小田原市

小田原市生涯学習センターけやき

生涯学習センターけやき耐震改修工事について

基本理念

生涯学習センターは、まち全体をキャンパスとした市民の学習を総合的に支援するとともに、学習を通じた市民相互の交流を深め、地域社会を支える小田原の人づくりを推進します。

主な事業

キャンパスおだわら事業

だれもが気軽に生涯学習に取り組む機会や市民にとって分かりやすい講座体系を提供するとともに、今後のまちづくりの担い手としての市民力を育成するため、「新しい公共」の創設ともいえる市民が主体となる運営母体として、だれもが、いつでも、どこでも、なんでも学べる場「キャンパスおだわら」を開設しました。

市民主体で運営することで、より市民ニーズにあった学習講座の提供を可能とするとともに、学習情報の提供や学習相談支援、人材バンクの登録など一体的な運営により、さらなる生涯学習の推進を実現し、学んだ成果を活かす機会を提供することに繋げていきます。

この「キャンパスおだわら」は、NPO法人小田原市生涯学習推進員の会にお任せして事業展開をしています。

学習講座事業

市民の皆さんが企画する市民講座をはじめ、企業主催の企業講座、教育機関主催の教育機関講座、そして市主催の行政講座など、“まちじゅうキャンパス”の実現を目指し、だれもが、いつでも、どこでも、なんでも学べる機会を提供します。

学習情報提供

 学習希望者が一度により多くの情報を手に入れ選択することができるよう、情報誌(「キャンパスおだわら情報誌」「自分時間手帖」)とインターネット情報を活用して、一元的な学習情報を提供します。

学習相談

様々な学習情報を集約・活用し、市民の皆さんの自主的な学習を支援するため、学習相談を行います。

地区公民館育成事業

市内の自治会等が管理している地区公民館(131館)の館長等役員の研修・育成を推進するとともに、施設改修等を支援します。

センター施設の提供・管理運営事業

学びの場として学習活動に必要な機能や施設・設備を提供するとともに、集会・交流の場としての施設の管理運営を推進します。

使用にあたっての注意事項

  • 営利目的のための集会等には使用できません。(物品の展示販売・勧誘、日常的な塾活動など)
  • 政治活動や宗教活動には使用できません。(後援会活動、主義・主張を訴える、選挙での支持を呼びかける、特定宗教の活動など)
  • 要求大会、決起大会、争議行為などには使用できません。(労働団体、各種団体など)
  • 許可を受けた目的以外に使用し、又は使用の権利を譲渡・転貸したりすることはできません。
  • 館内での物品の販売は原則的に禁止です。講演会等で必要な資料などが有料の場合は、事前に相談ください。

以上のほか、使用について生涯学習センターの目的に反し、又は管理運営上支障があると認めたときは、使用をお断りすることがあります。

生涯学習センター施設の名称、所在地及び電話

施設名 所在地 電話
生涯学習センターけやき 荻窪300 0465-35-5300
生涯学習センター国府津学習館 国府津2485-1 0465-48-2035
豊川分館 成田477-1 0465-36-5222
上府中分館 千代813 0465-42-1628
曽我分館 下大井75-1 0465-42-1636
片浦分館 根府川77-1 0465-29-0121
大窪分館 板橋179-5 0465-22-6417
橘分館 平成25年9月17日閉館

生涯学習センターけやき

施設のご案内

 

室名
(定員)

説    明

 

2階

事務室  センターの使用申込みの受付を行っています。また、学習情報提供、学習相談支援窓口を設置しています。
学習相談窓口  学習活動の相談等を行っています。お気軽にどうぞ。
ホール・舞台
(504)
音響・舞台・照明設備の整った504名収容のホールです。多目的に利用できるよう移動椅子になっており、音楽会や講演会等のほかに展覧会やダンス等にも使用できます。
大会議室
(129)
学習活動、講座、会議のほか、社交ダンスや展覧会場としても利用できます。また、暗幕、スクリーンの用意もありますので、視聴覚器材の利用も可能です。拡声装置、暗幕、スクリーンなどの設備もご利用になれます。
第1会議室
(20)
円形(組み)テーブルの会議室です。各種の役員会や小グループの会合等に適しています。
託児室
(20)
お子さんのいらっしゃる方が安心して学習できるよう子どもの託児を行う部屋です。

3階

図書室

図書、雑誌、新聞、紙芝居等が備えられ、どなたでも自由に手にとって閲覧できるようになっています。

市内に在住・在勤・在学の方、南足柄市、足柄上郡の各町、足柄下郡の各町、及び中郡二宮町に在住の方には、貸し出しも行っています。(図書館共通カードでは、バーコード化された図書、雑誌を10冊2週間まで。けやき図書室の貸出券では、バーコード化されていない図書、雑誌、紙芝居を3冊2週間まで。)市内の図書館、図書室所蔵の資料の取り寄せもできます。

また、児童向けのビデオ鑑賞コーナーを設置しているほか、ボランティアグループによる絵本の読み聞かせを行ってます。(毎月第2、第4土曜日の午後2時から)。

利用時間:午前9時から午後5時まで(貸出は午後4時50分まで)

視聴覚室
(70)
16ミリ及びスライド映写機、OHP・VTR等視聴覚学習機を備えており、これらを使った学習活動や講座を行うのに適しています。また、防音施工になっており、ピアノ、電子オルガンが備えられ音楽練習もできるほか,ジャズダンスや太極拳の練習等多目的に使用できます。
和室(85)
茶室(15)
襖で2つの部屋に仕切られています。邦舞や着付、囲碁、将棋、茶道、華道等の実習に使用します。茶室は炉、水屋を備えています。
4階 第2会議室
(70)

教室式に机・椅子が配置され、学習活動や講座等に適しています。またピアノが備え付けられ、軽音楽の練習も可能です。拡声装置、ピアノなどの設備もご利用になれます。

第3・4会議室
(各36)
教室式に机・椅子が配置された小会議室です。学習活動や講座、会議等に利用できます。
美術工芸室
(42)
絵画・彫塑・木工・陶芸・染色等の創作実習を行う部屋です。陶芸用の電気炉を備えた炉室を併設しています。
調理実習室
(42)
各種調理器具が備えられた調理実習専用の部屋です。

開館時間

午前9時00分~午後9時30分

休館日

毎月第4月曜日、年始年末(12月28日〜1月3日)

申込方法

 使用者の区分

 受付開始日  

センター本館

ホール                     

 その他の施設

 国及び地方公共団体  使用しようとする日の12か月前の日  使用しようとする日が1月、3月、5月、7月、9月又は11月に属する場合にあっては使用しようとする日の属する月の4か月前の月の初日、使用しようとする日が2月、4月、6月、8月、10月又は12月に属する場合にあっては使用しようとする日の属する月の5か月前の月の初日
 団体(構成員が5人以上であるものに限る。)
 個人(構成員が4人以下である団体を含む。)  使用しようとする日の1か月前の日 

受付開始日

  • センターけやきホールと同時に他のセンターけやき施設を使用する場合の当該施設の受付開始日は、センターけやきホールの受付開始日とします。
  • ホールを使用する場合、国及び地方公共団体と団体との申込みが重複したときは、国及び地方公共団体の申込みを優先します。

インターネットによる申込み

インターネットによる申込みには、公共施設予約システム利用者登録が必要です。

詳細は職員にお問合せください。なお、利用者ID・パスワードの発行については、団体(構成員が5人以上であるものに限る)に限定しております。

窓口等での申込み

利用者ID・パスワードをお持ちでない方及び個人については、直接来館して、申請書に必要事項を記入して申込んで下さい。

  1. 受付時間は、開館日の午前9時から午後5時までとなります。
  2. 電話による申込みについては仮予約となりますので、電話申込み後、速やかに窓口において、所定の手続をお願いいたします。

その他

  1. インターネットから、生涯学習センターけやきの会議室の空き状況が照会できます。
  2. 使用にあたっての注意事項は、生涯学習センターのページをご覧下さい。

施設使用料のご案内

 

室  名

使 用 料 (円)

午前

(9時00分~12時00分)

午後

(1時00分~5時00分)

夜間

(6時00分~9時30分)

2階

第1会議室

400

500

500

大会議室

1,200

1,500

1,500

ホール

4,000

5,500

5,500

舞台

2,500

3,000

3,000

楽屋

200

300

300

3階

視聴覚室

900

1,200

1,200

暗室

100

100

100

和室

900

1,200

1,200

茶室

300

400

400

4階

第2会議室

800

1,000

1,000

第3会議室

400

500

500

第4会議室

400

500

500

美術工芸室

900

1,200

1,200

炉室

100

100

100

調理実習室

800

1,000

1,000

ホール、舞台の使用に際して、入場料などを徴収する催し(営利を目的としないもの)を行う場合は施設利用料が2倍になります。

器具使用料のご案内

 

設備名

単位

時間区分

使用料(円)

舞台照明設備 Aセット(反響板使用の音楽会等用)

1セット

午前・午後・夜間

各1回

2,000

Bセット(講演、式典、映画会等用)

4,000

Cセット(カラー照明を使用する歌謡、演劇等用)

8,000

ホール

舞台用設備

反響板

1式

3,000

所作台

5,000

能舞台用セット

5,000

金屏風

1,000

グランドピアノ

1台

2,000

拡声装置(マイクロフォン付)

1式

3,000

ワイヤレスマイクロフォン

1本

1,000

CDプレーヤー

1台

500

テープレコーダー

500

16ミリ映写機

1,500

スライド映写機

800

コンセント

1口

200

展示用照明設備

1式

1日

2,000

上記以外の施設用設備

            
大会議室用展示用照明設備

1式

1日

300

大会議室用拡声装置  

午前・午後・夜間

各1回

500

ワイヤレスマイクロフォン

1本

650

ピアノ

1台

500

電子オルガン

300

カラオケセット

1式

500

テレビ・ビデオセット

500

16ミリ映写機

1台

500

オーバーヘッドプロジェクター(OHP)

300

ガステーブル

200

コンセント

1口

100

七宝電気炉

1台

200

電気炉(陶芸用)

 1時間

400

ホール使用の場合、催し物によっては追加オペレーターが必要な場合があります。この費用については、主催者の負担となります。 

アクセスマップ

>> 大きい地図を表示
 からの 

小田原駅西口から徒歩約15分

小田急線足柄駅から徒歩約15分

大雄山線井細田駅から徒歩約15分

 

駐車場有

最終更新日:2015年12月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.