小田原市

「せり」ってなに?

活発なせりの様子

「せり」とは、魚市場で取引する魚の値段を決める方法です。

 

仲卸の人、スーパーや店舗などで魚を販売する人、ホテルや旅館、料理店のシェフなど、毎朝たくさんの人が魚を求めて、まだ日も昇らない内から小田原の市場にやってきます。

誰もが皆、「良い魚を少しでも安く買いたい」と考えていますが、全員満足できる値段や量の魚が毎日あるとは限りません。

そのため、特別な許可を与えられた「せり人」と呼ばれる人が、「この魚をいくらで買うか」と皆に呼びかけ、一番高い値段を言った人が買うことができます。

欲しいと思う人がたくさんいれば、それだけ値段は上がっていきます。


「せり」ってどうやってるの?

せりは不正のないよう公平に取り扱うことが決められているなど、小田原市が定めた条例と規則で細かく決められています。

  1. まず、せりの始まりを知らせます。市場内で放送したりベルを鳴らします。
    せり人が「始まるよー!」と大声を出すこともあります。
    公平に行うため、せりを行う順番は市場に運び込まれた順番です。
    せり人とは、卸売業者を代表して売買取引を行う者で、県知事への登録制となっています。
     
  2. せり人は、せりにかける品物の種類・産地・量や他に必要な事項を呼び上げます。
    (例)朝、小田原で獲れたアジ100㎏の場合
    種類:ジアジ(地元産のアジという意味)
    産地:米神漁場(小田原にある漁場の一つ)
    量 :100キロ
     
  3. せりをします。このとき魚を買いたい人は言葉や「手やり」と呼ばれる方法で値段をせり人に示します。せり人はそのときの最も高い値段を呼び上げ、買う値段を競わせます。
    競わせることから、「競(せ)り」と呼ばれています。
     
  4. せり人がそのときの最も高い値段を3回呼び上げて、他に買い手が居ない場合は、その最も高い値段を付けた人に売り渡すことを約束します。
     
  5. このようにして、魚の値段は次々に決まっていきます。
    また、その他に「相対取引(あいたいとりひき)」といって、最初から値段が決まっているものもあります。
     

最終更新日:2014年01月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:水産海浜課

電話番号:0465-22-9227


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.