し、住宅として使用している敷地に関しては住宅用地の特例を適用するといった確認をしております。
 また、家屋の用途変更や、畑を駐車場にするなど、土地の用途変更をされた場合などについては、所有者に申告するよう、本市の広報紙などにより周知を図っておりますが、不動産登記や農地転用などの情報、航空写真の活用や必要に応じた現地確認などにより正確な情報の把握にも努めております。
 ご提案にありました「固定資産税の課税における全件調査」につきましては、調査に相当な時間と経費を要するといった課題も多く、実施は難しいと考えております。
 なお、「固定資産税の課税の確認」について、本市ではお持ちの資産の確認ができるよう、納税通知書発送の際、課税明細書を同封しております。
 また、ご自身の所有する土地・家屋と、他の方が所有する土地・家屋の評価額を比較し、ご自身の土地・家屋の評価額が適正であるかをご確認していただけるよう、毎年4月から5月末日までの間に、土地価格等縦覧帳簿及び家屋価格等縦覧帳簿を閲覧できる制度を設けておりますので、ご活用いただければと存じます。

(関係課:資産税課)
  • 寄せられた手紙は、分かりやすい表現で要旨をまとめています。
  • 回答は、原文を基本としていますが、個人や団体が特定されないようにするとともに、主旨を変えないようできるだけ分かりやすい表現にしています。
  • 公開している手紙への回答は、回答時現在のものです。回答時の内容から状況や制度等が変更になっていることもあります。

最終更新日:2018年03月16日


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.