小田原市

第5回目「傾聴ボランティア『ミミの会』」に参加 2月25日(水)

「ピアサポート」の事例発表に参加

「ピアサポート」の事例発表に参加

平成26年度第5回目の現場訪問は、「傾聴ボランティア『ミミの会』(以下、「ミミの会」という)」の定例会「ピアサポート」に参加しました。

ミミの会は、介護相談員として高齢者施設を訪問していた和田会長が、傾聴の必要性を感じ、高齢者施設や市社会福祉協議会に働きかけたことをきっかけに、平成23年10月に発足しました。

 

※ピアサポートとは

各会員が実施した傾聴活動の記録をまとめた『傾聴実施報告書』を発表し、事例について会員同士で傾向と対策を話し合い、会員相互のスキルアップを図る目的で実施している。


この日は、ピアサポート後半の傾聴活動事例発表のグループワーク(6人ずつ4班構成)に参加しました。

グループ順に『傾聴実施報告書(個人名・施設名などは伏せてあり、会議後に回収)』を読み上げ、和田会長がそれに対する意見を発表。適宜会員に質問を投げ掛けながら、傾聴のコツや記録の残し方などを説明されました。最後には、この日一番会員が気になったという事例1件を取り上げ、和田会長と平野副会長によるロールプレイを実施し、当時の様子を再現しながら、対応方法について話し合いました。 

ロールプレイで事例を再現

ロールプレイで事例を再現

懇談会のようす

懇談会のようす

活動への思いを語る和田会長

活動への思いを語る和田会長


懇談会では、活動に参加した経緯や苦労されている点、やりがいなどのお話から、市への要望や、現在会が抱えている課題、それに対し行政が協力できることなど、さまざまな意見交換ができました。

会の発足から3年弱で、52名の会員が在籍(平成27年1月末現在)する「ミミの会」。高齢者の増加とともに、今後は、諸般の課題をクリアして、一人暮らしの高齢者宅への訪問も実施していきたいという抱負を語られました。

 

 

「傾聴ボランティア『ミミの会』」 の紹介ページ

団体概要 一人暮らしや、施設入所している高齢者の気持ちを受け止めることを目的に、高齢者の話に耳を傾ける傾聴活動を実施。
活動内容 1 施設訪問
主に福祉施設などに入所している高齢者の方が穏やかに生活を送れるよう、話に耳を傾ける傾聴ボランティアを実施。

2 ピアサポート
月1回実施する定例会。各会員が高齢者施設等を訪問し、傾聴活動を行った結果を発表し、会員相互の情報共有を図るとともに、発表後はグループワークを実施し、報告事例に対する課題等を話し合う。

3 傾聴ボランティア養成講座
傾聴ボランティアを養成するため、市社会福祉協議会と共催。平成26年11月までに計4回実施。講座修了後に入会した人には「フォローアップ講座」を実施。
問い合わせ 小田原市社会福祉協議会 電話0465ー35-4000 まで
傾聴ボランティア養成講座のちらし

傾聴ボランティア養成講座のちらし


 
 

市長の日記から

2015年02月26日(木)

傾聴ボランティア・ミミの会

 

 三寒四温、晴れと雨が交互に訪れ、春の足音が日に日に近づく季節となりました。また、花粉の飛ぶ量も日増しに増えているようで、25日は私もだいぶ感じました。市議会定例会などで屋内の公務が多い時期ではありますが、今年は昨年よりもだいぶ多くなるとの予報であり、注意しないといけません。
 
 25日午後、「市長の現場訪問」として、傾聴ボランティア「ミミの会」の皆さんの活動現場をお訪ねしました。
 この会は、施設に入所されている、あるいは独り暮らしの高齢者の方々を対象に、お話を丁寧に聴いてあげることで、寂しさや悩みを受け止め、そのことを通じて高齢者が元気に暮らすことができるよう、支援をすることが目的の団体。介護ボランティア活動を通じて傾聴ボランティアの重要性を感じていた現会長の和田さんらが中心となって、平成23年に設立。現在は、会員数52名。
 現在は、傾聴ボランティアの活動を受け入れている高齢者施設などに、2人一組で出向き、高齢者のお話を30分ないし1時間ほど傾聴、そのやりとりの様子などについて別途ミーティング(ピア・サポート)を開いて共有し、対応が適切であったか、今後への課題は何かなどを確認していく活動を行っておられます。並行して、傾聴ボランティアの技術向上に向けた研修会なども開催されています。
 多くの会員さんは、「広報小田原」や「おだわらいふ」などで見かけた情報から、養成講座などに参加、そこから入会しボランティア活動に移行されているようで、幅広い年齢層の女性主体の会員構成となっています。
 現場訪問では、ボランティア活動後のミーティング(ピア・サポート)に同席させていただきました。各訪問チームから提出された報告文をシェアし、「うまくコミュニケーションできたね」「ここはこんな風にしたら、もっと良かったかしら」「こんな感じで、話を促すと良いかも」といった、実に細やかな、丁寧な意見交換が行われており、驚くと共に感銘を覚えました。また、終了後の私との意見交換会では、「話を聴かせて頂く立場だけど、こちらが癒されたり、エネルギーを頂くこともあり、とても貴重な時間」といったお話も伺い、とても主体的な姿勢で活動されている様子が伝わってきました。
 
 私も、仕事柄、自分の意見を述べること以上に、相手のお話を伺うことが多いので、ミミの会の皆さんの実直で謙虚な、そして向上を目指す姿勢に、学ばされた訪問となりました。 

最終更新日:2015年03月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.