小田原市

小田原梅(生梅)の販売について

今年の小田原梅即売会は「横浜シルクセンター」で実施します。
また、生梅の直売についてはJAかながわ西湘成田総合選果場、朝ドレファ~ミにて販売されております。
詳しくは、JAかながわ西湘営農部指導販売課(TEL:0465-38-0125)にご連絡ください。

1 横浜シルクセンター

即売会のようす

即売会のようす

【日程】平成28年6月15日(水)

【時間】午前10時00分~午後3時00分

【場所】シルクセンター地下1階催事場

    〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1

【内容】梅干用生梅・加工品の販売


小田原の梅について

かながわブランド農産物に指定され、小田原の特産物である「小田原梅」。

小田原の梅は歴史が古く、戦国時代の武将、北條氏が統治していた以前から梅の栽培が行なわれており、江戸時代には「東海道中膝栗毛」などに梅漬が小田原の名産品として登場しています。

小田原市の梅は、関東3大梅林にも数えられる「曽我梅林」を中心に栽培され、神奈川県下で最も多い生産量を誇っています。

中でも十郎梅は、小田原で育種・命名された小田原オリジナル品種で、果肉が厚くやわらかいことから、梅干用品種の最秀品とされています。

収穫前の十郎梅

収穫前の十郎梅

小田原十郎梅

小田原十郎梅

漬込んだ梅

漬込んだ梅


最終更新日:2016年06月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:農政課 農林業振興係

電話番号:0465-33-1494


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.