小田原市

林 英哲さん(小田原ふるさと大使)

林 英哲(はやし えいてつ)さん

和太鼓奏者 広島県出身

広島県生まれ。11年間のグループ活動後、1982年太鼓独奏者として活動を開始。

1984年初の和太鼓ソリストとしてカーネギー・ホールにデビュー。現代音楽の分野でも前例のない和太鼓ソリストとして国際的に高い評価を得た。

1998年からは新たなステージとして、林英哲自身が刺激を受けた芸術家の作品や生き方をテーマに、太鼓ドラマともいうべき劇的舞台作品の創作を始め、コンサートツアーもスタート。

2000年にはドイツ・ワルトビューネでベルリン・フィルと共演、2万人を超える聴衆を圧倒。

太鼓独奏者としてロック、ジャズ、現代音楽、民族音楽などの演奏家と共演しながら、かつての日本の伝統にはなかったテクニックと体力を要する大太鼓のソロ奏法の創造、多種多様な太鼓群を用いた独自奏法の創作などジャンルを超越した、まったくオリジナルな太鼓表現を築きあげていく。

2012年2月演奏活動40周年記念公演を4日間開催、大絶賛を博す。

近年は和・洋器楽奏者や伝統芸能の歌舞伎役者、日本舞踊家やプリンシバルなど、気鋭の若手との共演も多く「太鼓音楽」の魅力を提示し続け、国内外での活動は速度を増して縦横無尽にますます活躍のフィールドを広げている。

演奏活動の他、イベント等でプロデューサー、映画、演劇などの音楽、創作太鼓の委嘱作品、指導も多数。エッセイ等の執筆も多く、著書に「あしたの太鼓打ちへ」がある。

1997年芸術選奨文部大臣賞を受賞、2001年日本文化藝術振興賞を受賞。

2004年より洗足学園音楽大学の客員教授に就任。2005年より東京藝術大学で、2009年より筑波大学大学院で年一回特別講師としての特別講座も実施。

本市とは、「小田原北條太鼓」の立ち上げの際にご尽力いただき、1990年4月から1年間「小田原北條太鼓の会」を指導されました。これをきっかけに小田原でのイベントにも参加していただけるようになり、2011年9月11日には、小田原城址公園本丸広場にて「太鼓奏者 林 英哲 in 小田原城 秋の陣」に出演していただきました。

林 英哲(はやし えいてつ)さん

林 英哲(はやし えいてつ)さん

就任記念品を贈呈

寄木細工バチと林英哲さん

寄木細工バチと林英哲さん

林さんといえばもちろん和太鼓。

その力強く、勇壮な姿に魂を揺さぶられます。

 

そこで今回は、和モダンをイメージした寄木細工のバチを記念品として贈呈。

プロモーション用として林さんのイメージを膨らませてくれることでしょう。


寄木細工バチ

寄木細工バチ

この「寄木細工バチ」は、雑木囃子メンバーの清水勇太さんに作成をお願いしたもの。

色のデザインから太さ、形状まで細部にこだわって作成していただきました。

清水さんは、代表作「玉ちゃん」で表参道ヒルズに出展するなど、精力的に活動されています。



ホームページ講演情報

読み込み中

最終更新日:2014年07月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課 都市セールス係

電話番号:0465-33-1268


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.