小田原市

井細田足下地蔵の縁日(平成29年8月24日)

井細田(扇町)に、足下地蔵(あしさげじぞう)と呼ばれる地蔵尊が祀られています。
「足下」と呼ばれる由来は、片足を下げている像(半跏像)だからとされています。
像に書かれた記録によれば、慶安2年(1649年)に鎌倉仏師により造られた地蔵菩薩で、胎内に半跏像の本尊が安置されています。
この地蔵像について言い伝えが2つ残されています。
ひとつは、時の城主、稲葉正則が本尊の霊験あらたかなことを知り、現在見られる地蔵像を造らせたと伝えています。
もうひとつは「はなどり地蔵」という全国的にある昔話です。
「はなどり地蔵」とは、農作業が忙しいときに見知らぬ小僧が馬(関西は牛)の鼻をとって(鼻につけたひもをひき)手伝ってくれたが、後日地蔵像の足に泥がついており、お地蔵様が手伝ってくれたことに気付くという話です。

足下地蔵の縁日は毎年、1月24日、8月24日の午後4時から午後8時までです。
次の縁日には、散歩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
縁日の準備中

縁日の準備中

足下地蔵像

足下地蔵像


最終更新日:2017年09月14日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 郷土文化館係

電話番号:0465-23-1377


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.