小田原市

第6回目 「外国出身者への日本語指導」2月1日(月)

外国出身の方々へボランティアで日本語指導を行っている「いろはの会」の皆さんの活動現場を訪問しました。

現場訪問01

 国際交流ラウンジで会員の皆さんが外国出身の方々に日本語指導をされている様子を見学しました。
 「いろはの会」の皆さんは、国際交流ラウンジや市民サポートセンターで週に3回、小田原市やその周辺に在住する外国出身の方々への日本語指導を行っています。


現場訪問02

 その後、会員の皆さんと懇談を行いました。
 皆さんからは、活動を始められたきっかけ、日々のご苦労などをお聞きしました。
 また、皆さんが一番心配されていることは、外国人の子どもたちの教育の問題で、もっとサポートしていきたいが、今の会員数では、現在の活動だけで手一杯であることなどをお話しいただきました。  


市長の日記より
---------------------
平成22年2月2日(火)「いろはの会」
---------------------
 昨日は、第6回目となる「市長の現場訪問」で、小田原在住の外国人の皆さんに日本語を教えるボランティア活動に取り組んでいる「いろはの会」をお訪ねしました。

 現在、小田原市には約1,900人の外国籍の方が在住しておられますが、この中には、生活上日本語でのコミュニケーションが必要でありながら、遠方の日本語学校に通うこともできず(日本語学校は学費もかかる)、苦労をされている人たちがたくさんいます。いろはの会では、週に3回、1回当たり90分間、ほぼマンツーマンでボランティアの方が日本語を教えています。受講料は、1回当たり100円だけ。講師・会員として活動されているのが現在20名ほど、生徒として受講されている方は約60名ほどだそうです。

 昨日は、栄町にある国際交流ラウンジでのレッスン風景を拝見すると共に、終了後にサンドイッチを食べながら講師の皆さん方と意見交換をさせて頂きました。生徒さんは8名、それぞれに講師がピッタリとつき、懇切丁寧に日本語を教えておられました。生徒は、ブラジル、中国、韓国、ルーマニア、イギリスなど、多彩な国籍。属性も、3人のお子さんを持つお母さんから、英会話教室の講師まで、様々のようでした。それぞれの生徒さんに話しかけさせてもらいましたが、皆さん既に一通りの自己紹介は出来るレベルになっておられました。

 日本人のご主人と結婚され、お子さんも学校に通うようになったが、学校での宿題について聞かれたときに、読み書きが出来ないと応えられない。だから、ここでは読み書きを教えてもらっている、そんなことを話してくれた生徒さんもいました。また、新聞折込のチラシを教材としながら、生活の中で必要な買い物の仕方なども含めて教わっている生徒さんも。日本語に関する具体的なニーズのあり方は様々ですが、時には生活上の相談などにもアドバイスをされている講師の皆さんは、本当に丁寧に、教材などを工夫されながら指導されており、頭の下がる思いでした。

 レッスン終了後の意見交換会では、10名の講師さんたちそれぞれから、どのような経緯でこの活動に関わるようになったのか、伺ってみました。ご主人の仕事の関係で数年間海外滞在したときに、現地の方にとてもお世話になった、今度は自分が何か役に立ちたい。子育ても一段落したので、かつて学んだ日本語教育の知識や経験を活かし、何かお手伝いがしたい。アメリカではボランティアと言うものが至極当たり前にあって、市民と行政の関係もとてもスムース、市民の力がまちづくりに活かされている、自分も日本でそのような活動ができないかと思った。など、経緯は様々ですが、皆さんたいへんしっかりした考えを持ち、そしてこの「仕事」をするために自ら研修を受けたり教材の工夫をされたりしながら、取り組んでおられます。日本人である私たちにはなかなか触れる機会がありませんが、在住外国人の方々にとっては、実に心強い存在であることは間違いありません。

 講師の皆さんが「これができたら」と考えていることは、在住外国人の子どもたちで、日本語がままならない状態の子達に、土曜学級のような形でのサポートができないか、ということ。そのためには、もっと「講師」役をやってくれる会員が必要だそうです。行政としても、何かの応援が出来ないか、リサーチしなくてはと感じます。

最終更新日:2011年03月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.