2019年全国家計構造調査にご協力ください

調査の概要

 総務省は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とした「2019年全国家計構造調査」を実施します。調査対象は、全国から無作為に選定した約90,000世帯、本市では216世帯です。 

 調査準備のため、神奈川県知事より任命された調査員が、8月から9月にかけて、調査地域の全世帯を訪問して、世帯主の方の氏名などをおたずねして名簿を作成します。また、9月から12月にかけて、調査の依頼や調査票の配布のために、名簿から選定した世帯にお伺いいたしますので、ご協力をお願いします。

調査の根拠法令

 2019年全国家計構造調査は、統計法(平成19年法律第53号)による基幹統計の作成を目的として実施される統計調査です。

調査事項

「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の3種類の調査票により、日々の家計の収入と支出、年間収入、預貯金などの金融資産、借入金、世帯構成、世帯員の就業・就学状況、現住居の状況(床面積、建築時期など)、現住居以外の住宅・宅地の保有状況を調査します。
3種類すべての調査票に回答をお願いする「基本調査」と「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の調査票に回答をお願いする「簡易調査」で調査します。
調査票の種類
基本調査
簡易調査
「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」、「世帯票」
「年収・貯蓄等調査票」、「世帯票」
  1. 家計簿
    日々の収入、支出などについて、10月から11月の2か月間記入します。
  2. 年収・貯蓄等調査票
    年間収入や預貯金などの金融資産の残高などについて記入します。
  3. 世帯票
    世帯の構成や保有する住宅や土地などについて記入します。

調査の対象

 総務省が指定した18調査区にお住まいの世帯のうち、216世帯(基本調査108世帯、簡易調査108世帯)が調査の対象になります。1調査区当たり12世帯を選定し、12世帯のうち二人以上の世帯10世帯、単身世帯2世帯に調査のお願いをいたします。

調査日程

 調査対象に選定された世帯へ、調査の種類ごとに次の日程で調査員がお伺いいたします。
基本調査
調査票の種類 調査票の配布 調査票の回収
世帯票 9月上旬~下旬 10月上旬
家計簿 9月、10月上旬~下旬 11月、12月上旬
年収・貯蓄等調査票 11月上旬 11月下旬
簡易調査
調査票の種類 調査票の配布 調査票の回収
世帯票及び年収・貯蓄等調査票 10月中旬~11月上旬 11月中旬~下旬

回答方法

 調査票の提出は、次のいずれかの方法を世帯が選択することができます。

  1. インターネット回答
  2. 調査員に提出
  3. 郵送により提出(※「簡易調査」のみ)

最終更新日:2019年07月31日


この情報に関するお問い合わせ先

総務部:総務課 情報統計係

電話番号:0465-33-1288


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.