小田原市

市内における定年帰農を支援する取り組みについて

市では、市内における定年帰農を支援するモデル事業を、平成27年度から開始しました。

事業の目的

農業の現場では、担い手不足と耕作放棄地の増加が大きな課題です。
この課題を解消するとともに、プロダクティブ・エイジング(生涯現役社会)の実現を目指し、平成27年度から定年帰農者農業支援事業をモデル事業としてスタートさせました。

事業の概要

定年等を迎えた市民を新たに雇用し、市内の担い手がいない農地あるいは耕作放棄地を新たに借りて農業経営を行う農業生産法人やNPO法人等の団体、先進農家等に対し、定年帰農者に係る賃金の一部、指導者への謝礼、肥料等の消耗品費相当額等を奨励金として交付します。
これまでの取り組み事例
番号 農業者名 定年帰農者雇用人数 経営面積
1 伊豆総業株式会社 1名 5,251平方メートル(米神)
2 矢郷農園 1名 5,972平方メートル(米神)

伊豆総業株式会社

レモンの苗木(平成28年3月時点)

伊豆総業株式会社は、平成27年10月1日から市内で就農しました。
約5反の耕作放棄地を復活させ、地元農家の指導を受けながらレモンを栽培しています。

平成27年10月のようす

草刈り途中のほ場のようすです。

平成28年4月のようす

植えつけたレモンの苗木が根付き、花芽もつきました。

草刈り作業のようす

雇用された定年帰農者の方は、草刈りや苗木の世話など、レモン栽培の全般に関わる作業をされています。
前職は農業とはかかわりなく、全く「畑違い」の仕事に就かれましたが、大変熱心に作業に打ち込まれていました。


株式会社おだわら清流の郷

上記事業とタイアップして、株式会社おだわら清流の郷では、農業をしたい方を募集しています。
次の要件等をご確認の上、興味のある方は、株式会社おだわら清流の郷へお問合せください。

対象者

  • 小田原市内在住。
  • 農業に興味のある定年退職者や、離職者等。

株式会社おだわら清流の郷 とは

農家と農業を守り、地域の活性化を目指すために、2012年に発足した農業生産法人。
曽比地域で、米や露地野菜を生産し販売しています。

問い合わせ先

株式会社 おだわら清流の郷
住所 小田原市曽比1429
電話 0465-36-5680

最終更新日:2016年04月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:農政課 農林業振興係

電話番号:0465-33-1494


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.