【終了しました】平成30年度 男女共同参画講演会
『働き女子~自分もまわりも幸せにする仕事術』
           講師 永田 潤子(ながた じゅんこ)氏
              大阪市立大学大学院 都市経営研究科 教授

   日 時 平成30年6月9日(土)午後1時30分~午後3時00分
   場 所 おだわら市民交流センターUMECO会議室1~3
   共 催 おだわら市民交流センターUMECO
かなテラス(神奈川県立かながわ男女共同参画センター)

当日の様子***

当日は、梅雨入りしたにもかかわらず、晴天に恵まれ、市内はもとより県内各所より多くの方が参加されました。

講師自身が、いくつか訪れる転機をどのように選択してきたかなど、自分らしく人生を歩み続ける極意について紹介されました。「自分の人生は自分で決め、可能性を開く生き方をすれば、人生面白くなる」「心の環境を整備し、それぞれの方法でエネルギーをチャージし、自分で決め、感じ、自分はどうしたいのかを常に考える癖をつけよう」とのお話に、会場は明るく、高揚した雰囲気に包まれました。
また、自分らしく生きることにつなげるために、ワークライフバランスを考えてみると、性別により抱える課題に違いがあること、また、まだまだ、様々なことを決定していく場に女性の参画が少ないことにも触れ、女性の活躍への近道は、男性の意識改革にあると締めくくられました。
講師の写真1
講師の写真2

講師の写真3
会場の様子
展示の様子

講師プロフィール

講師 永田 潤子氏

永田 潤子(ながた じゅんこ)氏

1961年福岡県生まれ。女子に門戸を開放した海上保安大学校に、初のただ一人の女子学生として入学。26歳で女性初、最年少の巡視艇船長になる。その後、埼玉大学大学院政策科学研究科(現:政策科学大学院大学)、大阪大学大学院経営学研究科博士後期課程にて、政策分析、意思決定、経営学を研鑽。海上保安大学校行政管理学講座助教授、大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授を経て、2018年より現職。
専門は公共経営、ソーシャルマーケティング。特に、社会を変革するための理論と実践がテーマであり、買い物を通じた環境問題の解決(お買いもの改革プロジェクト)の研究代表やママ・カレッジプロジェクトなど暮らしを通じた社会改革を実施中。
また、自身の経験を活かしたリーダーシップや女性の活躍、最近では企業の働き方改革に向け、個人と組織の本領発揮をテーマとした研修依頼も多数。  近著は「女子の働き方」(2017年 文響社)

  


来場者の声(アンケート結果から抜粋)

  • 自分の考え方、生き方の参考となるものがあった
  • 仕事のモチベーションが上がらず、何年も悩んでいましたが、ヒントをいただいたようでした。
  • エネルギーチャージ、考えること、感じること、ワークライフバランス…心にしみました。
  • 50年以上働いてきましたが、先生のお話を聞いてもっと頑張ろうと思いました。
  • 平等の理念から行動する参画へと、時は進んでいるという時代にふさわしい講演だった。
  • とにかくわかりやすくて楽しいお話だった。
  • やっぱり男性の意識変革が必要ですね。


【終了しました】平成29年度 男女共同参画講演会
『フランス式 いつでも どこでも 自分らしく~なりたい私へのヒント~』

   日 時 平成29年6月24日(土)午後1時30分~午後3時30分
   場 所 おだわら市民交流センターUMECO会議室1~3
フランスと日本の文化や歴史の違いや、あらゆる場面への女性の参画を推進するための制度などを紹介いただきました。性別や年齢などにはとらわれず、自分自身が「好きなこと」「楽しむこと」を知り、一人一人が豊かな人生を送ることは、社会をも豊かにするとのことでした。
「人生は楽しむためにある!」と、講演をしめられました。
 

当日の様子****

講演の様子
講演の様子
講演会の様子

講演会の様子
講演会の様子
男女共同参画週間店の前で

ドラトーザン氏
講師 DORA TAUZIN(ドラ・トーザン)氏


<プロフィール>
国際ジャーナリスト・エッセイスト。フランス・パリ生まれの生粋のパリジェンヌ。ソルボンヌ大学、パリ政治学院卒業。ベルリン、ロンドン、ニューヨークで暮らす。
国連広報部勤務後、NHKテレビ「フランス語会話」の出演がきっかけで日本に住む。慶応義塾大学講師などを経て、現在、アンスティチュ・フランセ東京、アカデミー・デュ・ヴァンなどで講師を務めながら、日本とフランスの架け橋として、新聞、雑誌への執筆や、テレビ・ラジオのコメンテーターなど、多方面で活躍中。
2009年文化庁より長官表彰(文化発信部門)。2015年フランス政府よりレジオンドヌール勲章を受章。
著書に「好きなことだけで生きる(大和書房)」、「パリジェンヌ流美しい人生の秘密(宝島)」、「愛される男の自分革命(徳間書店)」など多数。
 

ドラ・トーザン公式ホームページ


来場者の声(アンケートより抜粋)***

  • 人生は楽しむためにある。自分らしく生きると強くなる。という言葉が印象に残りました。
  • 私の選択で人生を生き続けられたらよい。
  • バイタリティのある女性は輝いて見えます。そのために、自分を大切にしたり、断る勇気を持ったり、年齢を言い訳にしてやらないではなく、いつまでも好奇心をもってチャレンジしていきたい。
  • 考えることが多かったです。日仏の習慣や歴史の違いで日本の男女平等はまだまだ難しいかなと思った。

最終更新日:2018年07月20日


この情報に関するお問い合わせ先

市民部:人権・男女共同参画課 人権・男女共同参画係

電話番号:0465-33-1725


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.