平成29年度 小田原市立 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1565 367 273 372 653 799 1355 2264 1736 373
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを年齢別に集計し表示しています。
≪解説≫
当院は県西地域の基幹病院として急性期医療や救急医療において中核的な役割を担い幅広い年齢層の患者さんを診療しております。県内二次医療圏においての高齢化の進んだ地域であり、60歳以上の方が入院患者さんの約60%を占めています。また、地域周産期母子医療センターの認定施設である当院では0~9歳の幼児・乳幼児も多く、入院患者さんの16%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 31 13.81 14.27 0 64.45
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 15.87 - -
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 13.34 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.57 - -
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.63 - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
生活習慣病の乱れおよび遺伝が原因で発症し、有病率が10人に1人と言われている2型糖尿病治療が主となっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 24 35.75 36.38 8.33 66.25
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 9.38 12.23 4.17 75.54
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 7.78 8.50 5.56 72.67
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 16 25.94 14.55 12.50 75.06
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2 なし 14 20.36 12.41 7.14 73.29
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者を診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
慢性腎臓病ステージ3以上の患者さんは、20歳以上の日本人においては約1,926万人いるものと推定されています。ステージ4~5血液透析導入へ至る維持透析期の治療を中心に行われ、シャント設置術を施行している患者さんが多くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 58 5.26 3.59 0 71.28
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 34 18.53 19.65 0 73.35
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 20.86 14.6 17.86 76.57
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 8 6.32 0 31.26
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 13 13.54 11.99 0 64.92
定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
厚生労働省が3年に1度行っている国民生活基礎調査において、肺がん検診受診率は、2010年は24.7%、2016年46.4%と向上しており、2次検診受診も向上しています。当院でも、入院で行う気管支鏡検査の件数が増加しています。間質性肺炎は、10万人あたり10~20人程度と言われていますが、初期の段階では無症状です。肺がん検診の受診率向上により、発見され、治療されるケースも増えています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 69 10.29 10.61 0 77.45
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 38 10.82 8.73 0 76.29
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 10.86 10.71 4.55 72.64
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 9 7.39 10.53 70.84
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 6.5 13.04 0 68.22
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
外科では手術適応となる胆のう結石症が多く、消化器内科では内視鏡的治療を中心としているため、胆道結石症が多くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 166 5.61 5.91 0 71.4
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 78 23.81 17.71 10.26 82.32
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 15.85 11.21 6.78 78.66
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 47 6.94 5.3 0 64.04
050050xx02030x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 38 6.42 10.41 2.63 70.89
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
狭心症などの虚血性心疾患が多く、ステント留置術など内科的カテーテル治療を中心に行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 204 5.98 6.32 0 4.17
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 149 5.74 6.18 1.34 0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 142 5.24 5.94 0 2.02
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 86 3.02 5.5 0 3.17
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 81 8.14 11.49 0 0
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
年齢が低いほどコントロールが難しいとされている喘息患者さんが多くなっています。地域周産期母子医療センターとして認定されており、早産児の出産にも対応でき、新生児特定集中治療室(NICU)を併設しているため、低出生体重児に関連する疾患が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 15.57 15.61 0 72.97
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 34 6.15 6.64 0 57.82
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 34 3.12 4.47 0 62.85
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 32 5.72 5.56 0 29.34
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 7.42 8.98 3.23 68.94
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
結腸癌の症例が多く、がんの進行度に応じた過不足ない手術療法を行い、抗がん剤治療も含めた手術後のケアを行っており、がん治療における集学的治療を積極的に行っています。また、胆のう結石症も多く、手術件数も多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 161 28.09 27.09 60.87 81.49
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 43 4.67 5.21 0 44.91
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 39 8.15 11.41 0 30.62
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 32 5.09 5.16 3.13 32.19
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病 なし 30 3.9 5.54 0 47.9
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
整形外科・外傷センターとして、救急科と連携し、各部位、特に前腕など上肢の骨折など、外傷の患者さんが多くなっています。特に股関節大腿近位骨折が多く(県西部の40%)、平均年齢も高くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 21 4.81 5.8 0 55.71
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 15 2.2 3.29 0 73.4
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 13 3.46 4.14 0 26.77
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 5.6 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 8.5 - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
骨軟部腫瘍は、主に骨や筋肉・脂肪などにできる腫瘍であり、足の先から頭まであらゆる部位に発生します。当院の平均年齢は、55.71歳ですが、4歳から85歳と幅広い年齢層に発生しており、手術による治療を行っています。また、加齢に伴いまぶたが下がり視界が制限される等、日常生活に影響を及ぼす、眼瞼下垂患者さんも多く、手術による治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 36 13.61 16.38 36.11 69.47
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 17.83 19.1 44.83 65.28
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 12.79 11.75 4.17 76.92
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 10.76 7.34 9.52 59.86
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 19 4.84 3.14 5.26 65.37
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
脳血管疾患が多く、高齢者の多い地域特有といえます。昨年度と比較し、平均年齢が7歳近く下がっており、低年齢化していることが窺えます。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 26 6.54 12.35 0 67.73
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 9.11 9.14 0 45.83
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 18 2.67 3.59 0 71.22
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 8.09 10.04 0 26.55
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 14.6 - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
呼吸器内科・呼吸器外科ともに肺癌が多くみられます。呼吸器外科では、手術療法を主とした肺がんの治療を行っています。10~30代のやせ形の男性に好発すると言われている気胸の患者さんも多く、当院では、60歳以上の方が半数を占めています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 10 30.3 23.93 0 70.5
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 8 25.13 23.29 0 66.38
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 2 27.5 28.11 0 74.5
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 1 6 8.09 0 80.0
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 1 15 5.56 0 76.0
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
当院では、循環器内科と心臓血管外科による循環器センターが併設されており、心臓血管外科においては、人工心肺を用いないオフポンプ冠動脈パイパス術を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 16 7.94 8.95 0 65.56
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 11 7.36 8.5 0 80.45
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.14 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 14.71 - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
水ぼうそうと同じウイルスで起こる帯状疱疹は、通院治療が主となりますが、重症化した患者さんは入院治療を行っています。近年、皮膚がんの患者さんが増加しており、手術療法を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 86 10.34 7.31 2.33 75.14
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 13 12.62 9.73 0 72.62
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 10 5.4 7.2 0 80.9
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.34 - -
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 11.29 - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
泌尿器系のがんで一番多いのは前立腺癌ですが、通院治療が主となるため、入院治療では膀胱癌の患者さんが多くなっています。尿路系結石の患者さんも多く、体外衝撃波による結石破砕術を行ってます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 94 5.33 6.28 0 47.14
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 93 5.03 6.37 1.08 45.03
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 38 9.5 12.94 0 56.71
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 33 12.15 2.41 0 31.36
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 30 6.27 9.27 0 71.93
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
30歳以上の女性の4人に1人が罹患していると言われる子宮筋腫や、卵巣嚢腫などの良性腫瘍の治療が多くなっています。悪性腫瘍の手術療法や化学療法も多く行われています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.59 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 6.63 - -
020180xx97x2x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 2あり 片眼 - - 12.52 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
老人性白内障の入院の取扱いは、短期滞在手術3(DPC外)に該当するため、入院件数に反映されていません。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 74 7.66 8.01 0 15.2
030428xxxxxxxx 突発性難聴 72 8.92 9.18 1.39 58.88
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 62 5.27 5.48 1.61 38.81
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 49 8.1 7.23 0 54.51
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 40 5.18 5.15 0 62.55
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
扁桃の疾患が多く、ほとんどの患者さんで、口蓋扁桃摘出術が行なわれています。突発性難聴は近年増加しており、適切な早期治療と安静が必要なため入院患者が多くなっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 82 2.59 6.28 3.66 73.23
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 5.09 7.34 7.35 57.12
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 3.23 3.58 9.84 44.46
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 12.94 20.83 8 80.42
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 35 8.26 12.34 17.14 77.43
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に「病名と治療行為の組み合わせ」で集計し上位5つを表示しています。(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)
≪解説≫
救命救急センターが開設され、各診療科専門医と連携して行っています。
心肺停止や急性心筋梗塞・急性脳卒中などの救急疾患の対応、多発外傷や急性薬物中毒などの特殊な疾患の入院治療を中心に行っています。
高齢者地域特有の一過性脳虚血発作や誤嚥性肺炎の患者さんが多く、また薬物中毒の患者さんも上位に入っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 57 12 11 29 - 24 1 7
大腸癌 28 30 31 18 - 115 1 7
乳癌 27 20 - - - 17 1 7
肺癌 30 - 11 36 - 55 1 7
肝癌 - - 12 - - 53 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)について、初発患者さんは病期分類別(ステージ別)、再発患者さんは期間内の患者数(延患者数)を集計しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
最新の2016年院内がん登録集計において、大腸癌、胃癌、肺癌、乳癌の罹患率は47%を占めており、当院でも大腸癌、胃癌、肺癌の罹患が多くなっています。どのがんにおいても、Stageや患者さんのADLを考慮し、適正な集学的治療を行っています。腹腔鏡手術を積極的に行い、QOLの向上につながっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 8 9.38 56.75
中等症 124 16.22 75.69
重症 68 20.07 84.16
超重症 22 29.82 84.5
不明 - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院へ入院された成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて、重症度別に集計し表示しています。(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。)
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
免疫力の低下している高齢者は重症化になりやすく、在院日数も延びています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 122 26.2 74.09 35.97
その他 17 32.76 63.82 5.04
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを脳梗塞の集計し表示しています。
≪解説≫
高齢者における脳梗塞の多くが、発症から3日以内に治療が開始され、入院期間は短くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K4641 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術(副甲状腺(上皮小体)摘出術) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 60 8.07 15.13 6.67 70.52
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K830 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
血液透析導入のための、シャント設置術を施行している患者さんが多くなっています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 39 1.51 2.92 0 72.15
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 38 1.18 9.05 0 76.29
K654 内視鏡的消化管止血術 36 2.06 9.14 5.56 73.92
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 32 4.78 10.09 0 74.88
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 等 28 3.68 7.75 0 76.14
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
≪解説≫
開腹手術と比較し、低侵襲な内視鏡治療の件数が多くなっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 55 1.95 3.62 1.82 70.25
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 40 7.28 10.83 10 79.68
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 38 0 23.11 2.63 70.63
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 32 1.69 4.47 0 65.91
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 23 0.22 13.83 0 71
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
≪解説≫
狭心症などの虚血性心疾患が多く、冠動脈ステント留置術など内科的カテーテル治療を中心に行っています。不整脈の患者さんが増加しており、ペースメーカー移植術の件数も増加しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 22 2.68 4.27 0 1.45
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
K0601 関節切開術(股) - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
気管支炎や中耳炎など炎症性疾患の患者さんに対し、鼓膜切開術が多く行われています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 67 1.58 4.13 0 59.55
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 54 1.61 2.81 0 67.5
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 35 2.74 13.17 0 71.49
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.94 2.44 0 66.44
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 31 0.19 4.42 0 29.32
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
≪解説≫
入院件数では、化学療法の患者さんも含まれるため結腸癌が多くなっていますが、手術件数では胆のう結石症の治療である胆のう摘出術が多くなっています。
腹腔鏡手術を積極的に行い、QOLの向上につながっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 119 4.09 21.39 50.42 79.12
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 78 4.19 16.15 6.41 56.99
K0811 人工骨頭挿入術(股) 66 5.74 22.18 62.12 80.58
K0821 人工関節置換術(股) 等 64 2.14 23.98 1.56 71.36
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 等 34 1.29 2.5 0 46.18
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
≪解説≫
入院疾患では骨折が多く、疾患と手術件数は比例しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 17 1 2.71 0 52.88
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 15 0.2 1 0 73.4
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
入院疾患同様に軟部腫瘍摘出術や眼瞼下垂の手術が多くなっており、疾患と手術件数は比例しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 3.06 11.09 6.06 75.09
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 20 3.65 30.15 40 65
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 16 8.31 27.94 12.5 66
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 12 33.75 50.75 50 82.08
K6101 動脈吻合術(頭蓋内動脈) 等 - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
慢性硬膜下血腫の治療では内服薬治療も進んでいますが、手術を行う患者さんも多くなっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 16 1.19 3.75 0 67.38
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 12 6.08 2.83 0 30.42
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -
K513-3 胸腔鏡下良性胸壁腫瘍手術 - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
入院疾患では肺癌や気胸が多く、疾患と手術件数は比例しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 11 6.09 17 0 68.45
K5551 弁置換術(1弁のもの) 6 6.17 19.67 0 71.17
K5552 弁置換術(2弁のもの) 4 9.5 25 0 69.5
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 1 0 14 0 76
K6082 動脈塞栓除去術(その他のもの(観血的なもの)) 1 20 1 0 76.0
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
≪解説≫
入院疾患では弁膜症患者が多く、次いで狭心症の患者さんも多くなっています。狭心症患者さんに対し行われたバイパス術は、疾患と手術件数は比例しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 0.83 5.56 0 76.22
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) - - - - -
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) 等 - - - - -
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) - - - - -
K0022 デブリードマン(100以上3,000未満) - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
皮膚腫瘍摘出術は外来治療が多く、腫瘍の範囲が広い場合、入院治療を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 87 1.34 8.08 2.3 75.29
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 49 0.27 1.06 0 52.73
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 0.92 12.4 0 73.12
K8412 経尿道的前立腺手術(その他のもの) 13 1.69 9.92 0 72.62
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
入院疾患では膀胱癌や腎・尿路結石が多く、疾患と手術件数は比例しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 98 0.97 3.16 1.02 44.69
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 95 0.99 3.56 0 51.27
K867 子宮頸部(腟部)切除術 72 1.03 0.69 0 42.88
K861 子宮内膜掻爬術 27 1 0.04 0 53.56
K879 子宮悪性腫瘍手術 27 1.04 8.59 0 56.63
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
≪解説≫
入院疾患では、子宮筋腫や卵巣嚢腫が多く、疾患と手術件数は比例しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 365 1.02 1 0 76.33
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) - - - - -
- - - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
≪解説≫
老人性白内障に対する水晶体再建術が一番多く、入院の取扱いは短期滞在手術3(DPC外)に該当するため、入院件数に反映されていません。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 70 0.99 6.5 0 19.41
K331 鼻腔粘膜焼灼術 34 0.09 2.94 0 69.76
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 32 1 2.53 0 70.69
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 28 1.32 5.96 0 56.32
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 27 0.22 4.04 0 35.44
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
≪解説≫
入院疾患では扁桃線疾患が多く、疾患と手術件数は比例しています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
≪定義≫
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんを診療科毎に手術種類別に集計し上位5つを表示しています。
※年間症例数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 6 0.06
異なる - -
180010 敗血症 同一 22 0.23
異なる 7 0.07
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 52 0.52
異なる 2 0.02
≪定義≫ 
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの期間に当院を退院された患者さんのうち、播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について集計しています。
「入院契機(同一、異なる)」 … 入院するきっかけとなった傷病名を「入院の契機となった傷病名」、主に治療した傷病名を「医療資源を最も投入した傷病名」 といい、これら二つの傷病名が「同一」か「異なる」かに分けて集計しています。
「同一」ならば、入院するきっかけとなった傷病を主に治療して退院したことになり、「異なる」ならば、入院後に他の傷病が治療の主となったことになります。
「発生率」 … 全退院患者に対しての発生割合です(各傷病名の件数に対する割合ではありません)。
≪解説≫  
当院では、手術・処置等の合併症の発生率は0.51%ですが、多くはそれが入院契機の傷病名となっており、「透析シャント狭窄、透析シャント閉塞など」が多くなっています。
更新履歴
2018/09/18
初版