小田原市

女性に対する暴力

DVってなに?

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、夫婦や恋人、婚約者、同棲相手、元夫婦、以前交際していた恋人など、親密な関係(もしくは親密だった関係)の男女間でふるわれる暴力です。 

夫婦喧嘩とどう違うの?

夫婦間や恋人間の関係が対等で互いに言いたいことを言い合える状況で発生するのが夫婦喧嘩です。DVには必ず『強者が弱者を暴力や暴言などの力(パワー)で押さえつけ、支配(コントロール)する』という構図が存在します。 

パワー(力)でコントロール(支配)されるとどうなるの?

本来であれば、暴力・暴言をふるう側が悪いのに、暴力を受けたショック、絶望感、恐怖、屈辱感、恐怖、痛み・・・等から「自分は情けない存在」「自分さえ我慢すれば、すべて上手くいくはず」「殴る彼が悪いのではなく、殴られる(怒鳴られる)自分が悪いんだ」と考えるようになっていきます。 更にそのような状況が継続すると、不眠・頭痛・動悸・下痢・胃痛などの身体症状が出現したり、うつ、PTSD、パニック発作等の発症をしてしまうケースもあります。 「この絶望的な状況から脱するには、この方法しかない」と思い詰めて、自殺・他殺に発展してしまう最悪のケースさえ存在するのです。  

代表的なDVの形態

心理的暴力 

暴言を吐く/脅かす/無視する/浮気を疑う/大事にしているものを壊す・ 壊すと脅す/家から締め出す 

身体的暴力 

殴る/蹴る/首を絞める/髪をもって引きずり回す/引き倒す/壁や床に押し付ける/包丁などを突きつける 

経済的暴力 

生活費を渡さない/女性が働き収入を得ることを妨げる/借金を重ねる 

性的暴力 

合意のない性行為を強要する/ポルノを見せたり、道具のように扱う/避妊に協力しない 

社会的隔離 

外出、親族・友人との付き合いを制限する/勝手にメールを見たり、電話を掛けさせないなど交友関係を厳しく監視する 

その他 

「お前は家事だけをやっていればいい」「誰のお陰で生活できると思っている」など特権を振りかざす/暴力を「ふるわれる側に問題がある」と責任転嫁する 

この中の暴力が一つだけふるわれることもありますが、複数の暴力が同時にふるわれる場合も多くあります。(ここに記載されているのは暴力の一例です)


DVは「犯罪」行為です。

暴力は人権侵害であり「犯罪」行為です。 

暴力はふるう側に問題(責任)があります。

暴力をふるわれる側には何の問題も、落ち度もありません。理由も関係ありません。 

身近に相談できる場所があります。

小田原市には女性相談(DV相談)があります。独りで背負い込まず、まずは気軽に相談をしてください。周囲に悩んでいる人が居たら、相談できる窓口があることを伝えてあげてください。 

小田原市 女性相談

電話:0465-33-1737(面接は予約制です。まずはお気軽に電話相談を) 
開設日時:月・水・木・金、午前9時30分~11時30分/午後1時00分~4時30分

最終更新日:2015年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

市民部:人権・男女共同参画課 人権・男女共同参画係

電話番号:0465-33-1725


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.