小田原市

第3回目「総合型地域スポーツクラブの活動に参加」8月30日(木)

子どもとバドミントンを楽しむ市長

子どもとバドミントンを楽しむ市長

平成24年度3回目の現場訪問は、「城下町スポーツクラブ」の皆さんが行っている「総合型地域スポーツクラブ」です。

 

「城下町スポーツクラブ」は平成18年、(1)地域住民の健康増進、(2)青少年のスポーツを通じた健全な心身の育成、(3)スポーツを通じた地域の活性化を目的に設立されました。

 

この日は小学生向けのバドミントン、卓球教室に参加し、子どもたちと一緒に汗を流しました。


子どもと卓球を楽しむ市長

子どもと卓球を楽しむ市長

指導者とのラリーを楽しむ子どもたち

指導者とのラリーを楽しむ子どもたち

有資格者による的確な指導

有資格者による的確な指導


子どもたちとお話しも

子どもたちとお話しも

意見交換の様子1

意見交換の様子1

意見交換の様子2

意見交換の様子2


総合型地域スポーツクラブは、各種目で資格を持った指導者が指導することになっています。

城下町スポーツクラブでも、しっかりとした知識に裏付けられ、競技者としても活躍してきた経験ある多くの指導者によって、参加者は安心して楽しくその競技に触れることができています。

また、当クラブは総合型地域スポーツクラブの中で、全国でも先進的事例として注目されているクラブです。しかし、こうした活動はまだ地域でも認知度が低いのが現状とのこと。まず、地域での認知度を高め、誰でも参加できる地域に根ざしたスポーツ活動の場を広げていければと、前向きな意見が飛び交っていました。

みんな素敵な笑顔でした

みんな素敵な笑顔でした


市長の日記から

2012年08月31日(金)

城下町スポーツクラブ
 
 30日夕方、毎月行っている「市長の現場訪問」として、小田原アリーナなどを拠点に活動を行っている総合型地域スポーツクラブ「城下町スポーツクラブ」の活動をお訪ねしました。
 このクラブは、小田原や足柄下郡で活動しておられる各種スポーツ指導者の皆さん方が発起、地域に密着し、幅広い世代の人たちが色々なスポーツに触れる機会を提供することを目的として設置されたものです。国として、各市町村に少なくとも一つずつ設置することが目指されているとのこと。
 
 現在、このクラブに登録しているスポーツ指導者の方は、小田原・足柄下郡地域で42名。体操、ソフトテニス、バドミントン、エアロビック、卓球など、多種目にわたっています。このクラブにおいては、これらの方々の指導の下、それらの種目を楽しむことができるよう、活動が展開されています。平日の日中の時間帯と、小学校が終了した後の夕方の時間帯に活動されており、前者には一般の皆さんが、後者には小学生たちが主として参加。これ以外にも、季節ごとにハイキングやサツマイモづくり体験などのイベントなどが行われ、地域での多世代交流も担って頂いています。2008年に設立され、会員は現在200名ほど。
 
 昨日私がお訪ねしたのは、16時から18時の時間帯に行われる、小学生らが参加してのバドミントン・卓球のクラブ活動。小田原アリーナのメインアリーナを会場に、バドミントンコートが3面、卓球台が4台ほど用意され、子どもたち約40名と指導者の方々が、楽しそうに活動をしておられました。この日は私もジャージに体育館履きで訪問、小一時間でしたがクラブの子どもたちに混ざって、バドミントンと卓球を楽しませて頂きました。久しぶりの運動にどっと汗がでましたが、実に楽しいひとときでした。
 
 終了後、アリーナ内の会議室にて、「城下町スポーツクラブ」の役員や指導員の皆さんと意見交換。このクラブが、単にスポーツが好きな皆さんが集まって同好会的に行われているものではなく、正式な資格を取得しておられる各種目の指導員の皆さんによって運営されていること、国が主唱している「総合型地域スポーツクラブ」の数少ない先進事例として、県内でも非常に注目されていること、参画している指導員の皆さんの意識が高く、地域に根差したスポーツ振興の在り方に優れた構想を持っておられることなどが、1時間余りの意見交換の中でよく分かりました。
 
 スポーツ指導員の資格を取得していながら、地域でそれが活かしきれていない現状。一方で、各種スポーツ少年団やクラブに参加していないけれど、体を動かしスポーツをしたい子どもたちは数多くいること。また子どもたちだけでなく、大人、特にシニア層の方々には、気軽にスポーツを楽しみ、仲間づくりをしたいと思っている方々が大勢いることなどを考えると、しっかりした指導員の方を擁するこのような総合型地域スポーツクラブの存在価値は、たいへん大きなものがあり、また今後の可能性も大いにあると考えます。
 
 小田原では、地域密着型のスポーツということでは、各地域に体育振興会等があり、市総体や健民祭、各種目ごとの競技会などの活動を舞台にご尽力を頂いています。しかし、日常的に、誰にでも参加できるようなスポーツの場までは、なかなか活動を拡げきれないのが現状。専門家を擁する総合型地域スポーツクラブと、地域ごとの体育組織がうまく連携し、小中学校の体育館などで日常的に活動が展開できれば、スポーツ人口の裾野拡大、ひいては市民の健康増進やコミュニティの強化に繋がると思われます。今後の要検討課題です。

最終更新日:2012年09月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課 広聴係

電話番号:0465-33-1263


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.