小田原市

杉本 博司さん(小田原ふるさと大使)

杉本 博司(すぎもと ひろし)さん
 
現代美術作家 東京都出身

 

 

1948年東京生まれ。立教大学卒業後、1970年に渡米、1974年よりニューヨークに拠点を移し写真制作を開始。「劇場」「海景」などに代表される作品は、明確なコンセプトと卓越した技術で高い評価を確立し、世界中の美術館に収蔵されています。

2008年には金沢21世紀美術館にて、自身の作品と古美術の収集品からなる「歴史の歴史」展を開催。近年は執筆、設計へも活動の幅を広げ、2008年には2冊目の論考集『現な象』(新潮社)が刊行。同年(株)新素材研究所を設立、2009年に開館したIZU PHOTO MUSEUM(静岡)の内装設計・造園を手掛けています。

1988年毎日芸術賞、2001年ハッセルブラッド国際写真賞受賞。2009年第21回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。2010年秋の紫綬褒章を受章。

内外の古美術、伝統芸能に対する造詣の深さでも知られています。

平成21年に「財団法人小田原文化財団」を設立し、平成23年には公益財団法人に認定。現在、江之浦に能舞台や茶室、ギャラリーなどを配した文化施設の建設を計画しています。

「子どもの頃、湘南電車(東海道線)から見た海景が、私の人としての最初の記憶」と話す杉本さんにとって、江之浦の海はまさに原点となる場所。

「この地から、世界に日本文化の精髄を発信し、小田原が日本文化発信の首都として位置づけられていく」と力強く語る杉本さんの今後の取り組みが期待されます。

杉本 博司(すぎもと ひろし)さん

杉本 博司(すぎもと ひろし)さん

最終更新日:2014年09月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課 都市セールス係

電話番号:0465-33-1268


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.