小田原市

第4回目「和留沢地区での植栽」11月7日(日)

「和留沢環境美化推進委員会」の活動を訪問しました。

現場訪問01

団体の皆さんは、和留沢公民館の前にある「たいようの丘公園」での植栽作業や、和留沢地区での美化活動を行っています。
この日は、市長も朝8時半過ぎからチューリップの球根の植え付けなどのお手伝いをしました。


現場訪問03

その後、皆さんが持ち寄ってくださったお料理を食べながらの懇談。毎回の作業のたびに、皆さんで持ち寄ってお茶会をされているとのことで、地域の結びつきや絆が強いことが分かります。懇談会では、後継者の問題など活動を行っていく上での課題などを伺うことができました。


市長の日記から

-------------------------------------
平成22年11月8日(月)「現場訪問:和留沢」
-------------------------------------
 7日、「市長の現場訪問」として、和留沢地区で活動をされている地元の皆さんによる組織「和留沢環境美化推進委員会」の月例作業の現場をお訪ねしました。小田原市内でもっとも標高の高い(約500m)、明星ヶ岳中腹にある、和留沢集落。戦後に開拓された集落で、最盛期は40戸近くの世帯がありましたが、今は13戸。もっとも近い舟原地区のバス停まで3kmと離れている不便さはありますが、豊かな自然の恵みと、何よりも住民の皆さんの強い絆によって、地域コミュニティとしての営みがしっかりと築かれ、保たれています。

 その象徴のひとつが、この美化推進委員会。集落の中心、かつての分校跡の前の広場「たいようの丘公園」への見事な花壇づくりなどを毎月行っているのをはじめ、毎月1回の周辺地域への不法投棄回収、年4回の夜間パトロール、また沿道へのサザンカやアジサイの植栽など、たいへんに熱心な活動を行っておられます。この活動が高く評価され、今年5月には、国土交通大臣より表彰を受けられています。

 7日は、私も朝8時半過ぎから参加。春先に咲き誇るチューリップの球根の植え付けや、植樹作業などを手伝わせて頂きました。和気あいあいと、様々な話をしながらの作業はまことに楽しいものです。たいようの丘公園の中心に大きな太陽、そこから広がる光の線などを、チューリップの花の色で描く構想。12月以降は、苗から育てたビオラなどが順次植えられ、冬から春へと彩る計画です。

 もっと作業をするつもりでしたが、思いがけず早いタイミングで「お茶です。」との声かけ。皆さんがあわただしく準備をされているなあと思っていたら、おむすびやすいとん、千枚漬けや各種お漬物、てんよせや煮豆など、自慢の持ち寄り一品が公園の手作りベンチの上に並びました。市長の現場訪問でこれだけの「おもてなし」を頂いたのは、もちろん初めて。伺ってみると、毎回の作業のたびに、こうやってみんなで持ち寄ってのお茶会をされているとのこと。結束や絆が深くなければできないことですが、こういう営みが日常的にあるからこそ、地域の絆が保たれているという面もあるでしょう。
手作りの品を味わいながら、皆さんに日ごろのご苦労や活動上の課題、また地域の悩みなどをいろいろと聴かせていただきました。最大の課題はやはり、担い手や後継者の確保。また、イノシシなども多数棲息しており、その被害もかなりあるようです。とはいえ、これだけの素晴らしい活動は、他の地域コミュニティに活動においても、大いにお手本にすべきもの。市内にある身近な都市公園で、それぞれに周辺住民の皆さんが和留沢のような取り組みを行えたら、地域コミュニティの課題もかなり改善して行くのではないでしょうか。

 また7日は、「母なる川・酒匂川フォトコンテスト」の表彰式に出席した後、マロニエで行われた「サポセンまつり」、松永記念館で行われた「夢見遊山いたばし見聞楽」を訪問。サポセンまつりは年々にぎやかになっていくようで、駆け足での訪問ではやや消化不良。皆さん、とても元気でした。松永記念館では、日本画家の岡先生と芳澤先生、陶芸家の三上先生による三人展が素晴らしく、松永記念館の持ち味と空間が見事に活かされていました。それぞれの作品の味わい、建物の空間との調和、周囲の風景などが素晴らしく、立ち去りがたい思いでした。

最終更新日:2011年03月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.