小田原市

小田原の町名・地名(1)

城下町・宿場町小田原のあらまし

 江戸時代の小田原城を取り囲む武家地や町人地などいわゆる「城下町」は、天正18年(1590)の豊臣秀吉の小田原攻めに備えて、小田原北条氏が構築し た土塁や堀によってできた総延長9キロメートルといわれる「総構(そうがまえ)」の内側が その範囲で、面積は約348ヘクタールに及んでいます。江戸時代には、この総構の内側を「小田原府内」といい、総構を「府内構(ふないがまえ)」と呼びま した。こ の府内には、武家地や町人地のほかに谷津村が含まれていました。

町人地

 町人地は、「通り町(とおりちょう)」といわれた9町と「脇町(わきちょう)」 と呼ばれた10町、合わせて19町で構成されていました。また、この町人町には表 通りから横に入った通り筋にある「横町」や町を小分けした「小名(こな)」があり ました。

東海道筋の通り町

 東海道筋の次の9町を「通り町」といい、高梨町、本町、中宿町、欄干橋町などに は「旅籠(はたご)」が並び、宿場町「小田原」のたたずまいが見られました。
新宿町(しんしくちょう)、万町(よろっちょう)、高梨町(たかなしちょう)、宮前町(みやのまえちょう)、本町(ほんちょう)、中宿町(なかじくちょう)、欄干橋町(らんかんばしちょう)、筋違橋町(すじかいばしちょう)、山角町(やまかくちょう)

東海道筋の脇町

 東海道筋の南側の海沿いにあった次の4町を「脇町」といい、これらの町には魚商 、廻船業、漁業関係者が多く住んでいました。
古新宿町(こしんしくちょう)、千度小路(せんどこうじ)、代官町(だいかんちょう)、茶畑町(ちゃばたけちょう)

東海道筋の横町及び小名

 東海道筋の通り町や脇町には、次の横町・小名がありました。
十王町(じゅうおうちょう)・抹香町(まっこうちょう)、鍋町(なべちょう)、宮小路(みやこうじ)、新道(しんみち)、野沢横町(のざわよこちょう)、市場横町(いちばよこちょう)、雁木(町)(がんげちょう)、南横町(みなみよこちょう)、安斎町(あんさいちょう)

甲州道筋の脇町

 東海道筋から北上する甲州道沿いにあった次の6町を「脇町」といい、これらの町は、商人町の濃いところでした。
青物町(あおものちょう)、一丁田町(いっちょうだちょう)、台宿町(だいじくちょう)、大工町(だいくちょう)、須藤町(すとうちょう)、竹花町(たけのはなちょう)

甲州道筋の横町及び小名

 甲州道筋の脇町には、次の横町・小名がありました。
山上横町(やまがみよこちょう)、誓願町(せいがんちょう)、錦織町(にしこりちょう)

最終更新日:2011年04月07日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.