小田原市

建築物省エネ法に係る認定手数料

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(以下「建築物省エネ法」という。)に関する手数料を小田原市条例で定めております。

(1)申請単位について

申請単位は、「建築物全体」、「住戸又は非住宅部分のみ」又は「建築物全体と住戸の両方」のいずれかになります。
基準適合認定は、「建築物全体」のみ申請となります。

(2)審査機関の事前審査を活用する場合

住宅部分・戸建
床面積の合計 申請手数料
200平方メートル未満
4,700円
200平方メートル以上
4,700円
住宅部分・共同住宅等
床面積の合計 申請手数料
300平方メートル未満
9,400円
300平方メートル以上 2,000平方メートル未満
20,000円
2,000平方メートル以上 5,000平方メートル未満
45,000円
5,000平方メートル以上
81,000円

非住宅部分
床面積の合計 申請手数料
300平方メートル未満
9,400円
300平方メートル以上 2,000平方メートル未満
27,000円
2,000平方メートル以上 5,000平方メートル未満
80,000円
5,000平方メートル以上 10,000平方メートル未満
130,000円
10,000平方メートル以上 25,000平方メートル未満
160,000円
25,000平方メートル以上
200,000円

(3)審査機関の事前審査を活用しない場合

住宅部分・戸建
床面積の合計 申請手数料(性能基準) 申請手数料(仕様基準)
200平方メートル未満
34,000円
17,000円
200平方メートル以上
38,000円
19,000円
住宅部分・共同住宅等
床面積の合計 申請手数料(性能基準) 申請手数料(仕様基準)
300平方メートル未満
69,000円
33,000円
300平方メートル以上 2,000平方メートル未満
120,000円
57,000円
2,000平方メートル以上 5,000平方メートル未満
200,000円
100,000円
5,000平方メートル以上
280,000円
160,000円

非住宅部分
床面積の合計 主要室入力法
標準入力法
モデル建物法
300平方メートル未満
230,000円
87,000円
300平方メートル以上 2,000平方メートル未満
370,000円
150,000円
2,000平方メートル以上 5,000平方メートル未満
530,000円
240,000円
5,000平方メートル以上 10,000平方メートル未満
650,000円
310,000円
10,000平方メートル以上 25,000平方メートル未満
770,000円
370,000円
25,000平方メートル以上
870,000円
440,000円
  • 向上認定計画においては、仕様基準による計算はできません。 

(4)複合建築物の場合

住宅部分及び非住宅部分の部分について、それぞれ算出した額になります。

(5)変更認定の場合

上記(2)、(3)、(4)で算出した額の2分の1になります。

最終更新日:2016年07月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:建築指導課

電話番号:0465-33-1433


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.