小田原市

地籍調査はこんなことに役立ちます!!

土地トラブルの未然防止に役立ちます

境界争いイメージ

土地の境界が不明確であると、住民間や官民間において境界紛争等様々なトラブルが発生しがちです。

例えば、相続した土地がどこにあるか分からないような状態では隣地との境界争いになってしまうようなことがあります。

地籍調査が行われていれば、このような紛争を未然に防止することにつながります


災害の復旧に役立ちます

復旧工事イメージ

災害が発生したとき、災害前の土地の境界が確認出来ず、早期に復旧しようとしても、境界確認及び権利調整に時間を費やし、なかなか復旧出来ない場合があります。

地籍調査が行われていれば、個々の土地が地球上の座標値で表示されているため、元の位置を確認することが出来、復旧事業を円滑に進めることが出来ます。


土地取引の円滑化に役立ちます

取引の円滑化イメージ

土地を売買する場合に、隣地との境界確認に時間がかかったり、登記簿と実測の面積が異なるなど、取引の障害になることがあります。

地籍調査をしていると、正確な土地の状況が登記簿に反映されるので、登記の信頼性が高まります。また、登記所の地図と現地の状態も一致します。

そのため、安心して土地の売買や分筆が出来ます。


まちづくりに役立ちます

地域計画イメージ

地籍調査の成果を基礎データとして利用することで、地域の整備計画を立案する際に、各種計画図の作成が容易になります。

それにより、地域の皆さんにも、分かり易いきめ細やかな、まちづくり計画の立案が可能となります。


公共工事の円滑化に役立ちます

公共事業の円滑化イメージ

公共工事を実施する場合、事前調査・計画の策定・境界の確認・測量等の調整に多大な経費・時間・労力を費やすことがあります。

地籍調査をしていると、その成果を境界等の基礎資料として利用することで、各種確認作業が簡単に出来ます。そのため、公共工事の円滑化に役立ちます。

 

 

※ここで掲載しているイラストは、国土交通省国土調査課のホームページで掲載されているものを使用しています。


小田原市では、平成19年度より地籍調査(官民境界等先行調査)を実施しております。

今年度の調査地域は、次のページから確認できます。

地籍調査について、さらに詳しく知りたい方は・・・

最終更新日:2012年09月07日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

建設部:土木管理課 地籍調査係

電話番号:0465-33-1538


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.