2018年漁業センサスにご協力ください


農林水産省は、平成30年11月1日現在で「2018年漁業センサス」を実施します。

「漁業センサス」は、我が国漁業の生産構造、就業構造を明らかにするとともに、漁村、水産物流通・加工業などの漁業をとりまく実態と変化を総合的に把握することを目的に、統計法に基づいて5年ごとに行う大規模な調査で、1949年(昭和24年)に第1回目を実施してから、今回で14回目となります。

調査結果は、農林水産省が水産施設を企画・立案するための重要な指標として活用されているほか、ウェブサイトにて公表し、一般の方にもご利用いただいております。

「漁業センサス」は、漁業の現状を知り将来を考えるための大切な調査です。ご協力をお願いします。

漁業センサスポスター

調査の構成

漁業センサスは、海面漁業調査、内水面漁業調査、流通加工調査の3本柱で構成されており、小田原市では、海面漁業調査のうち漁業経営体調査に係る事務を行います。
調査の種類   関係機関 調査基準日
海面漁業調査   ①漁業経営体調査
②海面漁業地域調査
農林水産省・神奈川県・小田原市
農林水産省・関東農政局
平成30年11月1日
平成30年11月1日
内水面漁業調査 内水面漁業経営体調査
内水面漁業地域調査
農林水産省・関東農政局 平成30年11月1日
流通加工調査 魚市場調査
冷凍・冷蔵、水産加工場調査
農林水産省・関東農政局 平成31年1月1日

調査の対象

調査基準日である平成30年11月1日前1年間に利潤又は生活の資を得るために、生産物を販売することを目的として自家漁業を営んだ世帯又は事業所について、個人の漁業経営体(個人経営体)及び個人経営体以外の漁業経営体(団体経営体)を対象に行います。

調査の方法

1 調査書類の配布(10月中旬から下旬)
前回調査(2013年漁業センサス)の結果を基に整備した名簿に記載のある調査対象者へ、調査員が調査書類の配布を行います。
回答は、調査員が配布する書類の中にあるログイン情報(IDとパスワード)を用いて行う「オンライン回答」と「紙の調査票での回答」のどちらかで行います。
※調査員は神奈川県知事より任命を受けた地方公務員です。神奈川県より交付された統計調査員証を携帯しています。

2 調査書類の回収(11月上旬)
紙の調査票で回答する場合には、調査員が調査票の回収に伺います。
※オンラインの回答期限は、10月24日(水)までとなります。

調査結果の集計・公表

1 集計
農林水産省統計部において、各調査の集計を行い、集計結果を都道府県及び地方農政局等へ還元します。

2 公表
農林水産省統計部において、調査の全国結果の概要を平成31年8月31日までに公表し、その詳細については逐次、インターネット等により公表します。

リーフレット「2018年漁業センサス」  PDF形式 :1.6MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


最終更新日:2018年10月02日


この情報に関するお問い合わせ先

総務部:総務課 情報統計係

電話番号:0465-33-1288


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.