小田原市

先輩職員が小田原市職員の仕事を紹介します

小田原市役所の職員に、「小田原市役所を志望したきっかけ」「どんな仕事をしているのか」「仕事のやりがい」などを聞いてみました。

平成24年度掲載分
(所属、職名及びメッセージは、平成25年3月時点のものです。)

入庁1年目 権守主事補 下水道部下水道総務課 【一般事務】

職場にて

職場にて

【小田原市役所を志望したきっかけ】

地元である小田原に戻り、貢献したいという想いが小田原市役所を志望したきっかけです。大学生の時、箱根駅伝を目指し小田原を離れたのですが、たまに帰省すると地域のかたが応援してくれてとても励みになりました。この小田原の人たちの温かさが忘れられず小田原市役所を受験しようと思いました。 

【現在の仕事内容】

 

私が所属する下水道総務課総務係では、下水道部内での予算執行から職員の総合的な事務管理まで行っています。その他に下水道ふれあい祭りや、下水道作品コンクールなど下水道事業のPR活動にも携わっています。 

【現在の仕事内容】

私が所属する下水道総務課総務係では、下水道部内での予算執行から職員の総合的な事務管理まで行っています。その他に下水道ふれあい祭りや、下水道作品コンクールなど下水道事業のPR活動にも携わっています。 


書類の確認

書類の確認

【仕事のやりがい】

私が担当している仕事は、下水道工事の予算執行です。支払いに関する事務なので、書類に不備がないか細心の注意を払いながら円滑に業務を進めなければなりません。そのためミスがあると落ち込むこともありますが、大きな工事などの執行を任され、ミスなく無事に工事が終わると、嬉しい気持ちになります。少しでもそういった大きな工事が任されるよう日々努力することが私のやりがいです。 

 

【受験者へのメッセージ】

“小田原のために”という熱い気持ちをぶつけて頑張りましょう。一緒に働けることを楽しみにしています。  


入庁1年目 宮川主事補 市民部戸籍住民課 【一般事務】

職場にて

職場にて

【小田原市役所を志望したきっかけ】

国際関係に興味があり、学生時代に市の事業の「ときめき国際学校」に参加したことが大きなきっかけとなりました。将来に繋がる市の事業に携わり、これからは私自身が市民のためにサポートする立場になりたいと思い、市職員を志望しました。

  


窓口業務

窓口業務

【現在の仕事内容】

支所では、戸籍届出の書類審査や住民票の発行だけでなく、他課業務も幅広く扱います。住民と地区に密着し、ある程度の手続きが一つの窓口で可能です。「小さな市役所」のような存在として、市民が気軽に足を運びやすい環境づくりに努めています。 


入力事務

入力事務

【仕事のやりがい】

一連の手続きをした後に、安心して笑顔で帰っていかれる姿を見ると、心から嬉しく感じます。市民と関わる毎日の中で、多くのやりがいや人とのつながりの大切さを実感します。 


勤務場所の城北タウンセンターいずみ

勤務場所の城北タウンセンターいずみ

【受験者へのメッセージ】

皆さんが今まで培ってきた様々な経験や熱意を余すことなく伝えていってほしいと思います。諦めずに自分を信じて臨んでください。一緒に小田原市をより良いまちにしていきましょう。 


入庁2年目 中川主事 水道局営業課 【一般事務】

職場にて

職場にて

【小田原市役所を志望したきっかけ】

大学時代に研究のために多くの農家さんや商店主さんと関わる中で、頑張っている人たちを現場の近くで応援できる仕事に就きたいと思い、基礎自治体の職員を志望しました。私は北陸で生まれ育ちましたが、「海あり山あり産業あり歴史ありやる気あり!」の小田原市に魅かれて小田原市を志望しました。 


給水訓練

給水訓練

【現在の仕事内容】

安心・安全な水を安定して供給することが水道局の仕事です。非常時に応急給水活動等を行うための訓練も大切な仕事です。私は、支出のための伝票作成や、各調査への回答や統計の作成、予算・決算の作成等に関わっています。 


職場の同僚と

職場の同僚と

【仕事のやりがい】

水は生活に欠かせません。水道事業の運営に関わることで、市民の暮らしや事業者の生産活動を支えていると思うと、やりがいを感じます。市民の皆さんの「当たり前」の生活を守るために、気を引き締めて日々頑張ります。

                 

【受験者へのメッセージ】

国と地方の役割分担の見直しや社会情勢の変化によって、基礎自治体の果たす役割はますます重要なものになると思います。一層責任感と熱意を持って仕事に当たらなければなりません。素直な思いは、自分の言葉で表現できるはず。やる気あふれる皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています! 


入庁3年目 浜崎主事 建設部道水路整備課 【土木技術】

職場にて

職場にて

【小田原市役所を志望したきっかけ】

小田原は、海もあり山もあり自然に囲まれていて非常にすばらしい場所です。自分が小田原市に住む多くの人たちのために役に立てることはないかと考えるようになり、小田原市役所ならば自分の思いが直接仕事に活かせるのではと志望しました。 


現場業務

現場業務

【現在の仕事内容】

私が配属された道水路整備課は、市内の道水路等の新設、維持管理を行う部署になります。3年目の現在は、道路の拡幅や歩道の整備等を行う建設係に所属しています。道路整備の仕事は地元住民の皆さんと密接に関わる職場です。

 

【仕事のやりがい】

道路整備の仕事は、新しい道路を建設し狭い道路を拡幅する等、目に見えて変化の分かる仕事です。工事に先立ち、地元住民の皆さんとコミュニケーションを図りながら整備の重要性について説明し理解していただく。その中で、市民は何を求めているのかを考え、現場に反映させることができると、お礼の言葉が自然と市民の皆さんから聞こえてきます。それにより自分自身も満足感や達成感を感じることができます。 


工事の様子

工事の様子

【受験者へのメッセージ】

市役所は役割に応じていろいろな部署があり、それぞれの部署がお互いに協力しながら業務を行っています。職員同士の交流が多いため、コミュニケーションがとりやすく、職場環境はとても良いと思います。自分の小田原市に対する熱い気持ちを大切に、自分を信じて、採用試験に臨んでください。一緒に頑張っていきましょう。 


入庁4年目 高久主事 福祉健康部健康づくり課 【保健師】

健康教室

健康教室

【小田原市役所を志望したきっかけ】

市町村の保健師は住民の身近な存在であり、地域の健康課題を考え、解決していく仕事ができると思い、それなら生まれ育った小田原市で働きたいと志望しました。

 

【現在の仕事内容】

保健師は、地域で暮らしているすべての人が、より健やかに過ごしていけるよう支援する仕事です。実際の仕事は、乳幼児健診、特定健診、がん検診、様々な健康教室や健康相談、支援が必要なかたへの家庭訪問を行っています。また、健康おだわら普及員、食生活改善推進員、市民体操指導員など、地域で活躍していただける市民のかたの養成や育成も行っています。 


市民体操おだわら百彩をPR

市民体操おだわら百彩をPR

【仕事のやりがい】

地域に出て市民と接する機会が多いので、お会いすると気軽に声をかけていただいたり、いつも素敵な笑顔を見せてくださいます。その笑顔が仕事のやりがいになりますし、それを守り続けるために、人と人とがつながり、支えあい、安心して暮らせるまちにしていきたいと思っています。 


職場の球技大会にて

職場の球技大会にて

【受験者へのメッセージ】

保健師といっても、行う仕事は様々です。自分のしたいことができる職場を、まずは希望されるといいと思います。小田原市の職員になった際には、一緒に切磋琢磨していける仲間として頑張りましょう。 


入庁5年目 栗原主事 総務部市税総務課 【一般事務】

職場にて

職場にて

【小田原市役所を志望したきっかけ】

仕事の内容ももちろんですが、働き方も大切にしたいと考えていました。足元が定まらなければ、いい仕事も私生活の充実のどちらも得られないと思っていた中で、私の求める条件を一番満たしてくれたのが小田原市役所でした。 


窓口業務

窓口業務

【現在の仕事内容】

私は滞納市税の徴収業務の中で、高額・困難案件を担当しています。納税相談に応じることも多くありますが、基本的には滞納者の所有財産を調査し、発見された財産の強制処分により、滞納市税を徴収することに努めています。

 

【仕事のやりがい】

私は税の徴収という担当業務をこなしながら、係全体の業務改善にも取り組んでいます。市役所は毎年部署の人員が変わるため、若手であってもベテラン職員として見られることも珍しくなく、年代を問わず意見を出しやすい環境があります。自分の考えが採用され、業務全体を変えられた時の達成感・充実感は自分をより意欲的にさせてくれます。私はここに市役所だからこそのやりがいを感じています。 


職場の同僚と

職場の同僚と

【受験者へのメッセージ】

多くの部署を渡り歩く市役所では、任されたい仕事を思い描くこと以上に、任された仕事の中で目標、やりがいを見つけ続けられるかが大切だと思っています。“なぜここで働くのか?”を大切にできれば、配属先を問わずに意欲を保ち続けられると思います。多くの時間をかけて考えてみてください。 


平成23年度掲載分
(所属、職名及びメッセージは、平成24年1月時点のものです。)

平成22年度掲載分
(所属、職名及びメッセージは、平成23年1月時点のものです。)

最終更新日:2013年09月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:職員課

電話番号:0465-33-1241


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.