小田原市

The Camphor Tree News ― Mis.Dasiy's Report ― (くすのき通信―デイジーさんのレポート―)

Mis.Dasiy is a high school student who came from Manly City in Australia.
She came to the Odawara City Museum as the one day superintendent.
This report is Mis.Daisy's report of the Matsunaga Memorial Hall.
The photograph is what Mis.Daisy took.

(日本語訳)
デイジーさんはオーストラリアのマンリー市からやってきた高校生です。
デイジーさんは(ときめき国際学校の)1日所属長として小田原市郷土文化館にお見えになりました。
このレポートは、デイジーさんの松永記念館に関するレポートです。
写真もデイジーさんが撮影したものです。



The garden of the Matsunaga Memorial Hall was assembled in the style called the round walk system.
The pond in the centre is full of lotus - a very popular Japanese flower which would immediately catch your attention.
The surrounding trees are of different sorts, shapes and characteristics.
Walking along the path makes you feel at home and forget about the summer discomfort temporarily.


(日本語訳)
松永記念館の庭園は、いわゆる回遊できる形で造られています。
庭園の中心には池があり、池一面をおおうスイレンの花が、まず訪れる人の目をひきます。
周囲の樹木は多くの種類があり、その形や特徴もまた多彩です。
小径に沿って歩けば、穏やかで幸せな気分になり、しばし不快な夏の暑さを忘れることができます。

 

 

The garden of the Matsunaga Memorial Hall

 

 

The memorial is filled with sacred plants and artificial attractions which would help you to understand the enormous efforts the previous residents devoted to their interest in art and architecture.
Hoping to become an architect myself, the special cultural decorations and constructions boosted my expectations of what simple materials like wood and stone could bring.

(日本語訳)
記念館は、自然界の聖なる植物や、人の手による趣きのある造作物で満ち溢れています。それらから、かつてここに住んでいた人々の、芸術や建築にささげた並々ならない献身的な努力と造形の深さを、訪れた人々は知ることができます。
この記念館のいかにも趣味豊かな装飾や、作品の多くが、木や石からだからこそ作り出されうる作品なのだと思うと、建築家を志す私も、こうしたわかりやすい素材を使って、将来良い建築物を造ろうという夢がふくらみます。

 

 

 A artificial attractions(The stony tower of nine piles) 

 

 

This is one of the so-called Tatemono used for tea ceremonies.
In the middle of various trees and flowers, the building reminded me of extraordinary houses only seen in paintings and fictions.
The house was constructed with various types of timber.
The ceiling was especially made low for a sense of humility.
Everyone, no matter rich or poor is equal in this space and enjoy the same atmosphere of peace and ease which can only be found no where else.


(日本語訳)
これはお茶席のために使われる『たてもの(建物)』と呼ばれるものの一つです。数々の樹木や草花の中にあるこの建物は、絵画や書物でしか見ることのできない、いかにも特別な家屋を想い起こさせます。
いろいろな形の木材を組み合わせてできており、特に天井は低く造られていて、身を低くしてこその『謙譲の美徳』を表しています。
富める人も貧しい人も、ひとたびこの建物の中に入れば、皆平等で、他の場所では決して味わうことのできない、安らいだ穏やかな雰囲気を、ここでは誰もが一緒に等しく楽しむことができます。

 

 

   The tea-ceremony room 'Youan   

最終更新日:2011年03月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課

電話番号:0465-33-1721


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.