小田原市

人・農地プランについて

高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など、農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。
そこで、地域の方々によって、

  • 今後、地域の中心となる経営体
  • 農地の提供等により地域の中心となる経営体と連携する農業者
  • 今後の地域農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化など)等
について話し合い、取りまとめたものが「人・農地プラン」です。

小田原市の人・農地プランについて

小田原市では、全市域を次の6地区に分け、平成25年3月に「小田原市人・農地プラン」を作成しています。
その後、平成26年3月、平成27年3月、平成28年3月にプランの見直し(更新)を実施しています。
最新の人・農地プランの概要は次のとおりです。

  • 地区名称(プラン作成単位):川西第1地区
    地区範囲(JAかながわ西湘の支店範囲):早川・大窪・片浦
  • 地区名称(プラン作成単位):川西第2地区
    地区範囲(JAかながわ西湘の支店範囲):久野・足柄
  • 地区名称(プラン作成単位):川西第3地区
    地区範囲(JAかながわ西湘の支店範囲):桜井・富水
  • 地区名称(プラン作成単位):川東第1地区
    地区範囲(JAかながわ西湘の支店範囲):豊川・上府中・下府中
  • 地区名称(プラン作成単位):川東第2地区
    地区範囲(JAかながわ西湘の支店範囲):国府津・下曽我・曽我
  • 地区名称(プラン作成単位):川東第3地区
    地区範囲(JAかながわ西湘の支店範囲):下中
平成28年度も人・農地プランの見直しを行うため、
  • 各地域の方々を対象とした座談会
  • 小田原市人・農地プラン検討会
の実施を予定しております。(日時・場所等については、決まり次第、掲載いたします)

人・農地プランと関連する支援制度について

「人・農地プラン」への位置づけにより、次のような支援を受けられる場合があります。

  • 青年就農給付金(経営開始型)
    新規就農される方に、農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、年間150万円を給付
  • スーパーL資金の金利負担軽減措置(認定農業者)
    認定農業者が借り入れるスーパーL資金について、資金繰りに余裕がない貸付当初5年間の金利負担を軽減

さらに詳しい内容について

人・農地プランに関してさらに詳しくお知りになりたい方は、次のページをご参照ください。

最終更新日:2016年03月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:農政課 農林業振興係

電話番号:0465-33-1494


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.