小田原市

第3回目「緑化活動」8月26日(木)

「下府中コミュニティShin2(シンシン)」の活動を訪問しました。

現場訪問

団体の皆さんは下府中小学校で校庭の芝生の維持・管理を行っています。朝6時半から地域のご婦人方による「おはよう健康体操」に加わった後、校庭の芝刈り、散水作業のお手伝いをしました。


 

その後、懇談を行いました。その中で、芝生は「ほこりが立たない」「けがが少なくなる」などのメリットがある一方、「費用がかかり維持が大変」などの懸念も抱えているとのお話もありました。


市長の日記から

-------------------------------------
平成22年8月27日(金)「下府中のチャレンジ」
-------------------------------------
 26日は早朝より、市長の現場訪問として下府中小学校をお訪ねしました。昨年より取り組まれている校庭の芝生化を支える取り組みの様子を伺うためです。

 朝6:30前に同校に到着すると、まず校庭を覆い尽くしている芝生の鮮やかな若草色が目に飛び込んできました。そして、すでに多くの地域住民の皆さん方が、酷暑の夏には欠かせない水遣り作業に取り掛かっておられました。この方々は、Shin2(シンシン、心身、真・信などの意を込めている)という下府中地区の皆さんによる団体で、もともとはサッカーなどを中心とする地域のスポーツクラブが母体となっています。

 地域で子供たちへのサッカー指導を活動の中心として取り組んでおられますが、以前はなかなか芝生の練習場がなく、苦慮していたそうです。そんな中、日本サッカー協会が主唱しての「グリーンプロジェクト」、つまり学校の校庭などを芝生化する取り組みへの支援事業があることを知り、地域を挙げてこの事業に応募、高い倍率の中を採択されました。そして昨年、「未来をつくる苗を植えよう」とのスローガンの下、Shin2が「下府中グリーンプロジェクト」を立ち上げ、大勢の地域住民の皆さんによる芝生の植え付け、育成が続けられ、短期間で見事に芝生のグランドを現出させたのです。その実現に当たっては、発起人であるスポーツクラブの指導者の皆さん、指導に当たられた湘南ベルマーレの皆さん、下府中連合自治会や体育協会など地元諸団体の皆さん、下府中小学校のPTAおよび教職員の皆さんなど、実に多くの人たちの理解と参画があってこその道のりだったそうです。

 芝生のグランドに足を踏み入れて驚きましたが、既に地表面から5センチほどの厚さで芝がビッシリと茂っており、足裏から柔らかな感触が心地よく伝わってきます。散水作業が行われている芝生の上にはトンボが飛来しています。空気がとても新鮮な気がします。
 夏場の水やり作業をどうやって継続するか知恵を絞ったそうですが、朝の健康体操を毎日行い、そこに地域の皆さんに集まってもらうことにしたそうで、昨年から下府中小学校では、朝のラジオ体操に加え、地域のご婦人方による健康体操が、6:30から7:00の間に行われます。この前後に、芝生の管理作業も合わせてやろう、という仕組みです。昨日も、朝から地域の親子連れやご婦人方、出勤前のお父さんたちなどが、ざっと見た感じでは70〜80人ほど来られていました。子供たちはサンダルを脱いで裸足で体操をしていました。実に気持ち良さそうでした。30分ほど、私も皆さんと体操をさせてもらいましたが、体の気の巡りがとても良くなったのです。これは、芝生の上でやっていることが大きいように感じます。体操をしながら、市内の多くの小学校校庭が芝生化され、そこで毎朝地域の皆さんが健康体操をするというのが、小田原の文化として定着したなら、人々の心身の健康が増進され、おそらく寿命も延び、医療費も減るだろうな、などと考えていました。

 芝生化がもたらす効用は、私たち人間が感知できること以外にも、かなりあるのだろうと思います。一方で、今回の事業化に当たっては、「誰が管理をするのか」「費用はどこが担うのか」「草に虫がつかないか」「続けていけるのか」など、少なからぬ不安や将来への懸念などがあったそうですし、実際に年間数十万円の維持費用がかかっています。このあたりを、何らかの仕組みでクリアーしながら、小学校の校庭の芝生化を進めてゆけないものか、私もしっかりと考えたいと思います。
 いずれにせよ、中心となって毎日汗を流されている発起人の皆さん方の、郷土愛というべきお姿に、たいへん感銘を受けました。このような地域が増えてゆけば、小田原は素晴らしいまちになってゆくことでしょう。

最終更新日:2011年03月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.