小田原市

都市廊政策

少子高齢化の進展や本格的な人口減少社会の到来など社会経済状況が大きく変化するなかで、小田原駅周辺の中心市街地においては、商店数・売り場面積・年間商品販売額などが減少し続けています。

そこで、歩行者(交流人口・定住人口)の増加により、商業が活性化され、相乗効果でさらに歩行者が増加するという、好循環の仕組みを構築し、中心市街地における持続可能な商業機能の確保を目指すため、平成24年度から「都市廊政策」を推進しています。

さらに、広域的な交流の核である小田原駅周辺の中心市街地において、自然や歴史といった魅力的な周辺環境を生かし、景観に配慮した魅力ある、歩いて楽しい連続した歩行者空間を創造することや、共同建替えなどによる地域の力を生かした、子供から高齢者までが共に暮らし、近隣の中で補い合いながら地域が持つ様々な豊かさを享受できるような、やすらぎのコミュニティの構築による活性化と街なか居住の促進も目指しています。

都市廊政策の定義

都市廊政策とは、統一感のある調和のとれた景観、にぎわいのある魅力的な商業空間及び花と緑あふれる街路(歩行者空間)の創造と持続可能な街なか居住の実現を図るまちの形態を実現するものです。

都市廊政策のイメージ図については、次のダウンロードファイルをご参照ください。

都市廊政策イメージ図  PDF形式 :5.9MB


都市廊政策のエリア

都市廊政策のエリアは、「小田原駅東口お城通り地区再開発事業」や「小田原地下街再生事業」など各事業との連携も踏まえ、自動車流入を極力抑制し、回遊性のある歩行者空間の創出を図るために、広域交流拠点整備構想に位置付く内々環状道路の区域内、約40.7haとしています。

詳細なエリアについては、次のダウンロードファイルをご参照ください。

エリア図  PDF形式 :152.2KB


都市廊政策に係る事業概要

都市廊政策に係る事業概要については、次のダウンロードファイルをご参照ください。

都市廊政策に係る事業概要  PDF形式 :2.3MB


最終更新日:2015年08月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:都市計画課

電話番号:0465-33-1571


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.